鬼速PDCA

  • 719人登録
  • 3.92評価
    • (44)
    • (57)
    • (35)
    • (9)
    • (1)
  • 63レビュー
著者 : 冨田和成
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2016年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844377498

鬼速PDCAの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • PDCAの回し方、各フェーズの意味や行動を徹底的に紹介した一冊。正直なところ真新しい話はないが、本来PDCAとは40,50代の能無し中間管理職が偉そうに語ってるような薄いものではなく、本書の内容のように徹底的に行動とそのフォローをするものだと再認識させられた。要はより短い期間で徹底的にPDCAのサイクルを見直すということ。営業やマーケティング等で成果を出し続けている人たちは実はそんなに斬新なアイディアや行動をしてるわけではなく、シンプルな仕事の積み上げだと改めて考えた。著者は野村証券で好成績だったようだが、地道に何かをやり続ける力(GRIT)のサポートツールとしてPDCAを活用できたらいいと思う。
    実際にこの表に書き出してみなさいなど、読みながら雛形を作れる書き方だと尚良かった。

  • めっさ売れてるから、改めて読み直した。
    割と普遍的なところまで含められてるところと、何よりも現実に即しているから、取り入れやすそうに感じるところがいいのだろう。

    まぁ、やってるとこは、当たり前にやってるんだけど、そういう現場のほうが珍しいのかもしれないね。数字文化は、日本はまだまだか。

  • 「PDCAは前進を続けるためのフレームワーク」
    その具体的な進め方を分かりやすく解説した良著。

  • パワーフレーズ
    「実際には、あらゆるPDCAには、さらにそれを含む上位のPDCAと、それを細分化した下位のPDCAがある」

    PDCAとは何かを考える上で非常に大切な一冊ですが、結局、PDCAを実際に回しこむためには個々で実施して掴むしかない、そう思わせてくれる一冊でもあります。つまり、多くの人にとってのPDCAのハードルに応えてはたぶんいない、そういうものだと思いますが、少しタイトルの割に残念でした。

  • Audibleで要約版を聞いた。何処かで聞いたことのあるようなことばかりなのだが、的を得たことがコンパクトにまとまっていて良い。
    PDCAというよりタスク化と計画、つまりPの本のような気はする

  • 説明をコンパクトにして1/3くらいの薄さにできそう。

    PDCAを回す際、インパクトにより優先順位付けと取捨選択を行う点は参考になった。

  • たかがPDCAと侮るなかれ。私自身何百回とと回してきたけど、全然鬼速の域まで到達していなかった。
    実現度をどうやって高めるか、速さをどう出すか、まだまだ奥が深い。
    ・PDCA自体も進化すること
    ・やり方が分からないからって何もやらない理由にはならない
    ・優先順位はインパクト、短時間、気軽さ
    ・時間は、タイムマネジメント、モチベーション、ツールによって構成される
    ・行動に移してるかどうかを見える化するために逐一、KDIを見ていく。

    KPIだけでなく、色々な手法を考えるのは役に立つ

  • PDCAは仕事上なんとなく必要だのレベルから
    PDCAを回してみたいと思うようになる本。

    しっかりと実行に移せるように説明してあるし
    しっかりと考えられている本だと思います。

  • 読書メモ
    PDCAサイクルを回している限り、ゴールに到達するまで前に進む。

    計画は大きな目標にむけてできるだけ具体的に。仮説が間違っていても後で修正できる。
    実行は複数のアクションに分解し、具体的なタスクに落とし込む。
    検証は疑心暗鬼で、もっと改善できないかの視点が必要。
    調整は、検証結果を踏まえて、ゴールや計画や行動を修正して実行に結びつける。

    ■計画
    期日を決め(1~3ヵ月くらいが理想)、ゴールを定量化し、それらが適度に具体的かを検証する。
    現状とのギャップを洗い出し、ギャップを埋める課題を考える。
    課題をインパクト、時間、気軽さから優先度付けして3つに絞る。
    課題をKPI化する。KPIは頻繁に検証でき成果が数字で現れるものにする。
    KPIを達成するための解決案を考える。
    解決案をインパクト、時間、気軽さから優先度付けして4つ程度に絞る。
    計画を見える所に置く。
    上位のPDCAを再確認し、無駄なPDCAをなくし、自信を持ってPDCAを回せる。
    時に思考のリミットをはずす事で新たな課題を見つける。

    仮説の精度をあげるにはゴールを因数分解で分解する。課題の見落としを防ぎ、ボトルネックをみつけ、PDCAが早く回る。
    なぜなぜ5回で深堀りする。
    要因はwhy、解決策はHOWで見つける。
    課題発見のなぜなぜの一段目はMECEを徹底する、プロセスで切る、質✕量で切る。
    マインドマップでツリーで整理する、時間を決めて、気になったら分解し、ワクワクしながらやる。

    ■実行
    解決案→Do→Todoタスクまで落とし込まないと着手しにくく仕事が抱えっぱなしになる。
    悩むならやってみて、仮説の精度をあげる。
    Doが多いようならインパクト、時間、気軽さで優先度をつける。
    KDIで実行度合いを見える化する。
    タスクとは期日があって、スケジュール表に書き込めるレベル。ここまで来るとやらざるを得ない。
    人に関するリスクも課題として必要。
    セルフトークでPDCAを促進する。
    Todoが増えすぎたらアイスボックスで絞り込む。

    タイムマネジメントは①捨てる②入れ替える③圧縮する。
    工数棚卸しで無駄な時間を少なくする。
    重要緊急マトリックスでタスクを減らす、入れ替える。
    重要、非緊急領域は仕組み化したり、予定を入れて緊急化して継続する。

    ■検証
    KGI、KPI、KDIの検証を行う。
    検証頻度に合わせた目標設定をする。
    特にKDIの達成率を確認し、出来なかったら要因を突き止める。時間があったら出来たか?出来なかったらなぜか?なぜなぜ5回。
    人、情報、地域、時間、ターゲット、コミュニケーションに見えない課題が隠れている可能性がある。因果関係がつかめてない場合もある。
    出来た要因も考える。いい所を伸ばす方が効果がある場合がある。
    KPIの検証も可能な限りで出来るだけ早く。
    気付きがあったら、メモをしてアウトプットし小さいPDCAを回す。
    考え抜いた末のミスはOK。
    ミスした要因を精神面に求めない。

    ■調整
    検証結果に応じてゴールの調整、計画の大幅見直し、Todoの調整、調整必要ない、に分かれる。
    調整案に優先度を、つけ実行する。
    担当者と期日を決め実施する。
    新しいものに目移りしてないか、間違ったものばかりに目が行ってないか?に注意する。

    半週ミーティングで進捗を確認する。
    他にどんな課題があるか、更に解決案があるか等、発想を横にも広げる。


    マインドマップ xmind
    Todoリスト TODOIST

  • PDCAはビジネスでは
    あたりまえのように聞く言葉ですが、
    実際にキッチリ回せる人は多くありません。

    だからこそ、本当にPDCAを回せる力がつけば
    必ず周りに追いつき追い越せます。

    本日ご紹介する本は、
    PDCAを回すための
    考え方や具体例を紹介した1冊。


    ポイントは
    「因数分解」

    PDCAを回すのは、
    目的、目標があって
    それを達成するための課題を
    ひとつひとつ解決していくため。

    まず、ゴールと現状のギャップを明確にして。
    その要因を小さく分解していくこと。

    そして、分解した要因を、
    ひとつひとつ具体的な解決策に
    落とし込むみ、実行する。

    これがPとD。



    「振り返り」

    多くの人は振り返りが苦手。

    まず達成率を確認する。

    これをせずに次の仕事を始めると
    単なるPDの繰り返しになります。

    達成率を確認して
    できなかった要因を突き止める
    それから、できた要因も突き止める

    できなかった要因は、どうやったらできるようになるか
    できた要因は、どうやったらさらに成果を出せるか

    CとA、これが最も重要です。

    ぜひ、読んでみてください。

    ◆本から得た気づき◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    毎日欠かさずPDCAを回していれば、数年のギャップなどあっという間に埋められる
    こまめに検証を行うことで実行サイクルの無駄打ちを減らすことができる
    解決策に自信がなくても、さっさと実行に移して検証すればいい
    ゴールと現状のギャップを分解してしまえば、上りやすい階段の積み重ねにすぎない
    ゴールを意識付けすると生活のあらゆる場面がヒントの源泉になる
    具体的な解決策があっても、タスクレベルまで落とし込まないと実行できない
    検証に失敗する2パターン=①検証しない ②検証しかしない
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆目次◆
    1章 前進するフレームワークとしてのPDCA
    2章 計画初級編:ギャップから導き出される「計画」
    3章 計画応用編:仮説の精度を上げる「因数分解」
    4章 実行初級編:確実にやり遂げる「行動力」
    5章 実行応用編:鬼速で動くための「タイムマネジメント」
    6章 検証:正しい計画と実行の上に成り立つ「振り返り」
    7章 調整:検証結果を踏まえた「改善」と「伸長」
    8章 チームで実践する鬼速PDCA
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全63件中 1 - 10件を表示

冨田和成の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ベン・ホロウィッ...
三谷 宏治
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

鬼速PDCAを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鬼速PDCAの作品紹介

野村證券で最年少記録を出し続けた、努力を100%結果に変えるフレームワーク。3日ごとの振り返りで、自分もチームも10倍速で進化する。

鬼速PDCAのKindle版

鬼速PDCAのAudible版

ツイートする