キノの旅 (6) The Beautiful World (電撃文庫)

  • 3607人登録
  • 3.54評価
    • (332)
    • (277)
    • (1075)
    • (14)
    • (4)
  • 135レビュー
著者 : 時雨沢恵一
制作 : 黒星 紅白 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2002年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840221559

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

キノの旅 (6) The Beautiful World (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「彼女の旅」と「忘れない国」と「安全な国」の安全への思い込みに対する皮肉っぷりが印象的でした。安全ってなんだろう。危険とは誰が決めるのか。そして、「祝福のつもり」でのラファの覚悟が切なく、ラストの穏やかな笑顔がとても悲しい。「誓えないと誓います 誓わないと誓えます 誓えないと誓えます」

  • 「彼女の旅」が好きで購入。

    ライトノベルなので活字好きには物足りない?
    いえいえ物語の一つ一つを通して、考えさせられる事があるはずです。

  •   いつもにも増して淡々と物語が語られていた気がします。
    「安全な国」などは苦笑いしながら読んでいました。まさに「青少年有害環境対策基本法」そのものじゃないですか。危険なもの全てをなくせばいいんじゃなく、危険なものにも対応対処できる人間を育てることの方が大切ですよね。とても簡単なことなのに。

      「祝福のつもり」が一番好き。すごくいい話。悲しい話ではあるけど、優しい哀しさ。今までの話の中でも特に好きかもしれない。ベタベタな優しさじゃなくて、心に染みるような優しい話。情景もすごく綺麗。

      最後のあとがき、相変わらずやってくれるなという感じ。ちょっと挑戦しようと思ったんだけど、生易しいことじゃなくて断念。ウェブを見て周っていたら、ちゃんと回答している人がいて敬服。すごいなぁ。キーワードが素晴らしいこともあって、どれも面白かったです。次巻も楽しみ。

  • 短編「旅の途中」の細やかな野営描写が好きです。

  •  著者が、ガンジーのような独立運動手法をどう切り取るか。時に有効な方法を単に切って捨てるだけか、それとも……。
     そういう題材から色々見えてきそうな気にさせられた、もっと有体に言えば、著者の底というか、限界が垣間見えた第6巻である。

  • 道中でたまにキノと再会する旅人みたいな立ち位置で出演したい

  • 入れない国。
    中立な話。
    戦車の話。
    彼女の旅。
    彼女の旅。
    花火の国。
    長のいる国。
    忘れない国。
    安全な国。
    旅の途中。
    祝福のつもり。

    入れない国…どこの子供だ!w と突っ込んでみたり。
    中立な話は、ものすごく全員の性格が表れてます。
    戦車は…残念ながら、いつまでも見つからないかと。
    先にある彼女の旅は、双方の願いはかなった状態?
    後にある彼女の旅は、彼がいなければ終了するもの。
    花火の国は、それでその材料はどこから? と
    聞きたいものがあります。
    多分、そこは知らない方がいいのでしょう。

    長のいる国に登場したのは、師匠。
    後で運転手となった人は、ちょこちょこ出ている人?
    忘れない国は、国としてどうでしょう?
    忘れる忘れない以前に、対策を建てるという提案は
    どこからもなかったのでしょうか??
    安全な国は、安全といえば安全。
    しかしこれ、最後の門番が外では正しい事です。
    中で生きていくなら、完全に間違ってますが。

    旅の途中で出会った…というか見られていた?
    蒼い人達はなんだったのでしょう?
    ホラーな感じ?
    それともファンタジー?
    どっちを取るかによりますね…。

    そして、祝福のつもり。
    これはあそこの前か! と納得。
    それは確かに、命もお金も、になります。

  • 【資料ID】155622
    【分類】913.6/Sh29/6
    文学のコーナーに並んでいます。

  • 終わりよければ全てよし

  • 読む順番を間違えて5巻の前に読んだけど特に問題なかった(苦笑)人の生き死にを含めて淡々といろいろな国での旅が進んでいく中で、「旅の途中」の、他とはちょっと毛色の異なる雰囲気が印象的。

  • 図書館で借りた本。
    「彼女の旅」出国手続きを待つキノが、同じく出国の手続きをする男に聞いた話。ある女性の大事な人を事故で殺してしまった男は、女性に許されるために、一緒にこの国を出るという。
    「彼女の旅」もう一つ。旅をしながら暴力をなくすよう訴えている女性と、そのボディーガードの話。
    「安全な国」危ないものは何でも間でも禁止されている国の話。
    「祝福のつもり」ひどい差別のある国で、底辺の少女がシズに自分を買ってくれとせがむ。
    他、短編。

  • 何故、3の次に6なんだ?

    この感想を読まれている方は思うかもしれない。
    確かに。

    俺も疑問だもん。
    つか、4と6を間違えただけなのだ……。
    まあ、よくある話。

    だから、いきなり、よく判らないキャラクターが出てきても仕方がない。ただ、キノの旅の良いところは、どこから読んでも困らないと言うことだ。

    良かった良かった。

  • 「入れない国」
    「中立な国」
    「戦車の話」
    「彼女の旅」
    「彼女の旅」
    「花火の国」
    「長のいる国」
    「忘れない国」
    「安全な国」
    「旅の途中」
    「祝福のつもり」

    「祝福のつもり」が一番胸に来た。
    シズが何を祝福されてどう影響を受けたのか、それとも何も心に響いてないのかなとも思える。
    一番重要な事は描写しないで終える作者のセンスが好き。

  • 皮肉じみたそれぞれの国の様子がくせになります。

  • バケツいっぱいのかき氷

  • 再読

    【中立な話】
    それぞれな中立。
    三者三様キャラが立ってていいな

    【誓い】
    幸せそうだというのに、皮肉だな。
    守るとも言ってるのに。。。

    【彼女の旅×2】
    思いを旨に旅立つことを決めた彼女と、ソレにつき従うことを決めた男性の話。
    どちらもキノは傍観者なんだね。
    個人的には後者のほうが好きだな。
    "遠慮無く殺しなよ"

    【長のいる国】
    師匠と弟子の出会いの話

    【忘れない国】
    忘れなくとも教訓を生かさないと(しみじみ)

    【旅の途中】
    国ではなく、廃墟。
    キノって少し霊感あるのかな?(師匠にバレたら撃たれそうだが)

    【祝福のつもり】
    彼女の決断が正しかったのかはわからないけれどシズの心を動かしたのは事実なんだろうなーって思う。少し泣けました

  • なんとなくよみたい

  • 「あー、キノ?好きなだけ撃って食べていいよ」
    白い塊が言った。

    止まり木と化したエルメスかわいい。

  • 花火の国、祝福のつもり、がよかった。

  • ストーリー 3 登場人物 4 言葉遣い 4 描写 3
    伏線回収率 4 感情移入 3 熱中度 3

    ベルギーはアムール川を保有していません。
    「祝福のつもり」のための巻。
    ということはキノ要らない巻?そんなバナナ。
    エルメスは空を飛ぶ日が来るかもしれない。
    どっちにしろシズ様ウッハウハ!陸の幼なじみ萌えー。
    とかふざけたレビュー書いていると
    師匠の左腕に握られた『カノン』が火を吹きそう。
    どちらにしろ600字以上800字以下なんて無理。
    詳しくはこの巻の「あとがき」参照。とてもセクシー!

  • おもしろかったです

  • 久しぶりにキノの旅を読んだ。相変わらず面白かったです。
    この巻、まとめとして結局は
    「人間が一番危ない」
    って事で良いのかなーどうだろ。
    「忘れない国」がお気に入り。面白かった。

    ていうかミシンめんどくせえぇえええ(笑)

  • 悲しい話や皮肉の利いている話はうまくミックスされている巻。

  • 誓えないと誓います
    誓わないと誓えます

    誓えないと誓えます
    ―I don't trust me.―

全135件中 1 - 25件を表示

キノの旅 (6) The Beautiful World (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

キノの旅 (6) The Beautiful World (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キノの旅 (6) The Beautiful World (電撃文庫)の作品紹介

よくない道だねえ、と走ってきたモトラドが言った。後輪の脇には箱が、上には大きな鞄と丸めた寝袋とコート。旅荷物をたくさん積んだモトラドだった。でもやっぱりこれは近道だよと、モトラドの運転手が言った。黒いジャケットを着て、帽子とゴーグルをした十代中頃の若い人間だった。腰を太いベルトで締めたジャケットの前合わせは、初夏の風が入るように大きく開けていた。その下に、白いシャツを着ていた。人間キノと言葉を話す二輪車エルメスの旅の話。短編連作の形で綴られる、大人気新感覚ノベル第6弾。

キノの旅 (6) The Beautiful World (電撃文庫)の文庫

キノの旅 (6) The Beautiful World (電撃文庫)のKindle版

ツイートする