真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)

  • 3人登録
  • 3.50評価
  • 1レビュー
著者 : 高橋いさを 
  • ¥ 2,160 /
  • 論創社 /
  • 2010年01月発売 /
  • 237ページ /
  • Amazon.co.jp ・本 /
  • ISBN・EAN:9784846009526
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)

真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)の感想・レビュー・書評

  • あとがきに『一人の作家のなかにあるサニーサイドとダークサイドが一気に楽しめる構成になっているはずなので、笑って泣いてホンワカした後、身を凍らせて怖がってくれれば、うれしい。』とあったが、前2作、『愛を探して』と『あなたと見た映画の夜』は淡々とした雰囲気が漂い、最後の1作、『真夜中のファイル』(オムニバス)はもっと殺人行為に踏み込んで欲しかったと感じた。
    どの作品も起承転結の転が弱い感じもある。
    あと、『真夜中のファイル』中の『帰郷』と言う作品は、大正3年に書かれた『剃刀』(中村吉蔵 作)に似ている構成だったと感じたのは僕だけだろうか。

全1件中 1 - 1件を表示

本棚に登録しているひと

本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

私がモテてどうすんだ(1) (講談社コミックス別冊フレンド)

ぢゅん子

抱腹絶倒の恋愛(?)マンガ

ぽっちゃり腐女子が、お気に入りキャラの死亡がショックで寝込んだことで激やせして超絶美少女となって、まわりのイケメンからモテモテでハーレム状態となるマンガ。
もうこの1行ですべてを物語っている作品です。この主人公の腐女子ぶりのブレなさがこの1人の美少女を狙い争うイケメンたちを翻弄していきます。
特に、BL好きな主人公たちが争うイケメンたちを見てウットリしたり、クリスマスにデートに誘われても「コミケがあるので」と断ったりとなかなかの腐女子ぶり。でも、イケメンたちはそんなまっすぐな彼女にどんどん惹かれていきます。
3巻にはそんなイケメンに最大のライバル登場と、盛り上がり中です。
ぜひお腹を抱えて笑いたい人にはお勧めの恋愛(?)少女マンガです。