環境社会の変化と自然学校の役割: 自然学校に期待される3つの基軸 -くりこま高原自然学校での実践を踏まえて

著者 : 佐々木豊志
  • みくに出版 (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840306546

環境社会の変化と自然学校の役割: 自然学校に期待される3つの基軸 -くりこま高原自然学校での実践を踏まえての作品紹介

地球 温暖化、大規模災害の増加など環境社会は急激な変化を遂げています。本書の著者・佐々木豊志氏は1996年に「くりこま高原自然学校」を自力で立ち上げて以来、「生きる力」を育む教育活動、ニートやひきこもりの支援、東日本大震災、熊本地震などでの災害ボランティア活動、森林資源を守り活用するNPOの活動などを続けてきました。その過程で「自然学校」が、環境社会の変化だけでなく、現代のかかえる様々な問題へアプローチできる可能性を見つけ出しました。本書は前半で、全国の自然学校を調査し、自然学校の教育力、つながる力、課題解決力を解明しています。そして後半では、佐々木氏自身の実践にもとづいた自然学校の3つの基軸と社会的課題の解決への道筋・事例を述べています。
とくに社会的企業としての自然学校という視点にもとづく、くりこま高原自然学校での実践の事例紹介は、環境や教育の未来を考える上で大きなヒントになるでしょう。
環境教育、体験学習、地域再生、社会教育、生涯教育などに携わる方には、ぜひお読みいただきたい本です。また、学校教育の改善に向けても大きなヒントがある本です。
著者が事業構想学博士号を授与される際の博士論文をベースに、20年余り継続する「くりこま高原自然学校」や、近年立ち上げた「日本の森バイオマスネットワーク」などの事業構想や新たな展開を大幅に書き加えました。

ツイートする