真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)

  • 3人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 高橋いさを
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846009526

真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)の感想・レビュー・書評

  • あとがきに『一人の作家のなかにあるサニーサイドとダークサイドが一気に楽しめる構成になっているはずなので、笑って泣いてホンワカした後、身を凍らせて怖がってくれれば、うれしい。』とあったが、前2作、『愛を探して』と『あなたと見た映画の夜』は淡々とした雰囲気が漂い、最後の1作、『真夜中のファイル』(オムニバス)はもっと殺人行為に踏み込んで欲しかったと感じた。
    どの作品も起承転結の転が弱い感じもある。
    あと、『真夜中のファイル』中の『帰郷』と言う作品は、大正3年に書かれた『剃刀』(中村吉蔵 作)に似ている構成だったと感じたのは僕だけだろうか。

全1件中 1 - 1件を表示

真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)を本棚に登録しているひと

真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

真夜中のファイル―高橋いさを短篇戯曲集 (theater book)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

聖闘士星矢セインティア翔 1 (チャンピオンREDコミックス)

久織 ちまき

聖闘士星矢の裏側で起きていた聖闘少女たちの闘い

懐かしい方も多いのではないでしょうか、聖闘士星矢のスピンアウト作品で少女達が聖闘士(セイント)ではなく聖闘少女になって闘うバトル漫画『セインティア翔』を。 
『セインティア翔』は、聖闘士星矢と同じ時間軸の世界が舞台で、主人公の翔子が通う学園を舞台にアテナを狙い襲ってくる敵と戦う内容となっています。
主人公の姉 響子は子馬座(エクレウス)の聖闘少女(セインティア)として登場しますが、敵である邪神の手に落ちていき、翔子が子馬座の聖衣(クロス)を引き継ぎ闘いに身を投じていきます。
聖闘士星矢を読者にはおなじみの黄金聖闘士や教皇、そして当然青銅聖闘士も登場します。また、女性の聖闘士が顔を出してる!と驚かれると思いますが、聖闘少女という別物ですのでご安心ください。
本作は、当然ながら聖闘士星矢の作者である車田正美さんが原作ということで、正当な聖闘士星矢の系譜の作品となっています。また、マンガとしても完成度の高い作品となっており、聖闘士星矢を読んだ方はぜひ手に取っていただきたい作品です。

本の詳細&レビューを読む»