こんな僕でも社長になれた

  • 792人登録
  • 3.95評価
    • (131)
    • (112)
    • (113)
    • (7)
    • (8)
  • 156レビュー
著者 : 家入一真
  • ワニブックス (2007年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847017094

こんな僕でも社長になれたの感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • ブクログを運営する企業を設立した家入一真さんの自伝


    ひきこもりから社長になるまでの、経緯が書かれている。
    結構リアルに時に笑いも混ぜながら書かれている。


    「逃げることは、決して悪い事じゃない。
     前に進めなくて立ち止まるくらいなら、
     尻尾を巻いて逃げてしまえばいいのだ。」


    あとがきに書かれたこの文章が、著者らしいコメント
    そして、自分の心と話しながら、一歩ずつ動いていくことが大切だなと思う

  • ビジネス書っぽいhow toは書かれてはいないけれど、仕事をしていく、自分のやりたいことをやっていくために一番大切なことが書かれている、そんな一冊だと思います

  • 元引きこもりの現社長という異色の経歴の家入さんに興味があり、読了。
    私が愛用するこのブクログも家入さんが作ったとな?!驚き。

    このユーザーインタフェースの親しみやすさ、いいよね。
    もともとデザイン志向の家入さんらしい造り。

  • ◆家族との時間、家族を養えるだけの収入を求めて起業した家入氏。同じ起業という手段をとる人も、その目的や価値観は人それぞれ。
    ◆目的を達成するための1つの手段として、「起業」をハードルを下げて検討してみては良いのではと感じた。

  • まさかこのブクログに関わってる方だなんて知らずに読み始めたので、まずはその事実に驚きました。

    内容はこういった書籍にありがちな武勇伝だとか成功の秘訣だとか、そんな夢物語のような自己啓発本ではありません。著者の生い立ちを述べるに留まった内容です。

    人生ってその人の人柄や才能、節目節目のタイミング、人との繋がり、全てが上手く反応した時に一歩を踏み出せるんだなと思いました。
    朗らかな気持ちにさせてくれる内容です。

  • 筆者の少年期、引きこもり時代から現在まで。東京都知事選に出るという事で関心を持って読んだ。親の子供に対する接し方が印象的だった。

  • なぜ読もうと思ったのか分からないけれど、「聞いたことある名前の方だな。ベンチャー企業の創業者さんだろうな」くらいな感じで、Kindleで買って新幹線2時間で読了。

    とても簡単に読めた。
    読んで良かった。

    大きな志があったわけではなく、自分にできることの中から、誰かがきっと望んでいる新しいことを始める。
    身近な人の幸せを願い、健気にそれを叶えた人。
    チャンスは誰にでもあり、なにも元々恵まれた人だけが成功するわけじゃないと、「選ばれた人」ではない大多数の人に勇気を与えるいい本だった。

    ブクログは愛用しているし、JUGEMにblogを持っている。
    なんだか身近に感じる嬉しい本との出会いだった。

    購入はこちらから↓
    http://amzn.to/12kbAXT

  • 決死の覚悟でぶつかって、予期せぬ方向に弾かれたっていい。

  • ロリポップ!の創業者

    適度に体言止めが活用され、
    句点から句点までの単語量が決して多くないため、
    非常に読みやすい文章でした。

    福岡出身の方の半生記なので
    いたるところに福岡の地名や博多弁での会話がでてきます。
    うえやまとちさんの「クッキングパパ」を読んでるかのようでした。

  • とても読みやすく、すぐに読める。けれど、その内容は子ども時代から社長となったその後まで書かれているので、当然大変濃いものである。著者の人間性に文章を通しても魅力を感じる。こんな人と一緒に働きたいと思った。

家入一真の作品

こんな僕でも社長になれたのKindle版

ツイートする