ネットでショップを開設する
セキュリティ
強化

ネットを楽しむ
プロバイダー
電子書籍
ネットで買物する
ネットで投資する
ネットでゲームする
スマホで遊ぶ
パソコンで遊ぶ

すべてのGMOインターネットグループサービス一覧

真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)

  • 3人登録
  • 3.50評価
  • 1レビュー
著者 : 高橋いさを 
  • ¥ 2,160 /
  • 論創社 /
  • 2010年01月発売 /
  • 237ページ /
  • Amazon.co.jp ・本 /
  • ISBN・EAN:9784846009526
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)

真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)の感想・レビュー・書評

  • あとがきに『一人の作家のなかにあるサニーサイドとダークサイドが一気に楽しめる構成になっているはずなので、笑って泣いてホンワカした後、身を凍らせて怖がってくれれば、うれしい。』とあったが、前2作、『愛を探して』と『あなたと見た映画の夜』は淡々とした雰囲気が漂い、最後の1作、『真夜中のファイル』(オムニバス)はもっと殺人行為に踏み込んで欲しかったと感じた。
    どの作品も起承転結の転が弱い感じもある。
    あと、『真夜中のファイル』中の『帰郷』と言う作品は、大正3年に書かれた『剃刀』(中村吉蔵 作)に似ている構成だったと感じたのは僕だけだろうか。

全1件中 1 - 1件を表示

高橋いさをの作品一覧

高橋いさをの作品ランキング・新刊情報»

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

Deep Water〈深淵〉

清水玲子

『秘密』の清水玲子さん、14年ぶりの完全新作ミステリー作品

次々と起こる凄惨な事件。捜査の先に、ある少女の過去へとつながっていく...
表紙のファンタジックなイラストとは裏腹に、つらい事件がどんどんと起きてしまう作品はまるで火サスを思い出してしまいます。
前作『秘密』とは違い、1冊でまとまった作品となっていて読みやすい作品となっています。
少女マンガではありますが、ぜひ男女問わずおすすめしたマンガです。