キノの旅 (8) the Beautiful World (電撃文庫)

  • 3442人登録
  • 3.56評価
    • (334)
    • (272)
    • (1028)
    • (15)
    • (2)
  • 156レビュー
著者 : 時雨沢恵一
制作 : 黒星 紅白 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2004年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840228329

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

キノの旅 (8) the Beautiful World (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 前巻もエピローグが長くて驚いたけど、今回はそれよりも更に長い。
    なんと、エピローグだけで本の半分を占めているのです。
    びっくり。
    でも読んで納得。余韻の残るこのエピローグは、短くしちゃいけないものでした。

    「キノの旅」シリーズの魅力はいろいろあると思うんですが、その1つがキャラクターだと思っています。
    この巻で新たに主要キャラになりそうな人物が登場。
    やっぱり個性的ですね。時雨沢さんの描くキャラクター、好きです。キノもエルメスも、シズ様も師匠もみんな。
    新キャラには、これからも登場してほしいなあ。

    それから、何人もの主要人物の目線で描かれた物語の数々も魅力だと思います。時間軸すら異なる物語もあれば、まるで違う人の物語が交差することもある。それが、すごく楽しいです。
    読んでいて、少しFF4を思い出しました。キノの旅のラストが今から気になります。それぞれの物語を1つの物語としてまとめてくれることを期待。

    今回はエピローグがやはりいいけれど、「ラジオの国」もおもしろかった。
    ところどころに時雨沢節が出てるのもいいですね。
    本書でキノという人物の魅力に改めて気づかされた気がします。批判をしないし、偽善もない、ある意味自然体なところに私は惹かれたのかもしれません。

  • 今頃気づいた。この師匠、若い師匠ですね。そろそろアニメをカバーできそうなぐらいは読んだ気がする。

  •  男の居場所と生きがいとを生んだのは欺瞞。かような人の心の襞を描く作「救われた国」から、欺瞞に満ちたメディアへのリテラシー欠落を多面的に嘲笑う「ラジオの国」。

     あるいは、歴史とは為政者に都合良く捏造される。特に失政に対しては…。この身も蓋もない事実を、過去の事実が人の真意を露わにし得るわけではないことと同時に皮肉って見せる「歴史の国」などのように社会性溢れる逸品もある。

     その一方で、割と古典的SF題材である、ユートピアは実はディストピアであったという物語、「悪いことはできない国」など多様な布陣で描写される第8巻だ。

     そして、ここでのエピローグは、シズさま、王になり損ねて…と。なかなか「可愛らしい」皮肉で締める。

  • ああ~キノ in メガネいっすねぇ~~

    光の裏には必ず影ありってね。この作者ほんとひねくれてる気がしてならない。シズのパーティーに加わったティーもなかなかいい感じだ

  • 道の国
    悪いことはできない国
    歴史のある国
    愛のある話
    ラジオな国
    救われた国

    道のために人がいないのか
    道のせいで人がいないのか。
    それよりも次の国、プライベートが諸事情以外では
    筒抜けになってしまうかも、な生活。
    生まれた時からこれなら大丈夫でしょうが
    問題は…旅人の方がいけない大人w

    歴史のある国は、因果応報というべきか
    自業自得というべきか。
    清く正しく生きていれば、後に杖屋がもうかる事は
    なかったかと思われます。
    師匠、素晴らしい!
    愛のある話、は…確かに自己満足。
    食べ物が大事なのは、しっかりと学べます。

    ラジオから流れるものだけが娯楽。
    しかし本当に娯楽を提供しているのは誰なのか。
    救われた国は、それでいいのではないでしょうか?
    誰も損も得もしてないですし、金品の問題もない。
    結局、信じるかどうか、です。

    そしてエピローグは、プロローグへとと続く、船の国。
    一体何がどうした? と思っていたのですが
    なるほど、そういう事だったのか、と。
    いつに増しても、最期を読まねばまったく…な最初。
    という事は、これから同行者ができた、と
    言う事なのでしょうか?

  • 【資料ID】155440
    【分類】913.6/Sh29/8
    文学のコーナーに並んでいます。

  • 図書館で借りた本。
    「歴史ある国」違法薬物所持をでっちあげる国。
    「愛のある話」滅びた国の国民が飢えてさまよっている話。
    「ラジオな国」キノのステイ後、キノの事をラジオで話題にしている国。
    「救われた国」疲れた国民をある宗教で救った話。
    「船の国」うっかり8を飛ばして9を先に読んでしまったので、「ティーって、誰?」の謎が解けた話。

  • 「道の国」
    「悪いことはできない国」
    「歴史のある国」
    「愛のある話」
    「ラジオな国」
    「救われた国」
    「船の国」

    「愛のある話」は人間臭い感じが好き。
    起承転結もなく、意味もないんだろうなと思う。
    あとは「船の国」が壮大。
    ブレないキノではできないお話。

  • 歴史のある国、がすき。歴史なんてどーにでもなるよね。ラジオな国も面白かった。本巻の半分を占めるエピローグ船の話もなかなか面白かった。でもティーの行動不思議すぎ。なんでそうなる?って

  • ‐想いは 正しく伝わらない‐口絵の「道の国」と「悪いことはできない国」、そして「歴史のある国」「愛のある国」「ラジオな国」「救われた国」の4つの国から、今回は何と言ってもプロローグ「渚にて旅の始まりと終わり」からエピローグ「船の国」へと続く。再び船の国で出会ったキノとシズ様、と陸とエルメス。キノとシズ様の対決と、船の国でシズ様のお世話係となった少女のティーと黒服の指導者たちに隠された謎。シズ様とティーがその後どうなったのか、プロローグをどう解釈すればいいのかな。また、今回のあとがきには完全に騙されました。

  • 同じく、取り急ぎ借りてみたら以前にも読んだことがあった。
    「愛のある話」はたぶん多くの人が悩んでいる話。「船の国」も好き。
    あとがきは、巻末部分の既刊紹介等を模したもの。

  • 再読。

    【道の国】
    理由はわからないけど道が綺麗で人が誰もいない国。
    読んでる分にはいいけどきっと自分が訪れたら怖いと思う

    【悪いことはできない国】
    メガネキノが可愛かった

    【歴史のある国】
    師匠の話とキノの話が混じってるもの。
    師匠の話は楽しかったです。らしいなと。
    歴史は別に勝った人が作るんじゃなく、そこにいる人が作るものなのです

    【船の国】
    プロローグ/エピローグにして今巻一番の文量。
    今巻サブタイトル"想いは正しく伝わらない"はコレに通じるかなと思う。
    (外からどんなに正しいことを言っても、目先の利益には叶わないのです)
    シズメインの話でキノとも再会兼バトルもし、シズの旅にティーが加わる読んでて楽しい話です。
    物語の展開はコロシアムと似てるかな?
    キノとシズが戦ってキノが勝ち、国の王はいなくなり、王を決める闘いが始まる。
    次にキノと再開した際は「死ぬほど驚くだろうね」って言ってるけど一体何なんだろう?

    【あとがき】
    そうきたかー

  • ☆3.7
    寓話的な感じが好きな【キノの旅】シリーズ8巻。
    陸が好き。笑ってるように見える顔の犬っているよねー。

  • やはりシズよりはキノがいいかな。
    シズは他者に優しすぎる。
    というか、キノほど他者を疑わないから、そこが微妙にハラハラ。
    甘いんだよ!って言いたくなる。

  • ストーリー 4 登場人物 5 言葉遣い 4 描写 5
    伏線回収率 4 感情移入 4 熱中度 4

    メガネに萌える。ティーに萌える。
    萌えているとすぐに本編が終わる。
    勿論、エピローグも本編なんだけれども……。
    1冊の半分がエピローグという珍しい本。

  • たまにうーんとなるはなしがあるからよんでしまう。

  • キノ贔屓の私としては、シズメインが半分を占めていたので少し物足りない感じがしました(__)

  • おもしろかったです

  • それなりに考えさせられる国が多いが、キノの旅クオリティではない。
    "ラジオな国"

  • 想いは 正しく伝わらない
    ―I know what you're thinking.―

  • 913.6 シ  登録番号8441

  • ■書名

    書名:キノの旅〈8〉the Beautiful World
    著者:時雨沢 恵一

    ■概要

    人間キノと言葉を話す二輪車エルメスの旅の話。
    短編連作の形で綴られる、第8弾。

     ▼収録話

     「道の国」
     「悪いことはできない国」
     「渚にて旅の始まりと終わり」
     「歴史のある国」
     「愛のある話」
     「ラジオな国」
     「救われた国」
     「船の国」

    ■感想

    長編のストーリーである「船の国」がこの本の半分ぐらいを占めます。

    中編となっているだけあって、今後につながるキャラクターも登場
    し、なかなか面白いです。

    この物語では、1巻以来となる、キノVSシズという戦いが繰り広げら
    れます。結果は、ある程度予想通りですが、自分の命と利益が最優先
    というキノのスタイルにはブレがなく、ここまでいくと清々しいで
    す。

    個人的には、今後、この新しいキャラクターと陸(犬)のからみが面
    白そうだな~と思います。

    その他のお話も、いつも通り、一定のクオリティは保っていて、面白
    かったです。

全156件中 1 - 25件を表示

キノの旅 (8) the Beautiful World (電撃文庫)に関連するまとめ

キノの旅 (8) the Beautiful World (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

キノの旅 (8) the Beautiful World (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キノの旅 (8) the Beautiful World (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キノの旅 (8) the Beautiful World (電撃文庫)の作品紹介

「あー…」運転手が口を開いた。力のない声だった。「何さ?キノ」モトラドが聞いた。キノと呼ばれた運転手は、ポツリと「お腹すいたな」「だったら、止まって休む!空腹で倒れられたら-」モトラドの訴えを「はいはい。何回も聞いたよ、エルメス」キノは流す。エルメスと呼ばれたモトラドは「分かっててやってるんだから」呆れ声で答えた。「そもそも、あの国が滅んでいたのがいけない」カーブを抜けながら、キノが言った。-お腹をすかせたキノとエルメスが辿り着いた場所には、盆地の中央を埋め尽くすように、数百人の難民が集まっていた…(『愛のある話』)他、黒星紅白が描くイラストノベルも含め全8話収録。

キノの旅 (8) the Beautiful World (電撃文庫)の文庫

キノの旅 (8) the Beautiful World (電撃文庫)のKindle版

ツイートする