文学効能事典 あなたの悩みに効く小説

  • 234人登録
  • 3.82評価
    • (3)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 金原瑞人  石田文子 
  • フィルムアート社 (2017年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784845916207

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

文学効能事典 あなたの悩みに効く小説の感想・レビュー・書評

  • 様々な悩みや症状に効く古今東西の名作を勧める、一風変わった読書ガイド。
    面白かったー!
    飛行機に乗るのが怖い時に「夜間飛行」なんて絶対だめなやつ!(笑)
    文章も軽妙で、この本自体の読書をまず楽しめる。
    読みたい本リストがどこまでも伸びていくことだけが欠点か…。
    既読の本が大してないのは覚悟していたが、まずタイトルすら知らない本の多いこと!
    読書の森はどこまでも深い…。

  • 人が本当に何かを学んだときって、誰かから正しいことを教えてもらったからって場合もあるけれど、どちらかというと、反面教師的に正しくないものを見たり聞いたりしたことによって、逆に自分にとっての、正しい方向を学ぶことのほうが多いと思う。僕が単にひねくれものなのかもしれないけれど、正直なところ、教師よりも反面教師に助けてもらったことのほうが僕は多い。

     例えば、僕は以前かなりまずいくらのレベルでギャンブルにはまっていたことがある。その結果散々な目にあったわけだが、そこから抜け出る事が出来たのは「カイジ」というマンガの中のある一場面が、妙に頭に焼き付いて離れなかったからだ。そこで描かれていたギャンブルの闇に取り込まれている人たちの、姿と言葉はとても怖かった。そうはなりたくないと思った。それで僕はギャンブル依存症から抜け出たわけだ。つまりマンガが僕のギャンブル依存症という病気を直す薬となったということになる。

     つまりマンガでも小説でも映画でもだが、物語というものは人の病気やケガを治す力をもつ場合がある。それはおそらく教科書のように、正しい事だけを書かなくてなならない、という縛りがないからだ。物語は自由だ。ストレートに正しいことも描かれるが、全く正しくない残酷で身の毛もよだつものも描かれる。そこから教訓を得る、または自分自身の傷を癒すための薬とするのかは、物語を体験するものの側にまかされている。物語をどう書くかも、どう読むかも、これもまた自由なのだ。

     今回ご紹介する本は、人の心の病気やケガを治療する効果のある文学作品を、著者の治癒効果の解説(つまり薬効だ)とともに読める一冊である。中には劇薬と思われているものもある。しかしその劇薬にもある種の治療効果があることを教えてくれる本でもある。

     そしてこの本の特筆すべき点としては、著者があげている心の病気やケガのバリエーションが豊かなことである。その項目が目次でずらりと並んでいるのだが、それを見ているだけで面白い。そしてその中でドキッとする項目だけを開いて読むというのも楽しいかと思う。

     紹介されている薬効のある本には、聞いた事もない本もあれば、超有名な古典もある。日本人作家としては安部公房と村上春樹が1作ずつ選ばれている。ふたりがどんな症状に効くのか、気になる方は本書をご覧になってみて下さい。

    以下に私が気になった症状と薬効のある本のリストをまとめます。
    ☆買物依存症
    【夜はやさし F・スコット・フィッツジェラルド】
    www.amazon.co.jp/dp/486182480X
    当時最も美しいと言われていたニコルという女性でさえ、自分の価値を容姿やファッション以外に見いだせなかった、という姿を読んだ後どう感じるか?
    【アメリカン・サイコ ブレット・イーストン・エリス】
    www.amazon.co.jp/dp/4047912107
    ここに登場するサイコパスにとっての人生の価値は、いかにより良いレストランで食事が出来るか?にかかっている。

    ☆希望を失ったとき
    【ハツカネズミと人間 ジョン スタインベック】
    www.amazon.co.jp/dp/410210108X
    ジョージは、力はあるけれど頭は鈍いレニーに、二人が将来住む事を夢見る居心地の良い家の話を、時折しなければならない。誰の心にもレニーは住んでいる。だから我々は時に自分にも他人に対してもジョージになって希望を語らなければならない。

    ☆窮地に陥ったとき
    【パイの物語 ヤン マーテル】
    www.amazon.co.jp/dp/4812415330
    ピンチだと思った時は、大海原に浮かんだ船の中で虎と航海した少年の機転や勇気を思い出そう。

    ☆罪悪感に陥ったとき
    【罪と罰フョードル・ミハイロヴィチ ドストエフスキー 】
    www.amazon.co.jp/dp/4334751687
    罪悪感と羞恥心は社会をまとめるための社会的道徳として不可欠なものだ。しかし行き過ぎた罪悪感はよくない。ラスコーリコフから少しだけソーニャをお借りして、罪を告白し、罪をあがない、罪悪感を許そう。

    ☆自己中心的なとき
    【カッコーの巣の上で ケン キージー (著),】
    www.amazon.co.jp/dp/4572008531
    「笑いを失うってことは自分の足場を失うってことだ」自分がどういう人間として記憶に残りたいのかを考えよう。まわりの人たちの人生に喜びと笑いをもたらした人か、それとも自分の人生だけがうまくいくことばかり考えていた人間としてか?

    ☆周囲にとけこめないとき
    【かもめのジョナサン リチャードバック】
    www.amazon.co.jp/dp/B01916B8V8
    人と違うことをプラスと思えれるようになれば人生はずっとうまくいく。他の人がやっていないことで、自分に出来る事があればもっと取り組もう。

    ☆食欲がないとき
    【山猫 (岩波文庫) トマージ・ディ ランペドゥーサ】
    www.amazon.co.jp/dp/4003271610
    年老いた貴族による欲望への賛美にうっとりしよう。何よりも大切な命そのものへの欲望を再発見しよう。

    ☆ズボラで困る
    【星の王子さま サン=テグジュペリ】
    www.amazon.co.jp/dp/4102122044
    小さな星のたったひとつの花に水をやるように、自分のまわりの花に水をやろう。時間と手間をかければ、ただのものが大切なものになることを実感できる。もしも世話を怠ったらある朝目覚めて、まわりのものすべてが色あせて見えて大切さを感じられなくなる。自分の星をB612くらい大切にしよう。

    ☆チャンスをつかむのが下手だと思ったら。
    【窓から逃げた100歳老人 ヨナス ヨナソン】
    www.amazon.co.jp/dp/4890137068
    「これをやるべきだろうか?」という問いが生じたら、答えは必ずYES。

    ☆憎しみを感じたら
    【一九八四年[新訳版] オーウエル】
    www.amazon.co.jp/dp/4151200533
    憎悪習慣において、大衆の憎しみが、いとも簡単にユーラシアからイースタニアへ変わって行く 様子を観察しよう。そして憎しみの感情と憎しみの対象に本当に関係があるのかを考えよう。

    ☆腹が立ったとき
    【老人と海 アーネスト ヘミングウェイ】
    www.amazon.co.jp/dp/4334752993
    老人とともに船に乗り、少年や海や魚に対する老人の愛を目撃しよう。過去の自分でも、今後なりたい自分でもない、今の自分を受け入れよう。人は時にとても遠い所まで行ってしまうこともあるが、帰ってこられないわけでもない。老人が海辺のライオンを思い浮かべたように、腹が立った時は自分の好きなものを思い浮かべよう。

    ☆悲観的なとき
    【ロビンソン・クルーソー  ダニエル デフォー】
    www.amazon.co.jp/dp/4087520463
    ロビンソンクルーソーのように紙とペンを見つけて、良い点と悪い点を書いてみよう。どんな現象にも何かしら感謝すべき点はあるはずだ。楽観的な考えを掘り起こして明るい見通しを発見しよう。

    ☆無意味なことをしてしまう
    【人生 使用法 ジョルジュ ペレック】
    www.amazon.co.jp/dp/4891762535
    こんな事をして何になるのか?と心配するのをやめて、その無意味さが提供する生活や突拍子もない出来事やこじつけを楽しみさえすれば、無意味な事自体が大きな喜びとなる。人生最後のパズルのピースがうまくはまらなくとも、そこにいたるまでの旅路には魅力的なものや、楽しい事で満ちている。

    ☆先送りしてしまう。
    【日の名残り カズオ イシグロ】
    www.amazon.co.jp/dp/4151200037
    先送りと忙しいことは関係ない。原因は感情にある。その仕事を意識的にまたは無意識的に不快な感情と結びつけているからだ。それは先送りしているうちにどんどん大きくなる。その結果として悲しみがこの小説では描かれている。不快な感情に手を差し出してあいさつしよう。心の中に招き入れ、席を与え、くつろがせよう。そして仕事にとりかかろう。そうすれば不快な感情は立ち上がり出て行くだろう。そして望ましい感情がやってくるはずだ。
    2017/09/15 13:40

  • 悩みに効くかどうかは別としても、読みたい本、読んでみたい本がたくさんみつかった。あ、それでもう、悩みのひとつは解消されてるのか。。

  • こんな気分のときにはこの本がおすすめ!という内容。出てくる本はすべてフィクションの小説で、自己啓発本などが入っていないのがよかった。洋書なのでもちろんお勧めされている本もほとんどが海外の名作だが、安部公房や村上春樹などちらほら日本人作家も紹介されている。

  • おいおい、こんなのまで症状にするのか!というところでまずひと笑い。
    おいおい、この症状の方にこんな本すすめちゃうのか!(なるほどやられたな、も、ちょっと待って大丈夫か、も、ある)でもうひと笑い。
    既読作品の場合は、おいおいこんなあらすじのまとめ方にするのか!でさらにひと笑い。
    日本語未訳本などは除いたらしいけれど、それでも充分ボリューミー。
    思い当たる症状があるときに、この本を開いてすすめられた処方作品を読んでみよう。
    間に挟まれているQ&Aコラムも良い。共感できる悩みが多すぎる。

  • ジャンルごとに、効能が期待される小説が紹介されている。
    途中のコラム「読書の悩み」(例、SFが嫌い、本を買わずにはいられない、など)も面白い。

    P204背が低いことで悩んでいるとき
    P229「虫垂炎のとき」

    外国文学の古典てきなものはすべて載ってるのかも~と思って読み進めると、日本の作家のものも取り上げられていてちとうれしい。
    特に「外国人嫌いのとき」に、『ビルマの竪琴』が選ばれていてうれしかった。

    他にも
    三島由紀夫『豊饒の海』
    村上春樹『ねじまきどり~』
    川端康成『雪国』なども

  • 請求記号:902.3/Ber
    資料ID:50087862
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

全7件中 1 - 7件を表示

文学効能事典 あなたの悩みに効く小説を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文学効能事典 あなたの悩みに効く小説を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文学効能事典 あなたの悩みに効く小説の作品紹介

読むクスリ、処方します。小説で愉しむ「病」と「悩み」の処方箋。

文学効能事典 あなたの悩みに効く小説はこんな本です

ツイートする