こんな僕でも社長になれた

  • 785人登録
  • 3.94評価
    • (129)
    • (112)
    • (113)
    • (7)
    • (8)
  • 155レビュー
著者 : 家入一真
  • ワニブックス (2007年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847017094

こんな僕でも社長になれたの感想・レビュー・書評

  • 高校中退の引きこもりから、ITベンチャー企業の社長へ。ジェットコースターな人生を送った著者の自伝。

    起業の理由は、家族と一緒に過ごしたいから。いかにも、元ひきこもりっぽい発想。でも、それが年商20億円の株式会社になるのだから、人生はわからない。

    ちなみに、この著者は「ブクログ」を趣味で作った人でもあった。お世話になっております。

  • 地元ネタがちょこちょこ出て来て何となく親近感w

  • このブクログを立ち上げたのはこの家入一真氏。感謝!

  • 積読してたのをやっと読みました!さらっと読めた。
    そして、(ほぼ)同郷だったことにびっくり。楽しそうな会社でいいですね。

  • 順風満帆な人生など、無いはず。
    どんな人にも、ある程度の期間、もがき続ける必要があるのではないかと思った。
    きっと、人生で「もがく」ことにも、それぞれ、意味があるのでしょう。

  • 代表取締役CCO、家入一真氏の自伝。ひきこもりから社長になるまでの、苦難の道のりが、丁寧に描かれていて感動しました。同時にペパボの歴史も知ることができるので、ビジネス目線でも楽しめると思います。全国の新聞配達少年よ!大志を抱け!

  • このサイトを作った人ということで購入。社長本によくある説教じみたところはひとつもないです。社長を目指したいから読む本ではなく、人生って何が起こるかわからないってことを自分の波瀾万丈な半生をもって教えてくれる本。
    まさか泣けるとは思わなかった。

  • おもしろかったです。一人ひとりに生きてきた歴史ありですねぇ。

  • 自分史を持っている人はやっぱり、最後は強いと思います。
    頑張れ!家入社長!

    強くなりたいと思ったら、包み隠さず自分史を書いてみて下さい。
    きっと強くなれるから。

    レンタルサーバーロリポップ、株式会社paperboy&co. 代表取締役社長 家入一真 の自分史です。

    当ブクログ製作者です。↓にKazumaIeiriって書いてあるでしょ(笑)

  • 現在はGMO傘下で2008年12月19日にジャスダックに上場を予定しているレンタルサーバ屋paperboy&co. incの社長・家入一真さんの自伝。

    仕事としては、ライバル会社のようではございますが、
    社長の家入さんは3歳年下のいわゆるナナロク世代であり、2児のパパで、技術好き、という共通点も見出すこともでき、羨望の眼差しと若干の対抗意識もありながら読ませていただきました。

    最初の1・2章は若干、まどろこしかったが、企業を決意してからの話はついつい吸い込まれてしまい、こんな時間(深夜2時くらい)まで一日で一気に読んでしまった。

    ペパボの「ロリポップ」が起こした価格破壊!ユーザを引き込む数々の仕掛け!!など本当に学ぶところは多いです。
    一度、真面目にレンタル・サーバについて、家入さんとお話がしてみたいと思いました。(身分不相応ですが)

    例えば、こんな会社に転職したら、自分は何を強みにすればいいだろうか。
    Webデザインもできないし、プログラミングも言うほど大したことないし、サーバ技術も実はショボカッタリして!? なんとなく自信がなくなってきますが。

    ロリポップは7年間で66万人以上のユーザを抱えるまでの国内No.1の圧倒的な規模を誇るサービス。かたや...

    僕らも何か起爆剤のような仕掛けが必要なのかもしれません。ぎょうぎょうしいものではなく、地道で、お客様がとことん便利になる方法を考えなければ。

    早く彼らの背中が見えるくらいまでにはなりたいなと思いながら、

    もうすぐ三十三歳、焦る75年生まれでした。

  • 夢中になって読んでたら朝になってた。奥さんと知り合う頃くらいからのくだりが好きです。

  • No.1レンタルサーバーの旗手の自伝。

    人生をあきらめたくない人に読んでほしい。

  • 逃げることは必ずしも悪いことではない。
    ある物事が、それがなんであれ(世間一般からすれば当然あるいは常識だとされている物でも)当人にとって絶望的に相性が悪いのであれば、そこから退くのは悪いことではない。道に行き詰って、身動きがとれないことに絶望するくらいなら、全力で安心できるところまで逃げればいい。たとえ一つの道を外れたとしても、道は無限にあるのだから。
    世界の広さと寛容さを信頼したくなるような内容だった。

    自らが人と関わるときにどう振舞うかを意識しすぎて、かえって不自然になり、行き詰る場面や、人間関係という複雑怪奇で答えのない物に比べればテキストの勉強はどれほど簡単か、という著者の言葉に共感を感じた。

  • 家入さんの自伝。
    サービスのすばらしさはもちろん、
    サービスのネーミングがフリッパーズギターみたいでナイス。
    感動した一冊。

  • ブクログつながりで読んでみる。おもしろくて久々のイッキ読み。そして素直に感動。

  • peperboy&co.の社長イエイリ氏の自伝。

  • ペパボの社長の著書。ますますペパボがすきになりました。問い合わせに対する親切な対応。センスの良いデザイン。この社長の想いが各社員まで浸透している良い会社です。
    お勧めですよ。(正田)

  • booklog開発者・paperboy & co. 代表家入さんの代表作。
    逃避のトラウマをこうもポップに描ける精神力に脱帽。
    人間誰しも「うまく見せよう」と必死なのに…

  • booklogをはじめるきっかけになった一冊。
    ホームレス中学生に雰囲気似てた。
    けど、ホームレス中学生よりよかった。

  • 福岡の餃子屋で、ヘンな集団がいた。とにかくヘンだった。最後に社長と呼ばれる人が挨拶した。びっくりした。こんな会社がこんな社長がいるのか?
    我々より先に会計をした約20名は領収書のあてなでペーパーボ??って言ってた。
    ネットで調べてこの本にたどり着いた。
    経営という職種をしている私はぜひ一度話をしたいと思った。

  • ガン泣き必至。覚悟して読むべし。

    気鋭の新興ITベンチャー、paperboy&co.社長の
    家入氏が、引きこもりを乗り越えてIT企業の
    社長として成功するまでの半生を綴った自伝です。

    優秀さ自慢でも不幸自慢でもなく、日常に
    なにげなく潜む世の中の闇の深さや傷つきやすく
    彷徨する無力な青年の心象が、あまりにも素朴に
    赤裸々に綴られています。

    「情けないことづくし。格好いいことなんて
    一つもなかった、僕の半生。でも、だからこそ、
    面白い。だからこそ、予想もしなかった今がある。」
    (まえがきより)

    著者は実は、私と同い年の友人なのだけれど、
    ここまで苦しい運命からよくも逃げずに生きて
    こられたものだと思うと言葉に詰まります。

    ぜひ映画化してもらいたい作品だと思います。

  • とにかく1度どんな境遇の人にも読んでもらいたいと思う本です。僕は、読み終わってから、僕ももっと頑張るぞぉ〜って元気が出てきました。

  • このブクログサイト作者であり、ロリポプやJUGEMの産みの親である家入氏の自伝。読みやすかった。こんな人だったのかー、とちょっと意外に思った。30年間で、たくさんの転機を経験してきたようだ。時代を象徴しているような人生とも言える。今後はどうなる?!

全155件中 101 - 125件を表示

こんな僕でも社長になれたのKindle版

ツイートする