こんな僕でも社長になれた

  • 792人登録
  • 3.95評価
    • (131)
    • (112)
    • (113)
    • (7)
    • (8)
  • 156レビュー
著者 : 家入一真
  • ワニブックス (2007年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847017094

こんな僕でも社長になれたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 家入氏の生立ちから経営者になるまでの過程における考え方が参考になりました。

  • この『ブクログ』の産みの親でもある家入さん。

    家入さんの幼少の頃〜社長になるまでの生き方、考え方が描かれている。

    何度も何度も挫折し、現実から目を背けて引きこもってもいい、人生は逃げ続けてもいいんだと勇気をもらえた。


    現在紙の書籍は絶版になっているため、電子版で読めます!

  • 浅いよ
    今はずいぶんチャラついてるよ

  • 読みやすく勇気を与えてくれる一冊。
    ちょっとへこんだ時にでも。

  • どうせ自分なんて?と自分の可能性をあきらめている大学生に贈りたい本。

    campfireやロリポップなどのレンタルサーバー事業で成功している、家入一真氏の著作。

    それだけ聞くと、軽やかなサクセスストーリーに聞こえるが、
    内容は全然想像できるものと違うはず。

    等身大で書かれた、自慢げでもなく、ただただ素直な感情がつづられた本。

    色んなことから逃げ続けた著者が、「逃げることは悪じゃない」という言葉があとても心に響く。

    自分に自信のない、自分には可能性なんてないと思ってしまっている若者・大学生に贈りたい本。

    俺は起業するぜ!みたいな自信満々の若者ではなく、
    いわゆる草食系の、でも内心では何かくすぶっているような、
    そんな人に贈りたい。

  • 愛や思いやりに包まれた人間は強い、ということを強く感じさせてくれる本。
    社長になってからのことより、それまでの過程について多く書かれている。筆者の幼少の頃から中・高、引きこもり、バイト時代などの内容が中心で、あとはペパボ黎明期が少々、といった感じであるため、起業に向けて具体的なノウハウやプロセスを学びたい人には不向き。ただ、こういうケースもあるんだなということを知る上では非常に面白い一冊となっている。
    「家族」についての記述が多く、その愛情や思いやりにグッと引き込まれる。また筆者の繊細な心の動きが良く描かれていて、つい感情移入してしまう。
    個人的にはあとがきもお気に入りだ。

  • ペパボ家入さんの自伝。
    ライトにさくっと読めた。
    いわゆる典型的な起業家像とは異色。
    それだけに身近に感じた。
    同郷であることや、幼少期の家族の感じや方言に多少の懐かしさも覚えた。
    かっこ悪いのがかっこいいというか、
    人間味があって魅力的に感じるというか、
    最近そういうことを感じつつある。

  • 家入さんのこと好きになりました。

  • たとえば僕はスーパースターの素晴らし
    いプレーを観て、すごいなと思うことはあ
    っても、その超人的な姿に感動するとか
    勇気を貰えることってほとんどなくて・・・
    むしろ
    この本に心を動かされるようなひとみた
    いです。

  • 尾鷲市立図書館----県立図書館。

    福岡に本社があったロリポップ・レンタルサーバー、今は東京本社・Paperboy&coというWeb界で有数な企業の社長の物語。

全156件中 51 - 60件を表示

家入一真の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
デール カーネギ...
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
千原 ジュニア
村上 春樹
劇団ひとり
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

こんな僕でも社長になれたのKindle版

ツイートする