真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)

  • 3人登録
  • 3.50評価
  • 1レビュー
著者 : 高橋いさを 
  • ¥ 2,160 /
  • 論創社 /
  • 2010年01月発売 /
  • 237ページ /
  • Amazon.co.jp ・本 /
  • ISBN・EAN:9784846009526
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)

真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)の感想・レビュー・書評

  • あとがきに『一人の作家のなかにあるサニーサイドとダークサイドが一気に楽しめる構成になっているはずなので、笑って泣いてホンワカした後、身を凍らせて怖がってくれれば、うれしい。』とあったが、前2作、『愛を探して』と『あなたと見た映画の夜』は淡々とした雰囲気が漂い、最後の1作、『真夜中のファイル』(オムニバス)はもっと殺人行為に踏み込んで欲しかったと感じた。
    どの作品も起承転結の転が弱い感じもある。
    あと、『真夜中のファイル』中の『帰郷』と言う作品は、大正3年に書かれた『剃刀』(中村吉蔵 作)に似ている構成だったと感じたのは僕だけだろうか。

全1件中 1 - 1件を表示

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

逆転力 ~ピンチを待て~

指原莉乃(HKT48)

AKBというだけで敬遠しないほうがいい1冊

元AKB48、現在は博多を拠点にするHKT48のメンバーでありながら劇場支配人もつとめる21歳のアイドル指原莉乃がAKB加入前に2ちゃんねるに入りびたっていた話や、加入しても人気が出ない日々、そしてあの恋愛スキャンダルを隠すことなく自分の言葉で語っています。そしてこの本を通じて、指原莉乃が普通の女の子であり、そして常に周りの目を気にしながらも臆せずフラットに物事を見て動ける能力の高さが垣間見えます。
決して1番前に立てないタイプながらも周りを盛り上げようとする姿勢に、多くの人はたぶんこの本を読んで共感できると思います。
アイドルの企画本としてではなく、普通の女の子がアイドルグループに入ってしまいそして過ちを犯してもなお腐らず折れずにがんばりその足跡を自身振り返った記録の本として、いま自分の立ち位置に悩んでる人に手にとって欲しい。そう思います。