こんな僕でも社長になれた

  • 788人登録
  • 3.94評価
    • (130)
    • (112)
    • (113)
    • (7)
    • (8)
  • 155レビュー
著者 : 家入一真
  • ワニブックス (2007年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847017094

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
劇団ひとり
デール カーネギ...
村上 春樹
ロバート キヨサ...
千原 ジュニア
ナガオカ ケンメ...
有効な右矢印 無効な右矢印

こんな僕でも社長になれたの感想・レビュー・書評

  • 【業界】(2007年7/23)
    「ロリポップ」という不思議な(怪しい)名前のホスティングサービスを提供するpaperboy&co.社長、家入一真さんの半生。ちなみにこのページも同社のサービス。イジメられ登校拒否になった青年時代の話を、かなり格好悪い内容だが、赤裸々に書いている。しかしつい7年前くらいまでは、決して恵まれない環境化で生きようと必死だった著者が、上記の事業で見事な成功を収める。一見無駄なことばかりしてきたかのような半生が、ちゃんとその成功に結びついたことに感動してしまった。学校で無視されイジメられてた著者が「どこかで誰かに役に立って認めてもらいたい」という想いを持ち続けた結果、それが仕事の原動力になっていることが伺えた。仕事とはそうであって欲しいと思う。学校でイジメられて生きる気力を無くしている子は是非読んで欲しい本。

  • 本当に「こんな僕でも」って思っているのかな?でも、いいタイトル。やられた。

  • さくさく読めて楽しめます。

  • これは、起業に興味のある人もない人ももちろん楽しめます。

    最後のエピローグのなんとも心強いこと・・!

    今何かしたい!でも、、けど、、
    と悩んでいる方にぜひ。


    読めば気持ち
    楽になるよ。

  • ロリポップ!などの有名レンタルサーバーを運営するpaperboy & co.の社長の自伝。貧しかった子供時代から会社を立ち上げるまでの日々が綴られている。ちょっと泣けた。

  • ロリポップ!の生みの親で、いまや数々のインターネットサービスを手がけているpaperboy & co.の社長の自伝です。
    (実は同い年!)
    「ひきこもりからIT社長」という紹介がキャッチフレーズ的に使われているのですが、いや、なんか、
    その、ひきこもりからIT社長というコピーから思い浮かべていたのとまったく違う話でした。
    本人はあとがきに逃げてばかりいたと書いていますが、いやいや、もう、全然、試行錯誤の連続、試行錯誤の旅なのです。
    本当は、キラキラの種を持った人が、それをそれと知らないまま苦労を続けて、幸せをつかんだ話なんだと思います。
    いわゆる「IT社長」のイメージにあるガツガツ感がなくて、好きなことをやりたい、そして社員にも好きなことをやらせてあげたい、
    っていうやさしくてナチュラルな視点を持っている方だなぁとおもいます。
    社員や家族をすごく大切に思っているのがわかって、なんだか幸せになりました。

  • booklog.jp の開発者・ムームードメイン・ロリポップを手がける paperboy & co 経営者のエッセイ。値段も 1200 円と手頃。予想に反して文章がとても巧い。筆者はコミュニケーションが下手であるとか言っているが、この本を読んだ限りでは、微塵も感じさせない。エッセイとしても十分体裁をなしている。編集者がとても優秀だったのか、経営企画室・広報が優秀だったのか。booklog.jp・ムームードメインのユーザではあるが、ロリポップは利用していない者としては、色々と考えさせられた本である。「年商10億を越え、創業以来赤字を出したことがなく、順調に成長をしている会社」の社長が 1978 年生まれで若干 29 歳ということが凄いと思う。ほんとに。

  • しゃちょー。
    <BR>
    ブクログ、いい感じで使わせてもらってます&ロリポユーザーです。

  • かくれ家入ファンだったので購入。
    すごく勇気をもらったしおもしろい!
    やっぱ家入すごい。

  • 私の尊敬する人が薦めていたので購入してみました。まさかブクログの製作者様であったとは…!!
    感謝です。ITベンチャー企業ではない!と言い切れるところがかっこいい。ベンチャー社長の本(ベンチャーではないけれど)って会社の経営論ばかりなものが多いけどこの本は違う。この本にはいい意味で人間くささが満載。学ぶこと多かったです。どんなふうに生きようと生きることで沢山のことを学ぶことができるって教えてくれました。現実をちゃんと見なきゃなあ…。同じ女性としてアキコさんみたいに素敵な奥さんになりたい。やっぱり世の中って面白いです。

  • 4/1
    今日みつけた。
    まだ読んでないけど、おもしろそう。

  • これいいです!とてもいいです!前々から入家さんとアキさん(奥様)の大大大大大ファンでブログを見て大爆笑(これは褒めてるのかな?)していたのですがっ!ついに!ついに!ついに!出ましたよっ!入家さんの本がっ!みなさんまずは2人のブログを読んで入家さんちにハマってくださいっ!この本絶対欲しくなるからっっっっ!私、隣の本屋に発注しましたよっ!!!
    ご主人ブログ:http://hbkr.jp/
    アキさんブログ:http://akitect.petit.cc/

  • 私も福岡出身。方言が懐かしく読み始めたら、面白さに一気に引き込まれた。残りあと数ページのところで、「ブクログ」のことが出てきてびっくり。このサイトを作った人が著者の家入さん?!私は無知な男です・・・。さわやかな読後感。感動しました。

  • イエイリさんの半生記。幼少のころから、挫折を繰り返しつつ会社を立ち上げて、GMOグループになるまで。

  • 鯖元の社長さんの書籍。
    面白かったのだけど、改めて「お金って何」ということについて考えされられました。その点ヘビーです。でも大事なんだよね、ほんと、大事なんだよ…

  • ロリポップ!やオモコロ、そしてこのブクログを作ったペパボ社長の家入一真氏の著作。いやぁ、傑作。といっても、フィクションではなく、彼自身のこれまでの人生を綴ったエッセイなのだけれど、これはすごい。引きこもりだった、とか、奥さんとはネットで知り合った、とかそういうことは彼のブログで知っていたけれど、彼が引きこもる以前の幼少時代の話から、引きこもるきっかけになってしまった些細な事件、そして家族との様々な思い出、そして、GMOの熊谷氏との出会いに至るまで、何もかもがさらけ出されていて、とにかく驚く。この本はよくあるサクセスストーリーとは一線を画す、さまざまな要素を含んでいると思う。起業したい人、ペパボが好きな人、ITに少なからず従事している人だけではなく、今引きこもっている人、そういう家族を持つ人、そして家族を愛する人全てに読んでもらいたい名著。私は買ったその日に、一気に夢中になって読破しました。おすすめ!!

  • このサイトを作った方の本です。人生、どこからでも復活はできるもんです!あきらめちゃいけないですね!!

  • 満たされた人はクリエイターにはなれないと実感した。
    憧れてるけどなれそうもないなぁ。

  • paperboyのシャチョさんで「オモコロ」のライターさんだ。

全155件中 126 - 150件を表示

こんな僕でも社長になれたのKindle版

ツイートする