こんな僕でも社長になれた

  • 792人登録
  • 3.95評価
    • (131)
    • (112)
    • (113)
    • (7)
    • (8)
  • 156レビュー
著者 : 家入一真
  • ワニブックス (2007年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847017094

こんな僕でも社長になれたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブクログやロリポップを作った人の自伝。
    (最近だと"studygift"で話題になった人)

    不登校、高校中退、両親の借金地獄、予期せぬ妻の出産…と、まさに波瀾万丈な人生を乗り越え実業家となった家入一真さん。
    我々が「逆境」と感じるものの多くはそこまで大きな壁じゃないし、やる気次第でなんとか乗り越えられる、ということを感じさせてくれる1冊。

    だが、家入さんの成功には、「逆境を乗り越えようとする明確な意志」と「プログラミングやイラストといった着実な技術蓄積」という背景があることを忘れてはならない。
    なんとなく、という気持ちで起業しても成功しないし、惰性のままに日常を過ごしていても大きな変化は起こせない…ということを肝に銘じたい。

    …さて、自分はというと、ここ数ヶ月ほとんど本を読むだけの生活をしている。本を読んでいるだけじゃ何も変わらないよね(自省)

  • ちょっと笑えて、ちょっと泣ける。面白くてあっという間に読めました。ギリギリ間に合った(^^)

  • 僕自身も一時期引きこもっていた。
    中学は一日しかいかなかったので実質小卒。

    本書を読んで特別な人はいないと思った。
    自己啓発書によくあるような「成功者」像のようなものではなく
    紆余曲折。苦しみながらも自分の声を信じて生きてきた著者にとても共感を覚えた。

    正直、とくに立派な半生ではなく、むしろ妥協エピソードがとても多い。
    以前、渡辺美樹の自伝を読んだがこちらは苦労をしながら努力と根性と才覚で成り上がっていくサクセスストーリーという感じだったが

    本書は肩の力を抜き「成功者なんて本来こんなもんだよ」とカジュアルに表現している。
    そしてとても優しい人なんだなと感じた。

    就職活動に失敗して自殺する人が多いなか
    ひきこもって、妥協も沢山して、一般的に
    「馬鹿にされる」ようなところまで落ちても何とかなるし、うまくいけばお金持ちにもなれるということを体言している。

    この本を読んだら就職できなくても絶望することはないんじゃないかと思う。

  • とても読みやすく、すぐに読める。けれど、その内容は子ども時代から社長となったその後まで書かれているので、当然大変濃いものである。著者の人間性に文章を通しても魅力を感じる。こんな人と一緒に働きたいと思った。

  • 読みやすくって3日でお風呂で終えた。
    実質二時間位?
    ロリポップ!立ち上げあたりはITバブルにうまく乗ったねぇと思ったけど、このブクログも作った人だとは…、すごい!ブクログが大好きな分、ちゃんと時代にあった新しいサービスを作って行ける人なんだなぁと思った。昔の自伝のようにそれまで読んでいたので、一気にそこで今現在も頑張り続けているのを感じて、なんかぶわっときた。私の中ではそこが1番のこの本のオチだった笑

    最後の言葉も励まされる。
    逃げてもいいんだなぁ。

  • 独田ドメ夫とかのセンス(笑)。年が同じなだけに影響受ける。頑張るぞ!という気持ちになれた。

  • 家入一真氏の生い立ちから上場、買収迄の体験記のような書籍。
    何かに活かす為に読む本というよりは、家入氏を知りたい人が読む本だと思う。
    楽しく読めました。

  • ロリポップ、ペパボの家入一真さん。
    元ダメ人間の話。共感マックス。

  • ヒカリエの紙媒体経由で読みました。
    元々引きこもりだったことは知ってたけど、「なぜ引きこもりになったのか? その状況をどのように打開したのか?」がしっかり書いてあって面白かった。でも、一回読んだらそれでいいやって思う。

  • いい話。Twitterなどの家入氏のイメージとは中身も外見も別人のようだ。変わったんだろうか…

全156件中 31 - 40件を表示

家入一真の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
村上 春樹
村上 春樹
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

こんな僕でも社長になれたのKindle版

ツイートする