真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)

  • 3人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 高橋いさを
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN:9784846009526

真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)の感想・レビュー・書評

  • あとがきに『一人の作家のなかにあるサニーサイドとダークサイドが一気に楽しめる構成になっているはずなので、笑って泣いてホンワカした後、身を凍らせて怖がってくれれば、うれしい。』とあったが、前2作、『愛を探して』と『あなたと見た映画の夜』は淡々とした雰囲気が漂い、最後の1作、『真夜中のファイル』(オムニバス)はもっと殺人行為に踏み込んで欲しかったと感じた。
    どの作品も起承転結の転が弱い感じもある。
    あと、『真夜中のファイル』中の『帰郷』と言う作品は、大正3年に書かれた『剃刀』(中村吉蔵 作)に似ている構成だったと感じたのは僕だけだろうか。

全1件中 1 - 1件を表示

真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)を本棚に登録しているひと

真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

ポテサラ酒場

マッキー牧元

いも感5、マヨ感3のポテサラが好きです

みなさんはポテトサラダ(ポテサラ)は好きですか?
私はポテサラが大好きです、居酒屋にいくといつもポテサラがあるか気になってメニュー表を探します。昔はボウルにたんまり入ったポテサラを食べるのが趣味でした。
そんなポテサラを愛してやまない、ポテトサラダ学会に所属するマッキー牧元さんが監修したこの本が『ポテサラ酒場』です。
都内中心ではありますが、いろんなお店のいろんなポテサラがお店の紹介とともに掲載されています。
ポテサラって、マヨネーズの量や味付けでとても個性がでる料理ですが、そのそれぞれのポテサラを「いも感」「つぶれ感」「マヨ感」「具感」とパラメーターで表現していて自分の好みのポテサラの傾向をつかめるかも!?