真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)

  • 3人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 高橋いさを
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846009526

真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)の感想・レビュー・書評

  • あとがきに『一人の作家のなかにあるサニーサイドとダークサイドが一気に楽しめる構成になっているはずなので、笑って泣いてホンワカした後、身を凍らせて怖がってくれれば、うれしい。』とあったが、前2作、『愛を探して』と『あなたと見た映画の夜』は淡々とした雰囲気が漂い、最後の1作、『真夜中のファイル』(オムニバス)はもっと殺人行為に踏み込んで欲しかったと感じた。
    どの作品も起承転結の転が弱い感じもある。
    あと、『真夜中のファイル』中の『帰郷』と言う作品は、大正3年に書かれた『剃刀』(中村吉蔵 作)に似ている構成だったと感じたのは僕だけだろうか。

全1件中 1 - 1件を表示

真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)を本棚に登録しているひと

真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

我が逃走

家入一真

ブクログの父が居場所を求めた逃走物語

家入一真さんの感動サクセスストーリー『こんな僕でも社長になれた』の続編で、その後の転落そして孤立していく物語が『我が逃走』です。
色々とお騒がせな人ですが、その裏であった転落そしてまわりとの孤立が描かれています。前作が山を登っていくようであるとしたら、この本はその山を転がりおちていくような気持ちになっていきます。
しかし、転落で終わるわけではなく、ずっと家入さんが求めていた「居場所」を求め、そして最後また救いがある本となっています。
なぜ救いがあり完全に孤立しなかったか、それはこの本を読んで見て頂きたいです。

本の詳細&レビューを読む»