エンジニアとしての生き方  IT技術者たちよ、世界へ出よう! (インプレス選書)

  • 503人登録
  • 3.98評価
    • (48)
    • (88)
    • (36)
    • (5)
    • (2)
  • 86レビュー
著者 : 中島聡
  • インプレス (2011年3月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844329947

エンジニアとしての生き方  IT技術者たちよ、世界へ出よう! (インプレス選書)の感想・レビュー・書評

  • エンジニアの生き方指南書。
    ブログのまとめ。
    何に生きるか改めて考える機会になる。

  • 開始日:2011/7/23
    筆者のブログを普段から読んでおり、共感する点が多かった。この書籍からも多くのものを得た。
    またプログラムを書きたくなった。会社用に購入する予定。

  • 日本のIT業界に勤める人、これからIT業界に就職しようとする人なら、ぜひ読んで欲しい本。日本のITゼネコンの問題点や、ITエンジニアとしてのキャリアパスの考え方などが、具体的な例まで書かれていて、非常に今後の参考になる。

    また、企業で働くエンジニアとしての生き方だけでなく、後半では経営者としてのエンジニアとしての生き方も紹介されているので、ITを使って、何らかのサービスを提供したいと考えている人にもオススメしたい本。

  • NTT研究所、マイクロソフト、起業という経歴を持つプログラマー/経営者である筆者が、日本のIT/通信業界や世界の状況を分析し、今、あるいは、これから必要とされる人材を示すという内容。起業家らしいエネルギッシュな文体に、技術者らしい冷静なロジックが相まり、読み易いながらも説得力のある本だったように感じた。

    日本の通信とその周辺業界はITゼネコン化しており、ベンチャーが大きな影響力を持ちにくくなっている。製造過程においては、ソフトウェアに関して無知な人が指示を出し、マーケティングにおいては、新機能追加/スペック向上ばかりを売りにする状況にある。そのような状況では革新的な会社/人材/商品は生まれない。
    そんな状況だからこそ、世界を見据え、インターネットを利用し自信のキャリアパスをデザインしていく必要がある。

  • Amazon でもブクログでもけっこう評価高い割には拍子抜けだった。ただ SE をレストランのウェイターに例える説明は秀逸。"Boys, be ambitious" を「若者よ、貪欲になれ!」としたのもいいなと思った。

  • IT技術者たちよ、世界へ出よう。言葉だけなら意識高い系と揶揄されそうだが実際にNTTからマイクロソフトに転職して50歳を超えた今もベンチャーを立ち上げて第一線で活躍している著者が言うと説得力が違う。同じように生きられるかは分からないけど働き方や人生、ひいては日本という国について考えるきっかけになった。

  • エンジニアとしての考えておくべきことを描かれている、題名通りエンジニアとしての生き方についての著者の考え方が書いてあります。

    結局、エンジニアは、自分のやりたいこと、立ち位置を意識しつつ、やりたいことに必要な知識・技能を貪欲に学び、常に新しい技術を取り入れるチャンスを逃さないようにすること。
    →エンジニアは常に勉強と頭の柔らかさなのかな
    後、ハングリーに課題をどんな手を使ってでも解決する力と自分の夢・やりたいことを人に合わせにいかないってのを学んだ。

    迷った時に何度でも読みたい本。
    実際に働かないと自分が出来る限界がまだわからないしね。

  • まぁ、自分でエンジニアが天職だと思えて、スキルアップが楽しくて、それが会社の業績につながるなら、これほどいいことはない。いまどきは、最後の部分よりも「世の中の役に立っているか?」ってところのほうがモチベーションに関わってくるような気がする。

  • 日本のIT業界の考察は面白くて、日本の「ITゼネコン」構造は本当につまらないし、悪循環だよなと。SIerのウォーターフォール型ってなんか効率悪いし、上流工程のエンジニアで変にプライドあるくせにコードがかけない人ってやっぱダサいなーと思ったり。

    もっともっとエンジニアは尊敬されるべきだし、その能力を活かせる環境が増えるといいのになと思う。

  • めちゃくちゃ面白くて、とてもためになった。内容は、元々ブログに書いてあるものを本にしたものなので、節ごとのつながりは薄い。エンジニアとしてこれから、どう生きていくべきか、働いていくべきかが、経験に基づき述べてある。自分はちきりんのブログをよく読んでいるが、通じることが多々あった。自分の頭で考えること。好きなことを仕事にすること。世界を見据えて働くこと、など。よくある中身のない自己啓発書なんかよりも何倍も濃い内容で、やる気を引き出してくれ、大満足。

    【「社内の人間は仕様書だけを書き、コーディングは下請けに任せる」などというソフトウェアの作り方では、絶対にアップルには勝てない】

  • 30代の節目として自分自身がエンジニアとしてどうなのかを振り返るために読みました。
    まだまだ、自分にはできていないこと、意識できていないことが多くエンジニアとして力不足であることを改めて感じさせられました。
    特に英語力や発信力、キャリアパスなどを本気で考えるきっかけになったと思います。
    学生自体や新人自体はどんだけ怠けていたんだと、今更ながらとても後悔しています…
    また、途中にある問題は頭をフル回転させるもので刺激になりました。

  • 「『好きなことをして生きていく』ための努力を続けている限り、(ほかの人にとっては)つらいことも苦痛ではなくなるし、楽しい人生がおくれる。」

    OB訪問でお会いした、某企業でエンジニアとして働かれている方(経済学部出身)に教えてもらった一冊。ほぼ一年越しではあるが先日購入し、一気に読んだ。

    以下、特に印象に残った2点について述べる。

    【文系でもSE?】
    2-1の「ITゼネコンビジネスモデル」、4-2のIT業界のトップと学生との質問のやり取り・考察を併せて読むと、一定の企業が「文系でも可」と謳って(少なくとも)SE募集をする理由が透けて見えてくるように感じられた。

    【好きなことを仕事に…?】
    冒頭の言葉は169頁からの引用だ。仕事に生き甲斐を求めたり好きなことを仕事にすることは一理ある。イヤイヤしているわけではないから、日々の仕事に自分なりの意義を見出すことができる。それは自分のやり甲斐・生き甲斐に結び付き得る。苦労が苦痛ではなくなる。

    しかしながら…それは必ずしも絶対的なものとは言えないとも思った。確かに、運良くそのような仕事を見つけることができたなら、それは幸せなことだと思う。しかし、これに囚われて仕事以外のことにも目を向けることを疎かにしないように気をつけたいとも思う。例えば、家族や恋人、子どもと過ごす時間であったり、自分の趣味に費やす時間などなど。

  • モチベーションアップになる。英語はやっぱり大事。

  • 読んでいて非常に勇気の貰える本。
    今の自分がどれだけやる気がなかった(やってるつもりだった)かが分かる。
    これからどこまで自分を高めることができるか。
    そういう気分にさせてもらった。

  • 日本の多重下請型IT業界の構造に嫌気がさした時に買った本。

    ブログのエントリーをまとめなおしたものが基礎になっているので
    買うまでないと思う人は無料でブログを拾い読みするのもアリ。


    日本のIT業界の多重下請構造は近いうちに崩壊するだろうし
    それまでに自分はどうできるか?
    それを真剣に考えるときのおともとして。

  • 日本のSIの現状を正しく捉えたうえで、エンジニアのあるべき姿、進むべき道を示してくれている。それでいて、元がブログのためか、よくある説教臭さみたいなものも少なく読みやすい。
    理系大学生~入社数年くらいが対象かなと感じたので、おじさんとしてはちと残念

  • 自分が本当に好きなことをやりなさい!
    5年後や10年後、自分がどうなりたいか明確なイメージを持った上で、いま何をすべきか(どこで働くべきか)を考えなさい!

    という本でした。
    当たり前のことかもしれませんが、それを常に考えて努力できている人は少ないんでしょうね。
    先が見えないIT業界での5年後・10年後をイメージするのは難しいですが、
    自らの方向性だけは固めておかなきゃなぁと再認識しました。

  • 引っ越してから本を読む習慣が薄れ、久々に読んだ本。
    エンジニアとしてこれからどう生きるか?を考えさせてくれる。
    一つ感じたことは、英語は必須だろうということ。

  • プログラマエリートな人に向けた自己啓発本な印象 改めて考えさせられる点はいくつもあった 英語ってそんなに必要なのかな 気が乗らない

  • ブログの内容を抜粋してまとめた本です。表題の通りエンジニアとしてどうありたいか、どうあるべきかの姿がみえてくるようでした。
    NTTという大企業にいながら、「楽しそうだった」という理由でベンチャー企業にさくっと転職するあたりやっぱりすごい人なんだなと。

    個人的に124ページからの”キャリアパスの考え方”の項が読んでて楽しかったです。

  • ソフトウェアエンジニアは、プロ野球選手と同じである。しかり。

    エンジニアとしての生き方をしれて、今後共に仕事をしていく人たちのキャリアの進め方の一例を知れたのはなによりよかった。

  • エンジニアを職業としている人がキャリアパスについて考える本でした。
    自分はぬるま湯から無知のままエンジニアになった身なので、なかなかつらい言葉が書かれているし、キャリアパスについて大いに考えさせられた。
    あと、実際会社のやり方に対して思うところもあり、自分がどのようにふるまうべきかも考えることができた。
    「技術力とビジネス」「設計からコーディングまで」「顧客に研修代を請求するのか?」「ウォータフォールではコストかかりすぎ」「本当に好き?」「S,M,A,R,T」

  • SIerの現状、本質をピタリと言い当てられてドキっとした。指摘されている事はまさしくその通り。私も勉強し続ける気持ちを忘れないようにしないとと改めて認識した。これからIT業界に入ろうとする学生や若手エンジニア向けに書かれているが、私のような中堅SEもこれまでの振り返りと今の立ち位置を確認できる良書。

  • * 日本のソフトウェア
     + ウェイターがSE, 作り方までつくる → 外注
      それで良い物が作れる訳がない → 人月という物量計算
     + ウォーターフォール → プロトタイプ(安謝居る)

    * 英語の必須:対等に話すこと

    * キャリアパス
     + PUSH , PULL 出たいと、やりたい/入りたい

  • 特に取り立ててどうってこともない自己啓発本

全86件中 1 - 25件を表示

エンジニアとしての生き方  IT技術者たちよ、世界へ出よう! (インプレス選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

エンジニアとしての生き方  IT技術者たちよ、世界へ出よう! (インプレス選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エンジニアとしての生き方  IT技術者たちよ、世界へ出よう! (インプレス選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エンジニアとしての生き方  IT技術者たちよ、世界へ出よう! (インプレス選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

エンジニアとしての生き方  IT技術者たちよ、世界へ出よう! (インプレス選書)の作品紹介

筆者は、人気iPadアプリ「CloudReaders」「neu.Note」の開発者であり、米国ベンチャー企業の経営者でもある。そんな一人の在米日本人プログラマーが語る、人生観と若者達へのメッセージ。

エンジニアとしての生き方  IT技術者たちよ、世界へ出よう! (インプレス選書)はこんな本です

ツイートする