こんな僕でも社長になれた

  • 792人登録
  • 3.95評価
    • (131)
    • (112)
    • (113)
    • (7)
    • (8)
  • 156レビュー
著者 : 家入一真
  • ワニブックス (2007年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847017094

こんな僕でも社長になれたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3時間で読めた

  • 尊敬するプログラマーであり、ベンチャー創業者。
    全く飾らず、ありのままの自然体で執筆されていて凄く感情移入してしまった。
    イジメ、不登校、挫折…。今の家入さんからは少しも想像できないけれど、そんな家入さんの人生を知る事ができるし、誰にもそういう過去があるんだなと思った。
    本当に自由に生きていて、かっこいいし、羨ましい。

  • 2011.5.26-6.1
    図書館

    すごくいい話だった。家入氏は会ったことはないけども個人的に好きな人だし、気がつけばロリポ、ジュゲム、そしてブクログとお世話になりっぱなしのベパボは、金の無い自分にwebの世界の広さと楽しみを教えてくれた、多大なる影響や刺激をもたらした存在だ。生い立ちの話も童心に帰って感情移入できた。自分も頑張らないといけないというモチベーションになったし、やっぱり個性は大事にしないといけないという勇気をくれた。
    また、今後の活躍にも注目していきたい。

  • この人西日本新聞で新聞奨学生をやっていたんですね。

  • 早く読みたい本。うずうず。本として手にとって買いたいので、本屋に行こう。うずず

  • paperboy&co.の創業者である家入さんの自叙伝。

    鼻血出しながら上履きでとぼとぼ歩くのを想像して笑ってしまいました笑

    paperboyの企業理念の底にあるモノを感じられました。

  • ブクログの社長さんの自伝ということで読んでみた。
    彼は自分と同い年だが、
    自分と比べていろいろなことを経験してるなと思った。
    彼の境遇は決して恵まれたものではないかもしれないが、
    20代のほとんどを病気との闘いに費やすことになった自分からすると
    少し羨ましく感じた。
    しかし、自慢や慢心は見られないので
    これからも彼及び彼の会社は成長していくだろうな思った。

  • 言わずと知れた、Paperboyの社長、家入さん。

    めっちゃ興味ある。
    今は渋谷にあるカフェ事業に邁進中とか。。
    自由に生きている姿がかっこいいと感じます。

    近々、購入予定♪

  • それまで、月3000円ぐらいが平均だったレンタルサーバー料金を、月250円の大破格値に設定し、わずか数年で50万人が使うNO1レンタルサーバーになったロリポップをつくったペパポの社長本。順風満帆に生きてきた人かと思いきや、貧乏、イジメ、引きこもり・・・。えーーーそうだったのーー。と驚きいっぱい。読んでる途中でなんか涙がでて、どんな人も、何かを抱えて必死に生きてるんだなーと実感。私もがんばろっ。と勇気がわいてくる本です。

  • 家入さんの自伝。ブクログを作ってくれてありがとうございます。
    飾らない人柄というか、素朴ないい雰囲気が始めから終わりまで流れている。気持ちよく読めた。現代にしては珍しい良い本。

    著者は自身を「逃げている」と評しているが、全然そんなことがないと思った。
    住み心地の良い場所を追求するのは、至って合理的な判断ではないか。
    また、この人は頭がいいんだなあとつくづく思った。だって事あるごとに、問題意識をしっかりもって、それを解決しようと動いてるんだもん。

全156件中 61 - 70件を表示

家入一真の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
村上 春樹
ナガオカ ケンメ...
デール カーネギ...
村上 春樹
東野 圭吾
劇団ひとり
有効な右矢印 無効な右矢印

こんな僕でも社長になれたのKindle版

ツイートする