できるポケット+ Evernote

  • 979人登録
  • 2.95評価
    • (13)
    • (46)
    • (111)
    • (47)
    • (18)
  • 85レビュー
  • インプレス (2010年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844328278

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
小山 龍介
ウォルター・アイ...
村上 春樹
ロバート キヨサ...
ウォルター・アイ...
デール カーネギ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

できるポケット+ Evernoteの感想・レビュー・書評

  • クラウドメモツール「evernote」日本語版の入門ガイドブック。

    ほんっと入門なので、デジタルネイティブたちから言わせれば、
    「これくらいいじってればわかる」レベルである。
    かといって完全にエバーノートに対してアンテナがない人は
    いきなりこの本とかは買わないわけで。

    ゲームの攻略本しかり、家電の取り説しかり、
    ガイドブックって、今後もっとも、紙である必要がなくなっていくジャンルだと感じました。

  • 情報蓄積ツールとして有名なEverynoteの解説本。
    フリーウェアに解説本が出るのは珍しい。 それほど使い勝手のあるソフトということだ。 特にiPhoneやAndroid携帯との連携が出来るようになってから、奥深いソフトになってきている。

    有用なソフトだったのですでに活用しているが、自分の知らない使い方があるかと思い購入。結果としてはそれほどの発見はなく、ほぼ知っている機能ばかりであった。
    できるポケットシリーズらしく、確かに初めて本ソフトを使う人にとっては分かりやすい。 ただ、使い方よりも何よりも、本ソフトが画期的であることをもっとアピールすることが重要ではないかと思ったのは私だけだろうか?

  • 最近evernoteを活用しはじめました。
    基本的な使い方から応用編まで幅広く網羅されています。
    websiteの説明だけではイマイチ分かりづらかったという人にはオススメです。

  • 購入前にネットで調べたことの復習のようでした。購入したらPDFがDLできるので、そちらを保存しておけばいいかな?と思います。Evernoteを気軽に導入したい方にはオススメです。分かりやすいです。

  • 電子版もありますが、本で買いたい。
    Evernoteは便利なのでHelpを英語だったけれど印刷して使ってましたが気楽に読めるのがうれしい。
    ただできるシリーズなので説明が冗長。もう少しノウハウっぽいものが欲しかったかな。

  • Evernote初心者ですが、ここに書いてある内容は、体当たりで使って自分でマスター出来たレベルのものばかりでした。

    Evernoteは、「使い方はあなた次第」という自由さが1つの特徴だと思っていますが、自由であるがゆえに、使い方にセンスが出るものです。個性的な使い方が出来るようなヒントがあるかと期待して本を探し、出会った本ですが、そのヒントはありませんでした。

    ただ、初心者かつ「とにかくいじって体得」が出来ない人には、ハウツー本として有効だと思います!

  • 著者、コグレマサト:ネット、デジカメ、Mac、iPhone、浦和レッズ、子育て等気になるモノとコトをひと回り拡張して提供するblog「ネタフル」を運営。いしたにまさき:ネットマーケティング、ネットPR、デジカメ、Webサービス等、見たもの、体験したものを考古学的レビューblog「みたいもん!」を運営。

    Evernoteとは「さまざまな形式のデータを取り込み、パソコンやiPhoneから検索・閲覧できる、いわば外部の脳のように使えるサービス。

    本書は「Evernote」について基本編・応用編に分けて実際の画面になぞらえてその機能及び使い方について指南している。

    基本編:特長・アカウント作成・同期・印刷等
    応用編:作成と管理・カスタマイズ・共有・公開

    3年ほど前にアカウント作成したのみで活用できていなかったEvernote。こんな機能がiPhoneにあったらいいのにと日常で考えていた時にふと目に付いたEvernote。

    本書を読みさらにその思い付きは確信へと変わって言った。
    実際に使ってみないとわからないことも多い。
    まずは使い、そして本書を再読しモノにしていきたい。

  • これから使い始める人向けの超基本的な使い方の解説。

  • 気になっていた使い方を確認。

  • 100417読了済み。
    初心者には良書なのでは。コンパクトにまとまっていた気がする。

    あるソフトの使い方が分からなければ「検索」すればいいし、ガイド本を買うまでもないという考え方もあるでしょう。一方、本は効率的に体系的な知見を与えてくれる、お金で時間を買う、という考え方もあるでしょう。

    2008年から現在に至るまで公私ともに活用しているEvernote。これ無しに私の今の日常は考えられません。いつからか有料アカウントにしています。

  •  人気のアプリ「EVERNOTE」のHowTo本。パラパラと目を通しましたが、こういう本こそ電子書籍オンリーでいいですね。

  • web上で読むよりも丁寧でわかりやすいevernoteの使い方の本。それ以上でも以下でもなく、基本的な説明書なので、普段自分が利用していない機能についてだけしっかりと目を通せば充分かと。

  • 取説の域を出ませんね、この手の本は。

  • 個人レベルでの情報データベースのクラウド化は今後のポイント。そのための手段としてevernoteを選択する。

  • 参照しながら作業しても良いんだけど、ここまで説明されなくてもわかるので、わざわざ本にしなくてもよい内容かもしれない。
    この値段は高いんじゃない、ちょっと。

  • 登場してからあっ、という間にクラウドツールのポジションを獲得してしまったEvernote。。最初は僕も半信半疑で使っておりましたが。。いつの間にかフリープランで容量がぎりぎりになってきました。。なんとかフリーで粘りたい、けど、プレミアムにアップしても良いかな。。と思い始めてしまった。。ユーザーとしては、フリーなものはフリーで活用したい、と思うのですが。Evernoteって何?これから使おうかな。。って思っている人には、まずはこの本でよいでしょう。本もあっという間に関連本が沢山出てしまいましたからね。。

  • エバーノートの解説書として期待して読んでみましたが
    やっぱりスマートフォン主体での活用法が多いのでPCのみ使用の人にはあまり役に立ちません。

  • 読始:2011.03.18
    読了:2011.03.18


    これもevernote取扱い説明書という感じ。
    evernoteの特長(evernoteとは)、インストール、ノートに写真をつけるにはといった基本から、タグ付け・新しいノートブックの作成で分類・Web資料・紙資料・デジカメ資料の取り込み方といったプラスαの使い方を説明

    いずれにせよevernoteについている機能の使い方であり、機能をどう活用するかには言及していない
    evernote整理術だとか賢いタグ分類法などを知りたい、勉強したい場合は趣向が違う本

  • これからevernoteを始めようという人向け。図解入りで分かりやすいと思います。1年前の出版ということもあり最新の活用法を知りたい人には物足りないと思います。

  • 入門としてはまずまずかな。

  • Evernoteの使い方を一通り説明している本。
    Evernoteで何ができるのかが大体わかるので、あとは使いながら自分にあった使い方を模索していけるとイイかな。
    色々な人の活用事例が紹介されている続刊があるので、それも読んでみたいと思います。
    本書はEvernoteの活用事例はほとんど書かれていないのでちょっと物足りないです。

  • evernoteは仕事の打ち合わせ議事録や個人的なメモなど、テキストベースの情報整理に活用しているので、ざっと流し読んだ。
    無料で使っているので、プレミアムプランだと共同編集できるのかー、と思ったり。
    これから使い始める人には、アカウントの作り方からアプリのインストール方法まで書いてあって良いんじゃないかと思った。

全85件中 1 - 25件を表示

コグレマサトの作品一覧

コグレマサトの作品ランキング・新刊情報

できるシリーズ編集部の作品一覧

できるシリーズ編集部の作品ランキング・新刊情報

できるポケット+ Evernoteを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

できるポケット+ Evernoteを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする