21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由

  • 533人登録
  • 3.74評価
    • (23)
    • (40)
    • (43)
    • (3)
    • (1)
  • 43レビュー
著者 : 佐宗邦威
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2015年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844374213

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
スティーブン デ...
伊賀 泰代
リンダ グラット...
ジェームス W....
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由の感想・レビュー・書評

  • デザイン思考の必要性を感じて、KUADの門を叩いたのだが、なにか違うなぁ〜と漠然と思っていた。そのところに、本書に出会った。

    デザイン思考の重要性を具現化しており、嬉しくなった。
    そうそうこういうのをやりたいと思っていた、その通りのことが書いてあった。

    今後のライフプランに大きな影響を与えた一冊。

  • アートとしてのデザインシンキングとサイエンスとしてのロジカルシンキングこの二つは0→100を達成させるうえで大切なものである。
    デザインシンキングの本の中でWhy(なんでデザインシンキングが必要なのか)の部分が書いてあり、そこが社会に出ていない身としてはわかりやすかった。

  • デザイン思考の定義について

    pp.24
    【イノベーションを起こすための3つの輪】
    「欧米のデザインスクールにおけるカリキュラムを理解する上で、基本的な考え方が『イノベーションを担う3つの輪』です。『デザイン、ビジネス、エンジアリングの3つの要素が協働することでイノベーションを生み出すことができる』」
    ・デザイン:構想
    ・ビジネス:商売
    ・エンジアリング:実現

    pp.40
    【デザイン思考はハイブリッド思考法】
    「ID(イリノイ工科大 デザインスクール)に通うデザイナーが目指す思考スタイルは、左脳と右脳の両方を活用したハイブリッドな思考です。」
    左脳の論理的思考と、右脳の創造的思考が合わさったのがデザイン思考


    pp.76
    【デザイン思考とは型である】
    「デザイン思考のプロセスを学ぶことは、柔道でいう『型』を習うようなもので、型の練習を繰り返しながら、最終的にはその心構えを学ぶというようなことではないかということです。」


    pp.93
    【デザイン思考とは世界をちょっと良くするためのもの】
    「デザイン思考とは『人間中心デザイン』とも呼ばれていましたが、人間中心という言葉の魂にある「人間が常に中心にあり、より人間らしい生活を構想し、それを実現するためにデザインの力を使う」という面が非常に重要だと思います。」

    pp.99
    【デザイン思考は繰り返し繰り返し行うもの】
    「デザイン思考のプロセスは、ステップではなく、何度も行き来を繰り返して質を上げていくものなので、同じガイドでも地図というよりは羅針盤に近いものです。」


    pp.102
    【デザイン思考の目的はゼロベースで発想すること】
    「デザイン思考によるデザインプロセスを実践する目的は、『人の生活に寄り添った商品やサービスを、ゼロベースで発想する』ことです。」
    ただゼロベースで発想するのではなく、リサーチを行って得た具体的なインサイトに基づいて発想する


    pp.105
    【「客観的な正しさ」よりも「主観的で面白いストーリー」を集める】
    「デザイン思考においては、誰もが同意できる『客観的な正しさ』よりも、アイデアを生み出すためのユニークな『主観的だが面白いストーリー』を集める」
    とにかく枠組みを外し、新たな視点を獲得することが重要


    pp.191
    【デザイン思考はビジネスマンに価値がある】
    「『デザイン思考』は、デザイナーが0から1を生んでいくために無意識に実践している考え方を、ビジネスマンが新たな価値を生み出すための方法論として整理してものです。」



    「枠組み」を外す記述の抜粋


    pp.44
    【自分が見ていた世界と違う幅の世界に触れる】
    「重要なことは、普段自分が無意識に接している世界とまったく違う振れ幅の世界に触れることで、発想を広げることができます。」

    pp.58
    【前提を壊すことで新たなアイディアを生む】
    「既存のビジネスを壊すような飛躍した大きなアイディアを、いきなり自分だけで出すのは難しいことです。それは無意識に今の常識を前提としておいてしまっているためです。」

  • わかりやすかった

  • デザイナーの思考法:インプット×思考のジャンプ→アウトプット
    インプット:まず情報をたくさん集める。情報にたくさん触れることでアイデアが生まれることもある。
    思考のジャンプ:言葉であれこれ考えるより、ビジュアルを見て考えるほうが飛躍しやすい。
    アウトプット:印象的なストーリーテリング。実物模型作成。「ビジネスモデルキャンパス」も役立つ。
    リサーチ・分析・統合・プロトタイピングの4ステップを相互に行き来する。
    リサーチ:特徴あるユーザの生活に徹底的に共感し、コンセプトを考える上でよい切り口になるような生活者のストーリーを発見し、つむぎだす。
    分析:印象的な生の声やストーリーを集めたり、生活者の印サイトを想像し、できるだけ生の温度感覚のまま、一緒にその意味を考える。
    統合:リサーチで間万だインサイトの関係性をずじし、1枚のビジュアルで表現。

  • 職業柄社内でデザインに関する研修をもう5度以上行った事があるが基本的にこちらの本をベースとして伝えてるフシがある。デザイン思考の捉え方がメタファーに満ち右脳的でとてもデザイン思考にマッチしてる内容で親しみやすく読みやすいし好きである。

  • ・どのようにビジネス思考とデザイン思考を融合するか
    →p.192
     デザイン思考をしっかり実践しようとすると時間もお金も足りなくなるため、デザイン思考の一部だけを取り入れたり、簡易な形で取り入れてみる。

    ・イノベーションを担う3つの輪p.199
    デザイン:what to do
    エンジニアリング:how to make
    ビジネス:how to maximize


    chapter4
    割とアナログだったので、これをうまくデジタルにできたらいいな。
    アナログもデジタルも両方同期できちゃうような。
    そういえば最近そういうカレンダーができたっていうニュースがあった気がする。

    p.193
    忙しい日常の中でデザイン思考を実践するコツ

    1.自分が想像力を持っていることを信じ続けることを強く決意する
    2.日々、旅人のような気持ちで、周りの世界から新しい発見を探そうとする
    3.常にリラックスし、周囲にオープンな雰囲気をつくりだす
    4.ユーザーに寄り添い、共感しようとする
    5.まず、現場に行って観察しようとする
    6.「なぜ」を繰り返す
    7.目の前で問題が見えていても、視点をずらして、本質的課題に置き換える
    8.自分の想像力を応援してくれるネットワークをつくる
    9.偶然の出会いを大事にする

    →山田、あゆんさんはできてる
     あゆんさんがデザイン思考、小西さんがビジネス思考


    【メモ】
    ・プラットフォームとデザイン
    →プラットフォーム自体のデザインはできる(ex.airbnb)が、その中にある1つ1つのコンテンツは画一なものなのではないか…?

  • 先生に勧められて読んだ。デザイン思考の方法論だったらわかりやすくて面白いし良書かも

  • ◯具体と抽象の振れ幅、現実と未来の振れ幅(100p)

    ◯日々生きているその瞬間に自分が見ている情報が、新たな創造の種になるものであり、ネタになりうるということに気づいたときから、私の生活が変わりました(224p)

    ◯生活や環境に不満を感じたときには、愚痴を言う前に「本当の課題はなんだろうか?解決策を考えてまずは小さくても作ってみればいいや」と思えるようになりました(227p)

    ◯ビジネスマンにとって、デザイン思考を実践する意味は、職場や生活を通じて、自分が子ども時代は持っていた右脳の創造的な素質を解放し、どんな環境にいても自分は幸せに感じて生きる力を習得するということ(233p)

  • 一昔前のロジカルシンキングブームも一段落し、昨今ではデザインの重要性が叫ばれている。情報資源アクセスの地域的垣根も低くなり、スマートフォンとSNSが普及し、如何に直感的に使えるかのUXやCXがキーファクターになりつつある。ピクトグラムが増えているのもその一環だろう。

    著者は、P&Gのマーケティングアナリストからイリノイ大学でデザインを学ぶというユニークなキャリアの持ち主だ。ニュータイプのビジネスマンである。

    しかし語るにふさわしいキャリアを持つにも関わらず、本書のグランドデザインが儘なってない。デザイン思考を掲げながら右脳思考や発想方法のトピックを重ねており、散漫な印象を受ける。書かれているのも要は『リーン・スタートアップ』だ。後半のキャリア論は面白いがこれも唐突な話題にも感じる。

    両脳思考が出来る貴重な人材であるのだから、佐宗氏ならではのビジネス現場での適用事例や左右の思考コンバージェンスなどの話が読みたかった。次回作に期待したい。

  • 複数の知り合いに勧められ。結果的に、転機のきっかけとなった一冊。
    「デザインは、それだけで世界を良いものに変えることができるような大きな変化をいきなり生み出すことは難しくても、日常の課題を確実に解決することで、世界を"ちょっと良いものにしつづける"ことなら可能です。」

  • 想像していた内容と違い、割とプロトタイピングの話が書かれていました。
    Web業界の方はプロトタイピングの別の本を読んだ方が良いと思います。
    プロトタイピングという考え方がない方にはオススメ。

  • デザイン思考の入門書。実際に身につけるにはワークショップなどに参加する必要があると感じた。

  • デザイン思考プロセスが参考になる。
    具体モード・知る(浸る)
    →抽象モード・知る(消化する)
    →抽象モード・作る(凝縮する)
    →具体モード・作る(かたちにする)

    コンサルの仕事でも、asisからtobeに一息に行くんじゃなくて、一旦抽象化してからの方が良いという話があったのを思い出した。今度何かを提案するときは、このプロセスを踏むようにしよう。

    以下、引用
    当たり前の話ですが 、いくらビジネスの成果を上げ 、いかに評価をされたとしても 、それは自分の人生の充実や幸せとは関係がないことです 。

    やっぱり自分がどうなりたいかが重要なのか。周りが求めるものになる、という考え方はある意味楽なんだけども、それだといいように使われて終わりみたいですね。いっぺん真剣に考えてみる必要があるなあ。

  • 最近デザインという言葉が拡大解釈されるようになってきて、単にパッケージや紙面のデザインだけではなく製品のコンセプトから使い方までのクリエイティブな部分が、すべてデザインの範疇に入っている。いや前からそうなのかな?でも最近クローズアップされてきたのは、やはりジョナサン・アイブ等のデザイナーが表舞台に出始めたからなのかも。この本はクリエイティブな思考を持つための道具やら考え方の練習が書いてある。これがなかなか難しいけど、右脳を鍛えて日々感性を高めていきたいなと思った。

  • デザイン思考のやり方、考え方について語られている。発想を行うときのプロセス?が筆者の経験とともに紹介されていてわかりやすかった。デザイン思考の根底にある「徹底した人間中心主義」に感銘を受けた。サクッと読める、良書。

  • ビジネスには ロジカルシンキングだけではなく
    デザイン思考(デザインシンキング)が必要と言う。

    たしかに 「共感消費」をつくっていくためには
    デザインシンキングがいるのだと思う。

    しかし、まだまだはっきりしていないような気もする。
    というか、充分な成果が上げられていないと言うべきか。
    源流が KJ法 そして 手法が ポストイット法。
    ふーむ。
    左脳から 右脳でのアプローチ。
    確かに、いっていることがわかるが、
    そして、それが必要だとわかるが。
    どうも、『コトン』と納得がいかないのは なぜだろう。
    簡単に言えば、参考になる 意見と言えばいいのかな。

    もう少し、きちんと整理すると 面白くなるはずだが。

  • Facebookユーザー数 13億人
    Instagram 3億

    コンピュータの進化によって消える職業調査

    代替されにくい職業

    1.ヘルスケアやラーニング、心理学などの人との「深い」コミュニケーションにかかわる仕事

    2.デザインやエンジニアリング、経営などの「創造」の中心にいる仕事


    21世紀型スキル

    クリティカル思考と問題解決
    創造力とイノベーション
    コラボレーション
    意思決定と学習
    ICTとデジタルリテラシー
    コミュニケーション


    『脳の右側で描け』(ベティ・エドワーズ著、河出出版)


    新しいことを考え出す「6つの感性」

    機能だけでなく「デザイン」
    議論よりは「物語」
    個別よりも「全体の調和」
    論理ではなく「共感」
    まじめだけでなく「遊び心」
    モノよりも「意義」


    日本企業の独特のカルチャーや特徴
    (経営共創基盤CEO冨山和彦)

    ・現場主義、現物主義 現場を知っている人が大事という考え
    ・人のつながりを大切にしたうえで仕事をする。いろいろな人をつなげて、ボトムアップで仕事を前に進める
    ・独特の目標にフォーカスするのではなく、人や環境に合わせていろいろな目的を同時に達成しようとする。


    外資系メーカーの文化

    ・マーケットの全体像を知り、データで語れる人が偉いというい考え
    ・組織図を理解したうえで、もっともパワーがある人を落として仕事を前に進める
    ・何かのアクションをするときには1つの目標を絞って徹底的にフォーカスすべし


    市場動向

    3C

    Consumer:消費者、
    Competitor:競合
    Company:自社

    環境変化については

    PEST分析

    Political:政治
    Economic:経済
    Social:社会
    Technological:技術


    デザイナーの常識

    □まだ世の中に存在しないものを考えるのが好き
    □一度作ってみてそれをどんどん改変していく
    □あらゆるものごとから刺激を得て、発送する
    □発送にもユーザーを巻き込んでいく
    □話を聞いた人数はこだわらない


    ビジネスマンの常識

    □いまある物事の効率性をいかに上げるか
    □失敗のないように積み上げ型で考えて行く
    □リサーチから分析し、結論を導き出す
    □アイデアは自分たちで作ったものを検証すべし
    □必要なサンプルをちゃんと準備


    「ツールや環境は1日で最も長い時間接するものだ。そこにこそ、投資すべきだ」ベン・ヤコブソン(コニファーリサーチ創業者)



    デザイナーの常識

    □学びやアイデアが見える化できる環境
    □ホワイトボードなどの書き込みが自由にできる環境
    □体を動かしやすい環境
    □刺激物をたくさん置く環境
    □ラフなアイデアやプロトタイプを気軽に見せ合う
    □メモは手書きでポスト・イットやノート図で


    ビジネスマンの常識

    □会議室は、意思決定のために大人数が入る場所が良い
    □会議室は必要に応じて取ればよい
    □机や椅子を配置する
    □必要ではない資料は用意しない
    □アウトプットの議事録を大事にする
    □メモはパソコンで

    仕事のやり方の弱点:情報処理を計画的にやらない、


    『発想法ー創造性開発のために』川喜田次郎著、中公新書⇒デザイン思考に興味ある人にお勧め。

    『日本人は、いざという土壇場のところでは、理論はとらずに『実感信仰』をとるくせに、表面的にはいかにも理論を信じているように自分も思い込むし、時にはそのようなジェスチャーもする
    ... 続きを読む

  • 昨今のビジネス界におけるバズワードの1つが「デザイン思考」であるということに疑問を持つ人は少なくない。その「デザイン思考」について、P&Gのブランドマネージャーを経てイリノイ工科大学デザイン学科修士課程を修了した著者が、曖昧な「センス」に依存するような思考法ではなく、明確な方法論を持ち、再現性の高い手法であることを示す概説書。個人的には、経営コンサルティングファームとデザインファームが競合する、もしくは協業する余地がどんどん高まっており、経営コンサルティング側から、どのようにデザインファームのノウハウを吸収できるのか、という課題意識の元、本書を読み進めた。

    類書と比較しているわけではないので印象論になってしまうが、ここでの「デザイン思考」のプロセスは極めて具体的であり、おぼろげな全体像がクリアになる印象を受けた。インプット・プロセス・アウトプットというそれぞれの次元における具体的な方法論・アプローチは非常に面白い。特に、インプットにおける文字情報以外のビジュアルデータの扱いや、アウトプットにおけるプロトタイプの重要性等、即効性のあるtipsも多く得られた。

  • 【分類】336.1/Sa81
    社会科学のコーナーに並んでいます。

  • 各章末の「デザイナーの常識」、「ビジネスマンの常識」が良い。
    後者は、日本のビジネスパーソンの典型的行動パターンである。
    他のレビューには辛辣なものがあるが、本書は、デザイン思考という切り口の概要を知る上で有用だ。
    細かなテクニック(トレーシングペーパーの利用)も結構、面白い。
    クリエイティブな仕事にかかわる人には参考になる部分がきっと見つかると思う。

  • ちょっとカタカナが多いが、全体的に読みやすい。端的に内容を述べると「これからのビジネスパーソンはデザイナー的な思考を身につけるべきだよ!」ということ。本書ではその理由とそうした考え方を取り入れている人の成功実績、さらにデザイナー的な思考とはなんなのか、そうした思考法を身につけるためには具体的にどんなことをすればいいのか、ということが説明されている。ただ、なんとなく、本書を読んで誰が実践しようと思うのかはちょっとわかりにくいかな。

  • さらさら読めるのにワクワクする良本。
    クリエイティブマインドセットを読み直そう。そして実践しよう。

  • なぜ今デザイン思考が必要なのか
    ①先進企業のビジネスにイノベーションが求められている
    ②誰でもコンテンツを作れる時代
    ③AIとの仕事の奪い合い
    ④物質的な満足から精神的な満足

    イノベーションの3つの輪

    1、構想(デザイン)➡人間にとって望ましい姿を構想する
    2、実現(エンジニアリング)➡ 再実現性を持って実現することを可能にする
    3 商売(ビジネス)➡社会に影響力を与えていく仕組み

    design思考=右脳と左脳を意識した

    1インプット
    2ジャンプ(2つの違ったものをつなげる)
    3アウトプット(ストーリー)
    ➡すべての情報を厳密に処理しない
    不明瞭な状態を恐れない

    プロトタイピングメソッド
    議論などしないでいきなり手を動かす

    創造的問題解決
    ➡ユーザーへの理解が優先

    リサーチ(トレンド把握)➡分析(共感マップを活用する)➡編集(気づきの再定義、KJ法、ペルソナ)➡プロトタイピング(手を動かしながら作ってみる)

    想像力のヒント
    日々周りから新しい発見を探そうとする
    常にリラックスし、オープンな雰囲気を作り出す
    ユーザーに寄り添い、共感を得る

    H型”つながりやすい人材”

全43件中 1 - 25件を表示

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由を本棚に「積読」で登録しているひと

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由のKindle版

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由のAudible版

ツイートする