新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)

  • 483人登録
  • 3.79評価
    • (19)
    • (26)
    • (19)
    • (6)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 唐木元
  • インプレス (2015年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844338727

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
又吉 直樹
ベン・ホロウィッ...
エラ・フランシス...
三浦 しをん
メンタリストDa...
みうら じゅん
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)の感想・レビュー・書評

  • いつも文章を書くにあたって、私が注意や意識していないことがいくつかあって、勉強になった。
    でも、大部分は知っていることだったり、すでに意識していることだったりしたので、すごーくタメになったというほどではなかったかな・・・。

  • ニュースサイト「ナタリー」の記者向けに行われている社内研修の内容をまとめた本です

    本書を購入した動機は、継続して文章を書けるような「型」を身につけたいというものでした。このブクログのレビューにしても、以前は本を読むたびに小まめに書いていましたが、最近はある一日にまとめて書いて、細切れに投稿するというパターンになっています。つまり読書のアウトプットが、「その日の勢い」に大きく左右されるようになっているのです。これでは継続できません。事実、投稿のペースも格段に落ちています。

    本書は前述の通り、記者を育成するための研修が元になっているため、本書で紹介されているノウハウは「継続して書き続ける」ことを前提にして考案されています。自分にとってはドンピシャの一冊でした。そしてとにかく具体的で読みやすい。

    いま書いているこの文章は、本書の第1章に出てくる「構造シート」を使って書いています(面倒なので紙は使っていませんが)。しばらくはこの方法を活用して、書く習慣を身につけたいと思います。

  • 注意点を短い項目で纏められており、非常に参考になった。

    今後注意しながら、何かを書いていく。

  • 読みかけ。
    もう一度読みたい。

    センスもなく、どう書いたらいいのかわからない僕にもわかる気がする?

  • 最近文章を書くことが多くなってきたので、めちゃくちゃ勉強になりました。
    繰り返し読んで、完読される文章が書けるように頑張ります。

  • サビ頭。最後まで読みたくなる文章を。
    しずる

  • 分かりやすくて実戦的でステキ

  • 今までどれだけ読みづらい文章を書いていたのか…。ちょっと気をつけたいポイントがまとめてあって便利。

  • 良い文章とは、完読される文章

    事実→ロジック→言葉遣い

    書きたい話題を箇条書きに
    事実を集めてトピック化

    基本は「サビ頭」

    文章は、意味・字面・語呂の3つの見地で読み返す

  • ポイントで書いてあるので、あとからでも掘り出しやすい。文章で行き詰ったら、読み返そう。

  • 文章書く前にテンプレート作っておいたら、スムーズに文章が書けるようになる。あとは数をこなすことかな。

  • Can not write, not revise and modefy, and not inform. This book make you improve your skill and get the results to that state.
    Discipline you to make the basic and foundation of writing that skillful persons have. Anyone can do well and instantly with the 77 instructions. You can understand the preparation that you can use for any staff , manuscript , plan, report, blog, and so on.

  • コミックナタリー初代編集長による文章教室。「良い文章とは完読される文章である」というポリシーに基づく、人に読ませるための文体の指導も勉強になります。
    しかし言わば「ナタリーのひみつ」とでも名づけるべき、ナタリーの「速い」「フラット」「ファン目線」を生み出した真のキモは、章間のインターミッション「ナタリー的とは」と最終章の「用途別のテクニック」に存在します。特に仕事で、一般の人に読んでもらうことを狙った文章を書く必要のある方は、一度読んでおいて損はない一冊だと思います。

  • 文章を書く人にはオススメ。色んな人達の編集、校正を見よう見まねでいたけど、そこで知ったことが、知った以上に網羅されている。文章を整えるテクニックの本として完璧なのではないか。

  •  この本では上手い文章を「完読される文章」としている。実に明快である。

     読んでみて私が感じたのは、絵を上手く書こうと思うとアタリを取ったりデッサンの勉強をするのに、どうして文章だと国語の授業受けたから書けるって思うんだろうということ。
     この本は、アタリやデッサンに相当するのかもしれない。

     今の時代、文章を書こうと思ったら、まずキーボードに向かってしまう。
     けれどもその前に紙に箇条書きで書いてみることで、文章にならないいろいろなことに考えていることに気付くことが出来る。
     実際にやってみてそう思った。

     そんな訳で、お仕事にも遊びにも使えるツールである。

  • ウェブ向きの簡潔な文章論を知りたくて読んでみました。
    教科書的なお作法がたくさん載っているので、辞書として手元に置いておきたい本です。

    文章を書くときに無意識に気をつけていることを、代わりに言語化してくれました。
    目新しい内容は少なかったですが、ついやってしまいそうなミスを焼きつけ、防げるようになるでしょう。

    「という」や「体言止め」を乱用していると、気づかされました。

    お作法中心なので、味わい深い文章を書く力をつけたい人には「20歳の自分に受けさせたい文章講義」がおすすめです。

    ※Kindle版はハイライト機能が使えません。辞書的な活用をするなら、書籍版をおすすめします。

  • 3章あたりになると、細かいポイントの説明になるので教科書っぽくて「完読」するのは結構つらかった。辞書的に使うのがいいかなと思うのに、Kindleで線が引けないのは残念。
    構成を組み立ててから作るというのは、パワーポイントの資料を作るときに既にやっていることだったので、納得しました。

全18件中 1 - 18件を表示

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)を本棚に「積読」で登録しているひと

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)はこんな本です

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)のKindle版

ツイートする