こんな僕でも社長になれた

  • 788人登録
  • 3.94評価
    • (130)
    • (112)
    • (113)
    • (7)
    • (8)
  • 155レビュー
著者 : 家入一真
  • ワニブックス (2007年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847017094

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ナガオカ ケンメ...
デール カーネギ...
劇団ひとり
東野 圭吾
村上 春樹
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

こんな僕でも社長になれたの感想・レビュー・書評

  • 僕の本です。買ってください。30分あれば読めます。登録するのを完全に忘れてた。

  • 本書は家入氏の半生(生い立ち~ぺパボ売却まで)の話である。

    家入氏といえば、ぺパボ売却後も、飲食店をやったり、クラウドファンディングのcampfireを立ち上げたり起業家としても有名で数多くのファンがいる。私もそのひとりだ。家入氏が多くの人に愛される理由は「生き様がカッコいい」からだと思う。好きな事をやっていてかつ、起業家としても活躍しているそんな姿に人々は魅了されるのではないだろうか。

    では、なぜカッコよく見えるのか?それは、すべてをさらけだしているからだと思う。自分の弱さや失敗、家族の事、あまり他人には知られたくない事をオープンにすることは容易なことではないだろう。家入氏に限らず、私がカッコいいと思う人物はこのオープンさを持った人たちだ。多くの人はプライドが邪魔して自分を晒すことができない。しかし、何かをきっかけにその壁を乗り越えることができた時、人は変わることができるのではないだろうか。

    本書は悩める者(若者だけでなく)に勇気を与えてくれる本で、たいへん失礼ながら「家入にできて自分にできないわけがない」と感じた。起業家だけでなく、多くの人に何らかのヒントを与えてくれる本である。

    【個人的感想】
    現在、僕は起業家としてチャレンジを続けています。ユニクロの柳井さんが一勝九敗なら僕は連戦連敗といったところです。家入さんから本書に限らず、ツイッターやFBから多くの刺激を受けました。例えば、経営者とは人格者でかくあるべきなんて思っていたのに、ツイッターで、「う●こ」だとか「ち●こ」だとか平気で言っている姿をみて衝撃を受けました。こんなのでいいのか?と思いました。それをきっかけに僕は好きなようにやってみようと思うようになりました。本書の最後に「逃げることは、悪いことじゃない」という言葉がありました。これまで諦めるのはよくない、諦めたら終わりだとずっと信じてきたので、この言葉を聞いた時、気持ちがとても楽になりました。そう、自分が思うように生きて行けばいいのだと。

  • こういう生き方もいいと思う。
    この本を読み終わるまで、この「ブクログ」が、著者の作ったものだとは知らなかった。
    改めて、素晴らしい人物だと感じた。

  • らも の後に続けて読んだので、なんて言うんだろ、人生をふたつ続けてみちゃった感じ。

    彼の人生はラッキーで片付くことではなく、なんかストンとおちたというか。読んでてここまでうらやましくならない自伝?も珍しいなって。

    このブクログも彼が作ったなんて知らなかった。お金の本先に読んだりついったみたりして、ちょう最先端なホリエモン系の人かと思っていたんだけど、そうでもない。家族との時間を作るために、家でできる自分の仕事、って観点から企業しているのがとてもいいなと思う。そしてらもの後に読んだから超絶爽やか。笑

  • 実業家やリバ邸の経営者として名を馳せるまで、すごい苦労をしてきた事が分かった。

    お金が教えてくれた事という本の後に読むと、不思議と勇気がもらえる。

  • 先に同じ著者の、「お金が教えてくれること」を読んでいたのだが、同じ人だと思えない。
    ものすごい苦労をしてる人なんだなぁ、とわかった。
    普通なら逃げ出してそのまま、逃げ出したままで人生終えるんだけど、家入さんは違った。本のタイトルにはこんな僕でも、とあるけれどこんな僕だからこそ、だと思う。
    新聞奨学生をやるという時点でもうすごいよ。

    あとロリポップとかペパボとかのバックグラウンドが分かって良かった。
    想像つかないくらいの技術者集団かと思ってたけど、そうでもないんだなぁと。もちろんすごいエンジニアもいるのはわかってるけど、そういう人たちを巻き込むにはやはり自分から積極的に最初に動く、ということが大事なんですね。
    M&Aに至る過程にしても計画的にやった訳じゃなくユーザーを大切に企業文化を育んできた自然な結果なんだと思った。

    苦労をした人間、努力した人間は強いですね。

  • 就活を目前にして、特にしたいこともなくて、日々何もやる気が起きず、ここまで育ててもらった親や家族に対して申し訳なくて、この先どうしたらいいかすごく不安で仕方なかった。
    けど、何かの拍子に、今までの自分の人生が点と点で繋がって、それがどんどん広がることってあるんだなあと。今こうやって悩んでいることも、きっといつか、未来の私の糧になる。そう思うと、前向きに、あれもやってみよう!これもやってみよう!って思えるようになる。
    RADWIMPSのおしゃかしゃまって曲の最後に、「上じゃなくたって下じゃなくたって横にだって道はあんだ」って歌詞がある。型にはまった生き方なんてくそくらえ!人生なんて自己満足。死ぬとき、「あー楽しかった!」って言って私を終われるように、今このときを大切に生きようと、そう思えるようになった。がんじがらめにならないで。

    背中を押してくれてありがとう、家入さん。

  • レンタルサーバーロリポップ創設や先日ネットを中心に賛否両論と話題になっていたSteadygiftの立役者である、株式会社paperboy&co.創業者、現Liverty代表の家入氏による伝記です。一見ビジネス書のようにも思えますが、ビジネス成功の手法などはどこにも書かれておらず、如何に著者がとんでもない人生を歩んできたかという背景が書かれています。著者の風貌を見るとやり手の若手ベンチャー社長というような感じがするのですが、実際の生い
    立ちはとそのイメージとはかけ離れていて、学生時代に何度も何度も社会から逃げ出しまくっていた社会不適合者であり、それでいてとても家族想いの人間味溢れるタイプのようです。語り口も非常に素朴さや素直さが伝わってきて、涙腺の緩い方は涙なしでは読み進められないかもしれません。僕個人的にも何気に著者のサービスは色々と利用していて、昔やっていたバンドのサイトなどはロリポップを使っていましたし、ブックレビューのブクログもかなり前から頻繁に使用しています。著者がオーナーのカフェもよく利用するので、意外な接点も多いことにビックリです。いじめ問題などが話題の昨今において、この本が救いになるような人もいるのではないかと思わせてくれるほどの良書でした。

  • ブクログやロリポップを作った人の自伝。
    (最近だと"studygift"で話題になった人)

    不登校、高校中退、両親の借金地獄、予期せぬ妻の出産…と、まさに波瀾万丈な人生を乗り越え実業家となった家入一真さん。
    我々が「逆境」と感じるものの多くはそこまで大きな壁じゃないし、やる気次第でなんとか乗り越えられる、ということを感じさせてくれる1冊。

    だが、家入さんの成功には、「逆境を乗り越えようとする明確な意志」と「プログラミングやイラストといった着実な技術蓄積」という背景があることを忘れてはならない。
    なんとなく、という気持ちで起業しても成功しないし、惰性のままに日常を過ごしていても大きな変化は起こせない…ということを肝に銘じたい。

    …さて、自分はというと、ここ数ヶ月ほとんど本を読むだけの生活をしている。本を読んでいるだけじゃ何も変わらないよね(自省)

  • 一気に読みました。面白かったし、励まされました。仕事の壁にぶつかって、何とかしなきゃと思ってる今、本読んでる場合かと思いつつやめられなくて読んで、読み終わってわかった事は、今読むのが一番いいタイミングだったんじゃないかという事。八方塞がりで、読んでる場合じゃない人にオススメです。来た道なら戻れます。

  • ブクログやジュゲムなど、気になるサービスの運営会社を調べてみると、同じ会社に。その会社の社長さんの自伝。いい本でした。

    起業というと、スーパーマンが世界に革命を起こすようなものを想像することが多いかもしれませんが、決してそれだけではありません。家族を食べさせる分だけあればと生活を優先させて始めた会社(サラリーマンより時間の融通が利くと思ったらしい)が、ユーザーの声に応えていくうちに自然と育っていったそうです。

    あまり格好良くはない社長さんの記録ですが、それくらいの力加減がいい感じです。もちろんスタート時には大変だったようですが。

    奥さんがいい味出してます。こういう人いいですね。

  • 年末年始あたりにtwitterのTLに流れてきたので読んでみた。

    よくあるビジネスの成功体験ではなく、家入さんの生まれてからの半生が詳細に書かれていて、どちらかというと家入さんがどんな人なのか興味があったのですごく面白かった。

    引きこもりだった家入さんの心の葛藤や、見守ってくれている家族とのやりとりに感動した。親ってほんとすごい。

    引きこもり時代やその後も興味のあることにとことんのめり込んで、また辞めて、またのめり込んでいく。
    端から見たら今時の飽きっぽい若者に見えるかもしれないけど、何かを掴もうとしているように見えた。
    そういうことができる環境なら、思ったことをとことんやってみるのもいいかもしれないと思った本だった。
    「やりたいことがわからない」っていう人は参考になるかも。

  • 電子書籍版を読みました。10年前、Webサイトを持っている女の子たちはみんなロリポおじさんのバナーを貼っていました。当時はまだ堅い感じのレンタルサーバーしかなかったので、ロリポおじさんのバナーは、とても目立っていました。その裏側にこんな物語があったなんて。

    著者は「逃げてもいいんだよ」と言っていますが、逃げた後はそのことをとても重く受け止めています。逃げてもその先には家族への愛があります。事業に成功して会社が大きくなってからも、社員、社員の家族までを想っています。その描写に何度も目頭が熱くなりました。

    そして本書を読みすすめるうちに、Apple創業者のジョブズ氏のスピーチの「点と点を繋げる」という話を思い出しました。ジョブズ氏はこう言っています。「点が繋がって道となることを信じることで、心に確信を持てるのです。結果、人と違う道を行くことになっても、信じることで全てのことは、間違いなく変わるのです。」と。たとえ今、自分の思い通りにいかない人生であっても、過去を振り返った時、点と点がつながる日が来るかも知れません。

    「こんな僕でも社長になれた」は、起業を目指している人だけではなく、働いているお父さんやお母さんたち、今困難にぶち当たっている人にも読んでほしい本です。

  • 家入さんのこと好きになりました。

  • 尊敬するプログラマーであり、ベンチャー創業者。
    全く飾らず、ありのままの自然体で執筆されていて凄く感情移入してしまった。
    イジメ、不登校、挫折…。今の家入さんからは少しも想像できないけれど、そんな家入さんの人生を知る事ができるし、誰にもそういう過去があるんだなと思った。
    本当に自由に生きていて、かっこいいし、羨ましい。

  • 2011.5.26-6.1
    図書館

    すごくいい話だった。家入氏は会ったことはないけども個人的に好きな人だし、気がつけばロリポ、ジュゲム、そしてブクログとお世話になりっぱなしのベパボは、金の無い自分にwebの世界の広さと楽しみを教えてくれた、多大なる影響や刺激をもたらした存在だ。生い立ちの話も童心に帰って感情移入できた。自分も頑張らないといけないというモチベーションになったし、やっぱり個性は大事にしないといけないという勇気をくれた。
    また、今後の活躍にも注目していきたい。

  • paperboy&co.の創業者である家入さんの自叙伝。

    鼻血出しながら上履きでとぼとぼ歩くのを想像して笑ってしまいました笑

    paperboyの企業理念の底にあるモノを感じられました。

  • 家入さんの自伝。ブクログを作ってくれてありがとうございます。
    飾らない人柄というか、素朴ないい雰囲気が始めから終わりまで流れている。気持ちよく読めた。現代にしては珍しい良い本。

    著者は自身を「逃げている」と評しているが、全然そんなことがないと思った。
    住み心地の良い場所を追求するのは、至って合理的な判断ではないか。
    また、この人は頭がいいんだなあとつくづく思った。だって事あるごとに、問題意識をしっかりもって、それを解決しようと動いてるんだもん。

  • 社長だからと、バリバリのオーラを放っている訳でもなく、
    凄く自然で、優しささえも感じる文章でストーリが進んでいきました。
    「ひきこもり」、「アルバイトの挫折」等、数々の失敗があるものの、
    そこから生まれる人との出会いや、ロリポップのユーザーに対する思いに、
    著者の暖かさや、人柄をとても感じる事が出来ました。

  • 普通の成功者や社長とはちょっと一味違う生き方をされてる。
    あとがきの逃げて逃げて逃げた先にちょっとイイものを見つければいいって考え方は、自分を責めてしまう僕に取って救いとなる考え方です。

  • この本からブクログを知りました。
    好きなことが仕事になっててうらやましい。

  • PDF無料公開の「就職しない生き方~」で 家入さんを知り、この本を知り、Twitter @hbkr を見て、Twitter @YkHrs を始め、ブクログも始め、今日に至ります。JUGEMでブログも始めてみようかなと思っています。
    なんだか僕に転機を与えてくれた人かもしれません。ありがとうございます。
    最近読んだ本でダントツのNo.1の感動、面白さでした。
    【僕のメモ】
    (1)家入さんのお父さんのように知恵と工夫で玩具の代わりとなるものを僕の息子にも与えてあげたい。
    (2)些細な事で、友達はなくなると思うべし。(友達を大切にって意味で)
    (3)両親の愛情は深い。
    (4)「逃げ」もひとつの選択肢だ。
    (5)本の表紙と今の写真が別人みたい→僕も痩せる!

  • 読みながら何度も泣きそうになりました。いつの間にか「起業すること」を目的にしてしまっていた自分にガツンと響きました。

  • 口は災いの元

    実感しました。以後、気をつけます。

    家入さんを本当に尊敬してます。

  • 家入さんは素敵な人ですね。

家入一真の作品一覧

家入一真の作品ランキング・新刊情報

こんな僕でも社長になれたのKindle版

ツイートする