真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)

  • 3人登録
  • 3.50評価
  • 1レビュー
著者 : 高橋いさを 
  • ¥ 2,160 /
  • 論創社 /
  • 2010年01月発売 /
  • 237ページ /
  • Amazon.co.jp ・本 /
  • ISBN・EAN:9784846009526
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)

真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)の感想・レビュー・書評

  • あとがきに『一人の作家のなかにあるサニーサイドとダークサイドが一気に楽しめる構成になっているはずなので、笑って泣いてホンワカした後、身を凍らせて怖がってくれれば、うれしい。』とあったが、前2作、『愛を探して』と『あなたと見た映画の夜』は淡々とした雰囲気が漂い、最後の1作、『真夜中のファイル』(オムニバス)はもっと殺人行為に踏み込んで欲しかったと感じた。
    どの作品も起承転結の転が弱い感じもある。
    あと、『真夜中のファイル』中の『帰郷』と言う作品は、大正3年に書かれた『剃刀』(中村吉蔵 作)に似ている構成だったと感じたのは僕だけだろうか。

全1件中 1 - 1件を表示

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方

慎泰俊

この著者はマウスを使わずにエクセルを使います

エクセル忍者(名人)と呼ばれる著者が書いた、金融、コンサルタントのエクセルの使い方指南の本。
いわゆる、エクセルの入門編などの使い方の部分をカバーしつつも中級編の実際に実務に使う方法がかなり細かく書かれています。
著者は、エクセルをマウスを使わずに効率的に使っていたり、その方法やこの時はこんなショートカットを使う、など具体的かつわかりやすく図なども多く出ています。
そして、後半は財務、KPI分析などの方法をが書かれています。自分は「関係ないや」って思う人はちょっと待ってください。
少なくともエクセルで数式を使う人は絶対に自分の使い方を改めるポイントが見つかります。「こう分解すればわかりやすい!」「より深い分析ができる!」と読み終えた後に、あなたはふつうのエクセル使いからエクセル忍者になれるはずです。きっと。