こんな僕でも社長になれた

  • 786人登録
  • 3.94評価
    • (129)
    • (112)
    • (113)
    • (7)
    • (8)
  • 155レビュー
著者 : 家入一真
  • ワニブックス (2007年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847017094

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
デール カーネギ...
劇団ひとり
ナガオカ ケンメ...
デール カーネギ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

こんな僕でも社長になれたの感想・レビュー・書評

  • 家入一真氏の生い立ちから上場、買収迄の体験記のような書籍。
    何かに活かす為に読む本というよりは、家入氏を知りたい人が読む本だと思う。
    楽しく読めました。

  • ブクログユーザーとしては、読んでおかないとと思っていた一冊。


    家入さんの半生が描かれているのですが、リリー・フランキーさんの『東京タワー』を髣髴とさせます。

    読みやすく、感情移入しやすく書かれているので面白かったですが、途中(お父さんの事故)あたりで話が飛んでしまったのが残念です。

    エピローグで「逃げることは、悪いことじゃない」と書かれていましたが、家入さんは決して逃げたのではないと思いました。
    学生の頃のエピソードだって、多くの人に当てはまると思いますし(だから共感持たれて支持されてるんだろうけど)この本を読む限りでは、「僕は逃げていた」という思い込みにすぎない気がします。
    ずっと努力されてたというか、やっぱなんだかんだ、好きなことするのが1番だよね!みたいなメッセージが伝わりました★

    あと、家入さんが衝撃を受けたという山田かまちさん。
    知らなかったんだけど、調べてみたらものっすごいpureな顔で泣けました。

  • 家入氏の生立ちから経営者になるまでの過程における考え方が参考になりました。

  • 読みやすく勇気を与えてくれる一冊。
    ちょっとへこんだ時にでも。

  • たとえば僕はスーパースターの素晴らし
    いプレーを観て、すごいなと思うことはあ
    っても、その超人的な姿に感動するとか
    勇気を貰えることってほとんどなくて・・・
    むしろ
    この本に心を動かされるようなひとみた
    いです。

  • 尾鷲市立図書館----県立図書館。

    福岡に本社があったロリポップ・レンタルサーバー、今は東京本社・Paperboy&coというWeb界で有数な企業の社長の物語。

  • 尊敬するプログラマーであり、ベンチャー創業者。
    全く飾らず、ありのままの自然体で執筆されていて凄く感情移入してしまった。
    イジメ、不登校、挫折…。今の家入さんからは少しも想像できないけれど、そんな家入さんの人生を知る事ができるし、誰にもそういう過去があるんだなと思った。
    本当に自由に生きていて、かっこいいし、羨ましい。

  • 2011.5.26-6.1
    図書館

    すごくいい話だった。家入氏は会ったことはないけども個人的に好きな人だし、気がつけばロリポ、ジュゲム、そしてブクログとお世話になりっぱなしのベパボは、金の無い自分にwebの世界の広さと楽しみを教えてくれた、多大なる影響や刺激をもたらした存在だ。生い立ちの話も童心に帰って感情移入できた。自分も頑張らないといけないというモチベーションになったし、やっぱり個性は大事にしないといけないという勇気をくれた。
    また、今後の活躍にも注目していきたい。

  • この人西日本新聞で新聞奨学生をやっていたんですね。

  • 早く読みたい本。うずうず。本として手にとって買いたいので、本屋に行こう。うずず

  • paperboy&co.の創業者である家入さんの自叙伝。

    鼻血出しながら上履きでとぼとぼ歩くのを想像して笑ってしまいました笑

    paperboyの企業理念の底にあるモノを感じられました。

  • ブクログの社長さんの自伝ということで読んでみた。
    彼は自分と同い年だが、
    自分と比べていろいろなことを経験してるなと思った。
    彼の境遇は決して恵まれたものではないかもしれないが、
    20代のほとんどを病気との闘いに費やすことになった自分からすると
    少し羨ましく感じた。
    しかし、自慢や慢心は見られないので
    これからも彼及び彼の会社は成長していくだろうな思った。

  • 言わずと知れた、Paperboyの社長、家入さん。

    めっちゃ興味ある。
    今は渋谷にあるカフェ事業に邁進中とか。。
    自由に生きている姿がかっこいいと感じます。

    近々、購入予定♪

  • 尊敬する起業家の方の自伝。今のイメージとはかけ離れた大変だった過去を振り返る感じ。もうちょっと具体的な事業決定の流れとかが読みたらなおよかった。

  •  いわゆるエリートというタイプでは、全くない。登校拒否、引きこもり、芸大受験を目指すも二度失敗、父の事故と借金の問題、両親の離婚、22歳で結婚、そして起業・・・。がんぱれ!というのは、誰もが言う。でも、無理しすぎてはいけない、何かにつまづいても、また立ち上がればいいと素直に感じられる本はなかなかない。著者は福岡出身。

  • 見知らぬ無人駅で電車を降りた中学生は、あたり一面田んぼに囲まれた道を泣きながら歩いている。喉の奥に鉄臭い匂いがし始め、鼻血が垂れてくる。ジャージの袖で、それを拭うがとまらず、彼の上履きにまで、血がポタポタと垂れてくる。彼は涙と血で顔をぐしゃぐしゃにして歩いている。

    そういうシーンがある本。(引用ではない)

    ペパボというIT会社の創業者の自叙伝。

    だけど、私はこういう風に成功した、みたいなことを書いているわけではない。ふとしたことで、ひきこもりになったことや、比較的貧しかった家庭のことを、あまり脚色せずに淡々と綴っている。

    前向きじゃない。
    後ろ向き。過去の方を向いている。

    何かを主張したり、教えようとしていない。脚色はもちろんあるだろうが、それは、何らかの印象を読者に与えるためのものではなくて、 というか、僕はこの本を読みながら、これを書いている著者を想像していた。
    たぶん、家入さんは、自分が書き出している過去の記憶を楽しんだり、ズキズキしたり、キュンとしたり、泣いたりしながら書いたのだと思う。 このレビューの最初に提示した光景は、何かを伝えようとしているのだろうか? 違う気がする。単に著者の前に、あの光景が拡がったというだけのこと。著者はただそれを書き出しているだけのこと。そうじゃないか。

    そういう光景や断片が、印象に残った。

  • 社長だからと、バリバリのオーラを放っている訳でもなく、
    凄く自然で、優しささえも感じる文章でストーリが進んでいきました。
    「ひきこもり」、「アルバイトの挫折」等、数々の失敗があるものの、
    そこから生まれる人との出会いや、ロリポップのユーザーに対する思いに、
    著者の暖かさや、人柄をとても感じる事が出来ました。

  • 「ひきこもりから社長へ」

     この謳い文句には違いないけど、自分の初めの読みとはちょっと違ったかなぁ・・・。

     確かに貧乏だったんだろう、確かにずっとひきこもりだったんだろう。きっと辛い事が沢山あったんだろう。モヤモヤした日が本当に多かったんだろうなぁ。

     ただ、凄いのは1つ。

    「熱中する心」があったということ。

     「ひきこもり」で結構。
    「何かに熱中していた」という事実。その「心」が大事なんだと思う。
    身体は健全。だから心があればなんとでもなるんんかなぁと思える人つの物語でした。

     ていうかこの人、3つしか違わないんだよなぁ(*゚ー゚)
     

  • ペパボ創業者、家入一真氏の自伝。高校を中退して引きこもり、大学受験で浪人した末に断念、バイトや就職は人付き合いがうまく行かず点々とする始末・・・と、成功しているIT企業の社長(当時)とは似つかわしくない、傍目からみればみっともない青春時代を赤裸々に綴っている。あとがきの「逃げることは、決して悪いことじゃない。」という言葉が印象的。それにしても、成功とか失敗をわけるものってほんのささいな「何か」なのかな、と考えてしまう。

  • ブクログを運営する企業を設立した家入一真さんの自伝


    ひきこもりから社長になるまでの、経緯が書かれている。
    結構リアルに時に笑いも混ぜながら書かれている。


    「逃げることは、決して悪い事じゃない。
     前に進めなくて立ち止まるくらいなら、
     尻尾を巻いて逃げてしまえばいいのだ。」


    あとがきに書かれたこの文章が、著者らしいコメント
    そして、自分の心と話しながら、一歩ずつ動いていくことが大切だなと思う

  • 読み物として感動的。
    他のベンチャー社長の自伝はビジネス上の、浮き沈みに焦点が当たっていることが多いが、この本は、筆者の暗黒時代にボリュームが割かれていて、等身大で描いている印象を受ける。

  • この本からブクログを知りました。
    好きなことが仕事になっててうらやましい。

全155件中 51 - 75件を表示

こんな僕でも社長になれたのKindle版

ツイートする