こんな僕でも社長になれた

  • 786人登録
  • 3.94評価
    • (129)
    • (112)
    • (113)
    • (7)
    • (8)
  • 155レビュー
著者 : 家入一真
  • ワニブックス (2007年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847017094

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ナガオカ ケンメ...
デール カーネギ...
村上 春樹
デール カーネギ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

こんな僕でも社長になれたの感想・レビュー・書評

  • 社長だからと、バリバリのオーラを放っている訳でもなく、
    凄く自然で、優しささえも感じる文章でストーリが進んでいきました。
    「ひきこもり」、「アルバイトの挫折」等、数々の失敗があるものの、
    そこから生まれる人との出会いや、ロリポップのユーザーに対する思いに、
    著者の暖かさや、人柄をとても感じる事が出来ました。

  • 「ひきこもりから社長へ」

     この謳い文句には違いないけど、自分の初めの読みとはちょっと違ったかなぁ・・・。

     確かに貧乏だったんだろう、確かにずっとひきこもりだったんだろう。きっと辛い事が沢山あったんだろう。モヤモヤした日が本当に多かったんだろうなぁ。

     ただ、凄いのは1つ。

    「熱中する心」があったということ。

     「ひきこもり」で結構。
    「何かに熱中していた」という事実。その「心」が大事なんだと思う。
    身体は健全。だから心があればなんとでもなるんんかなぁと思える人つの物語でした。

     ていうかこの人、3つしか違わないんだよなぁ(*゚ー゚)
     

  • ペパボ創業者、家入一真氏の自伝。高校を中退して引きこもり、大学受験で浪人した末に断念、バイトや就職は人付き合いがうまく行かず点々とする始末・・・と、成功しているIT企業の社長(当時)とは似つかわしくない、傍目からみればみっともない青春時代を赤裸々に綴っている。あとがきの「逃げることは、決して悪いことじゃない。」という言葉が印象的。それにしても、成功とか失敗をわけるものってほんのささいな「何か」なのかな、と考えてしまう。

  • 普通の成功者や社長とはちょっと一味違う生き方をされてる。
    あとがきの逃げて逃げて逃げた先にちょっとイイものを見つければいいって考え方は、自分を責めてしまう僕に取って救いとなる考え方です。

  • 読み物として感動的。
    他のベンチャー社長の自伝はビジネス上の、浮き沈みに焦点が当たっていることが多いが、この本は、筆者の暗黒時代にボリュームが割かれていて、等身大で描いている印象を受ける。

  • この本からブクログを知りました。
    好きなことが仕事になっててうらやましい。

  • 随分前に読み終わっていました。
    単純に家入一真というヒトに興味があったのと、
    ペパボの設立に興味があったので楽しめました。

  • ペパボ創業者の自伝。
    影のある過去でもあるが
    それ以上に元気をもらえる内容だった。

    家入さんの
    ハガキ職人的なセンスが
    見える素敵な本でした。

  • PDF無料公開の「就職しない生き方~」で 家入さんを知り、この本を知り、Twitter @hbkr を見て、Twitter @YkHrs を始め、ブクログも始め、今日に至ります。JUGEMでブログも始めてみようかなと思っています。
    なんだか僕に転機を与えてくれた人かもしれません。ありがとうございます。
    最近読んだ本でダントツのNo.1の感動、面白さでした。
    【僕のメモ】
    (1)家入さんのお父さんのように知恵と工夫で玩具の代わりとなるものを僕の息子にも与えてあげたい。
    (2)些細な事で、友達はなくなると思うべし。(友達を大切にって意味で)
    (3)両親の愛情は深い。
    (4)「逃げ」もひとつの選択肢だ。
    (5)本の表紙と今の写真が別人みたい→僕も痩せる!

  • 読みながら何度も泣きそうになりました。いつの間にか「起業すること」を目的にしてしまっていた自分にガツンと響きました。

  • ひきこもりから社長へ。なんとも壮絶な生活からの脱却。チャンスは自分で作るもの。壁にぶち当たったら、引き返してまた考える。逃げてもいいんだ人生は。

  • 口は災いの元

    実感しました。以後、気をつけます。

    家入さんを本当に尊敬してます。

  • 家入さんは素敵な人ですね。

  • やっぱり、「ブクログ」使っているんだったら、読んだよ、って印だけでもしておかないといけないのかな?
    自叙伝としておもしろかったです。

    まだ、マダメ企画のときから、アフィリエイトとか積極的であまりに衝撃的(笑劇的)なバナーとかが印象にのこりまくり。残念ながら、うちのサイトではクリック率はよくなかったけど。あのセンスは男の物だと思っていたら、結構女の子に受け入れられてきた。時代は変わるなぁ。
    とかいいつつ、いろんなサービスを利用させてもらっています。ベンリだし、おもしろいし。

    そのセンスの片鱗が見える本です。そのセンスに憧れます。

  • 何度も何度も泣きそうになった。
    仕事中に仕事もろくにしないで読んでしまった。

    最高です!

    貧乏ってオレだけじゃ無かったんだ。
    てか、オレまだ裕福なほうかも。

    そんな状況でも関係無いんだ。
    どんな状況でも関係無いんだ。

    気持ちが楽になれる本だと思います。

  • ブクログを創ってくれた御礼もこめての★5つ!

  • このタイトルに引かれ思わず購入。家入社長の先見の明と這い上がりの精神、そして企業理念に感銘を受ける。こんな方と仕事をしてみたい。

  • 宗像出身ということですが、実家の近所でびっくりしました。

  • これ読んで面接に行ったのも良い思い出

  • 以前「ロリポップ」と「ムームードメイン」を利用したことから興味を持ち、
    買って読みました。

    中学校での仲間はずれ、
    高校での登校拒否→引きこもり→中退、
    コンピュータや山田かまちとの出会い、
    新聞奨学生としての浪人生活、
    東京藝術大学受験の失敗、
    勤務先への出社拒否→退職、
    父親の自己破産→両親の離婚、
    年下の女の子とのネット上での出会い→結婚、
    妻の妊娠→家族のそばにいたいから起業。

    「つい最近まで、誰にも打ち明けられずにいた」という数々の過去を含め、
    とても惹きつけられる物語でした。

    僕個人の過去と照らし合わせても、
    登校拒否や山田かまち、芸大志望という点で重なる部分があったため、
    随所で共感しながら読んでいました。

    僕が7~8年前、「ロリポップ」を最初に知ったときの最初の印象は、
    「あぁ、モテそうな人がモテそうなことやってるんだろうな・・・」
    というものでしたが、実際は全然違ったようですね。


    僕はカバーを外して本を読むのですが、カバーの下の写真も良かった。
    家族と一緒に写っている(であろう)カバーも、いい感じです。

    何というか、これを読んで家族を今よりもっと幸せにしたいと思いました。
    どうやればそうなれるのか、答えはまだ探している最中ですが、
    読んでいて家族を思い出す、意外にもそういう本でした。

  • 「ブクログ」を制作した家入一真さんの本。子供の頃の引きこもり時代の話から、結婚、paperboy&co.を立ち上げを経て、GMOに参加するまでのお話です。両親や奥さん、会社の仲間やロリポユーザーなど「人」を大切にする気持ちが伝わってきて、すがすがしくて優しい気持ちになりました。読んでよかったです。

    家入さんのブログを見て見ると、現在は本の表紙より随分痩せていてびっくりしました。http://blog.hbkr.jp/?eid=1543

  • 共感するところが多かった。勇気づけられる。

全155件中 76 - 100件を表示

こんな僕でも社長になれたのKindle版

ツイートする