ブクログ大賞

こんな僕でも社長になれた

  • 786人登録
  • 3.94評価
    • (129)
    • (112)
    • (113)
    • (7)
    • (8)
  • 155レビュー
著者 : 家入一真
  • ワニブックス (2007年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847017094

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
東野 圭吾
千原 ジュニア
デール カーネギ...
劇団ひとり
有効な右矢印 無効な右矢印

こんな僕でも社長になれたの感想・レビュー・書評

  • ちょっと笑えて、ちょっと泣ける。面白くてあっという間に読めました。ギリギリ間に合った(^^)

  • 全部技術力が無いと出来ないと思っていた。
    サクラインターネットにしたってそうだ。
    まさか当時は技術力が無かったなんて思ってもみなかった。

    システムはすべからず全自動であるべきだと思っていた。
    まさか手動だとは。

    ガリガリだったと書かれていた文章を読んだ後、
    カバーを外すと写真がのっていた。これも意外だった。

    東京にあるものだとばかり思っていた。
    福岡が支店だとばかり思っていたが逆だった。

    GMOが10人の会社だとは知らなかった。


    楽しそうだ。

  • 僕自身も一時期引きこもっていた。
    中学は一日しかいかなかったので実質小卒。

    本書を読んで特別な人はいないと思った。
    自己啓発書によくあるような「成功者」像のようなものではなく
    紆余曲折。苦しみながらも自分の声を信じて生きてきた著者にとても共感を覚えた。

    正直、とくに立派な半生ではなく、むしろ妥協エピソードがとても多い。
    以前、渡辺美樹の自伝を読んだがこちらは苦労をしながら努力と根性と才覚で成り上がっていくサクセスストーリーという感じだったが

    本書は肩の力を抜き「成功者なんて本来こんなもんだよ」とカジュアルに表現している。
    そしてとても優しい人なんだなと感じた。

    就職活動に失敗して自殺する人が多いなか
    ひきこもって、妥協も沢山して、一般的に
    「馬鹿にされる」ようなところまで落ちても何とかなるし、うまくいけばお金持ちにもなれるということを体言している。

    この本を読んだら就職できなくても絶望することはないんじゃないかと思う。

  • とても読みやすく、すぐに読める。けれど、その内容は子ども時代から社長となったその後まで書かれているので、当然大変濃いものである。著者の人間性に文章を通しても魅力を感じる。こんな人と一緒に働きたいと思った。

  • 読みやすくって3日でお風呂で終えた。
    実質二時間位?
    ロリポップ!立ち上げあたりはITバブルにうまく乗ったねぇと思ったけど、このブクログも作った人だとは…、すごい!ブクログが大好きな分、ちゃんと時代にあった新しいサービスを作って行ける人なんだなぁと思った。昔の自伝のようにそれまで読んでいたので、一気にそこで今現在も頑張り続けているのを感じて、なんかぶわっときた。私の中ではそこが1番のこの本のオチだった笑

    最後の言葉も励まされる。
    逃げてもいいんだなぁ。

  • 独田ドメ夫とかのセンス(笑)。年が同じなだけに影響受ける。頑張るぞ!という気持ちになれた。

  • ロリポップ、ペパボの家入一真さん。
    元ダメ人間の話。共感マックス。

  • ヒカリエの紙媒体経由で読みました。
    元々引きこもりだったことは知ってたけど、「なぜ引きこもりになったのか? その状況をどのように打開したのか?」がしっかり書いてあって面白かった。でも、一回読んだらそれでいいやって思う。

  • いい話。Twitterなどの家入氏のイメージとは中身も外見も別人のようだ。変わったんだろうか…

  • 名作。一気に読めた。

  • 貧乏で学校いかない。
    俺より全然苦労してる。

  • 本書は家入氏の半生(生い立ち~ぺパボ売却まで)の話である。

    家入氏といえば、ぺパボ売却後も、飲食店をやったり、クラウドファンディングのcampfireを立ち上げたり起業家としても有名で数多くのファンがいる。私もそのひとりだ。家入氏が多くの人に愛される理由は「生き様がカッコいい」からだと思う。好きな事をやっていてかつ、起業家としても活躍しているそんな姿に人々は魅了されるのではないだろうか。

    では、なぜカッコよく見えるのか?それは、すべてをさらけだしているからだと思う。自分の弱さや失敗、家族の事、あまり他人には知られたくない事をオープンにすることは容易なことではないだろう。家入氏に限らず、私がカッコいいと思う人物はこのオープンさを持った人たちだ。多くの人はプライドが邪魔して自分を晒すことができない。しかし、何かをきっかけにその壁を乗り越えることができた時、人は変わることができるのではないだろうか。

    本書は悩める者(若者だけでなく)に勇気を与えてくれる本で、たいへん失礼ながら「家入にできて自分にできないわけがない」と感じた。起業家だけでなく、多くの人に何らかのヒントを与えてくれる本である。

    【個人的感想】
    現在、僕は起業家としてチャレンジを続けています。ユニクロの柳井さんが一勝九敗なら僕は連戦連敗といったところです。家入さんから本書に限らず、ツイッターやFBから多くの刺激を受けました。例えば、経営者とは人格者でかくあるべきなんて思っていたのに、ツイッターで、「う●こ」だとか「ち●こ」だとか平気で言っている姿をみて衝撃を受けました。こんなのでいいのか?と思いました。それをきっかけに僕は好きなようにやってみようと思うようになりました。本書の最後に「逃げることは、悪いことじゃない」という言葉がありました。これまで諦めるのはよくない、諦めたら終わりだとずっと信じてきたので、この言葉を聞いた時、気持ちがとても楽になりました。そう、自分が思うように生きて行けばいいのだと。

  • 一気に読みました。面白かったし、励まされました。仕事の壁にぶつかって、何とかしなきゃと思ってる今、本読んでる場合かと思いつつやめられなくて読んで、読み終わってわかった事は、今読むのが一番いいタイミングだったんじゃないかという事。八方塞がりで、読んでる場合じゃない人にオススメです。来た道なら戻れます。

  • 去年、ブクログに出会ってちょっと読書生活が変わり始めました。このサイトがどのようにして生まれたか興味を持ってたどり着いた本です。「こんな僕でも社長になれた」ではなく「こんな家入さんだから社長になれた」だと思いました。人間とはコミュニケーションする生き物であることが、凄まじい優しさで語られています。

  • ブクログやジュゲムなど、気になるサービスの運営会社を調べてみると、同じ会社に。その会社の社長さんの自伝。いい本でした。

    起業というと、スーパーマンが世界に革命を起こすようなものを想像することが多いかもしれませんが、決してそれだけではありません。家族を食べさせる分だけあればと生活を優先させて始めた会社(サラリーマンより時間の融通が利くと思ったらしい)が、ユーザーの声に応えていくうちに自然と育っていったそうです。

    あまり格好良くはない社長さんの記録ですが、それくらいの力加減がいい感じです。もちろんスタート時には大変だったようですが。

    奥さんがいい味出してます。こういう人いいですね。

  • 当ブクログの運営をしているpaper boy&co.の社長の家入氏の生い立ちからこれまでの歩みを綴っている。

    本当、”こんなにも”というくらい自分をさらけ出している内容でした。

    タイトルの「こんな僕でも社長になれた」と名付けたのが理解できた気がした、、、

    感じたことは、人生何があるかわからない。

    人生上手く世の中をわたる人もいるけど、どっかでつまづいて失敗しても、いろんな出会いや経験が後々生きてくることもあるから、何がいいのかわからないもんだと思う。

    「逃げることは、悪いことじゃない」と家入さんの言葉が印象的です。ものすごくでかい壁にぶつかったときに思い出そう、でも乗り越えられたらそれが一番いいのかな!?

    ブクログをはじめ、JUGEMなど面白いことをしている会社だと思ってましたが、この本を読んでますます応援したくなりました。

  • 知り合いの紹介で知りました。グイグイ読めます。内容は起業した筆者の伝記ですが、いろんな紆余曲折を経て社長になるまでの経緯がリアルに描かれています。自分の弱さ、本音をさらけ出すのは本当に勇気がなければできないと思います。是非読んでみてください!

  • 年末年始あたりにtwitterのTLに流れてきたので読んでみた。

    よくあるビジネスの成功体験ではなく、家入さんの生まれてからの半生が詳細に書かれていて、どちらかというと家入さんがどんな人なのか興味があったのですごく面白かった。

    引きこもりだった家入さんの心の葛藤や、見守ってくれている家族とのやりとりに感動した。親ってほんとすごい。

    引きこもり時代やその後も興味のあることにとことんのめり込んで、また辞めて、またのめり込んでいく。
    端から見たら今時の飽きっぽい若者に見えるかもしれないけど、何かを掴もうとしているように見えた。
    そういうことができる環境なら、思ったことをとことんやってみるのもいいかもしれないと思った本だった。
    「やりたいことがわからない」っていう人は参考になるかも。

  • 電子書籍版を読みました。10年前、Webサイトを持っている女の子たちはみんなロリポおじさんのバナーを貼っていました。当時はまだ堅い感じのレンタルサーバーしかなかったので、ロリポおじさんのバナーは、とても目立っていました。その裏側にこんな物語があったなんて。

    著者は「逃げてもいいんだよ」と言っていますが、逃げた後はそのことをとても重く受け止めています。逃げてもその先には家族への愛があります。事業に成功して会社が大きくなってからも、社員、社員の家族までを想っています。その描写に何度も目頭が熱くなりました。

    そして本書を読みすすめるうちに、Apple創業者のジョブズ氏のスピーチの「点と点を繋げる」という話を思い出しました。ジョブズ氏はこう言っています。「点が繋がって道となることを信じることで、心に確信を持てるのです。結果、人と違う道を行くことになっても、信じることで全てのことは、間違いなく変わるのです。」と。たとえ今、自分の思い通りにいかない人生であっても、過去を振り返った時、点と点がつながる日が来るかも知れません。

    「こんな僕でも社長になれた」は、起業を目指している人だけではなく、働いているお父さんやお母さんたち、今困難にぶち当たっている人にも読んでほしい本です。

  • この『ブクログ』の産みの親でもある家入さん。

    家入さんの幼少の頃〜社長になるまでの生き方、考え方が描かれている。

    何度も何度も挫折し、現実から目を背けて引きこもってもいい、人生は逃げ続けてもいいんだと勇気をもらえた。


    現在紙の書籍は絶版になっているため、電子版で読めます!

  • 浅いよ
    今はずいぶんチャラついてるよ

  • どうせ自分なんて?と自分の可能性をあきらめている大学生に贈りたい本。

    campfireやロリポップなどのレンタルサーバー事業で成功している、家入一真氏の著作。

    それだけ聞くと、軽やかなサクセスストーリーに聞こえるが、
    内容は全然想像できるものと違うはず。

    等身大で書かれた、自慢げでもなく、ただただ素直な感情がつづられた本。

    色んなことから逃げ続けた著者が、「逃げることは悪じゃない」という言葉があとても心に響く。

    自分に自信のない、自分には可能性なんてないと思ってしまっている若者・大学生に贈りたい本。

    俺は起業するぜ!みたいな自信満々の若者ではなく、
    いわゆる草食系の、でも内心では何かくすぶっているような、
    そんな人に贈りたい。

  • 愛や思いやりに包まれた人間は強い、ということを強く感じさせてくれる本。
    社長になってからのことより、それまでの過程について多く書かれている。筆者の幼少の頃から中・高、引きこもり、バイト時代などの内容が中心で、あとはペパボ黎明期が少々、といった感じであるため、起業に向けて具体的なノウハウやプロセスを学びたい人には不向き。ただ、こういうケースもあるんだなということを知る上では非常に面白い一冊となっている。
    「家族」についての記述が多く、その愛情や思いやりにグッと引き込まれる。また筆者の繊細な心の動きが良く描かれていて、つい感情移入してしまう。
    個人的にはあとがきもお気に入りだ。

  • ペパボ家入さんの自伝。
    ライトにさくっと読めた。
    いわゆる典型的な起業家像とは異色。
    それだけに身近に感じた。
    同郷であることや、幼少期の家族の感じや方言に多少の懐かしさも覚えた。
    かっこ悪いのがかっこいいというか、
    人間味があって魅力的に感じるというか、
    最近そういうことを感じつつある。

  • 家入さんのこと好きになりました。

全155件中 26 - 50件を表示

こんな僕でも社長になれたのKindle版

ツイートする