公務員ってなんだ? ~最年少市長が見た地方行政の真実~ (ワニブックスPLUS新書)

  • 229人登録
  • 4.11評価
    • (20)
    • (32)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 熊谷俊人
  • ワニブックス (2012年12月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847065347

公務員ってなんだ? ~最年少市長が見た地方行政の真実~ (ワニブックスPLUS新書)の感想・レビュー・書評

  • 自分の住んでる自治体の首長の著書だったので、好奇心に駆られて手に取ってみました。
    一読した感想は、文章力とプレゼン能力が高い人だな。という事です。
    (この本を読む迄、ゴミ袋1袋の処理に280円もかかってるとは、知りませんでした!)
    地方の自治体の首長というと、今はマスコミへの露出度が高い橋下徹を思い浮かべがちです。
    しかし、本著の最終章には、彼の手法への批判も若干記述されていて、中々興味深かったです。
    (自治体の職員と市民の間に対立項を作ってはならないと記してありました。)
    人のマネジメントと、自治体の運営へのバランス感覚が優れている印象があったので、読んでいてココロにすとんと落ちる感じがしました。
    読後の感想として、千葉都民などと揶揄されるごりごり保守な自治体の住民ですが、首長選びは今後本当に重要になってくるな。とこの本を読んで腑に落ちました。

  • 「公務員は本当に無能なのか?今改めて考える市長の役割と職員の意識改革」財政危機の千葉市で奮闘中の史上最年少市長が綴る行政改革と公務員改革のすべて。政治、行政、街づくりに興味のある方、必読。
    第一章 公務員は本当に無能なのか
    第二章 市長と公務員の役割
    第三章 求められる公務員の意識改革
    第四章 市民にも求められる意識改革

    本書は、いわゆる公務員批判の本とは異なり十分に読む価値がある。
    公務員社会の特殊性を理解しつつ、行政の何を変えるべきか、住民側は何が出来るのかをわかりやすく論じている。
    残念な点は、著者は千葉市の市長であり千葉市における行政改革の体験を踏まえて論じているが、部外者にはわかりにくいことである。どこかの派手な首長であれば全国版のニュースで面白おかしく取り上げられるのであるが、まじめで堅実な改革というのはニュースになりにくいようである。補足記事や年表があれば内容に厚みが増し良かったと思うが新書に求めるのは酷であろうか。

    本書は良書であるが、簡単には頷けない主張もある。著者は千葉市の歴代市長は公務員出身で、選挙は通過儀礼に過ぎず事実上の内部昇格が行われてきたという。戦後初の外部出身市長である著者がこれを批判する気持ちはわかるが、住民が選挙で選んだ事実を軽く見てはいけないと思う。
    また、内部昇格ゆえに選挙運動で貸しができ改革が出来ないとしている。これは一見説得力があるようにみえるが、「選挙で市民に嫌われるような見直しをすること」が出来る候補者は公務員出身であろうがなかろうがそう違いはないのではないか。果たして選挙期間中に有権者に苦言を呈する政治家がどれほどいるのだろうか。改革が進んだ背景には、千葉市が「脱・財政危機宣言」を出さざるを得ない事態であったからこそ、住民も改革に理解を示したということが言えるのではないだろうか。(だからといって千葉市の改革の価値を損ねるものではないことに注意)

    著者は第三章で公務員の意識改革を論じるが、公務員が出来る領域と政治家がリーダーシップをとらなければいけない領域は分けて論じる必要があると思う。本書ではまだ水道が敷かれていない地域(10戸)に水道を敷くかどうかを例として論じているが、水道を敷くというのを公務員的発想で、コストをかけて敷く必要があるのか、他の方法や維持管理、将来的に集落が存続するのかどうか、まで考えて判断するよう意識を改革すべきだとしている。もとより、最良の方法を考えるのは当然ではあるが、費用対効果により優先順位は下がるとしても、果たして公務員に敷かないという選択肢が取りえるのだろうか。そこは政治判断の領域であるような気がする。
    本書では、市民にも意識改革を促している。誰かに白紙委任すれば済んだ時代は終わり、住民が自ら責任を持たなければ立ち行かない時代を迎えている。

    著者は30代半ばでまだまだ若いが早いうちから政治家になることを目標としておりなかなかの辣腕化である。千葉市の改革がどの様に進むのか。今後も注視していきたい。

  • 現役千葉市長による、バッシングでも擁護でもない、バランスのとれた公務員論。自らの実績紹介が多い気はするが、著者は若いが確かに見識のある政治家だと思う。公務員が住民のために力を発揮するためには、政治家のリーダーシップが重要であるということを感じた。

  • こんな風に考える市長が増えて、それに同調する住民が日本中で増えていくといいな。

  • 熊谷市長は、民間企業で身につけた考え方を市政に活かして千葉市を良くしていこうと考えていることがよく分かった。
    地方分権、さらには住民自治を目指して、市民が当事者意識をもって、身近な不便を減らすために物事を大局的に考えなければならないと思った。

  • 現役千葉市長である、熊谷俊人氏による著書。
    当時全国最年少市長である著者は、財政の危機的状況である中、しかも前市長が汚職で逮捕されるというスタートという波乱の後に就任し、その信念をもって市長として職務にあたる姿が印象的です。
    民間企業に就職後、市議会議員を経て市長となった著者は、民間企業の経験をもとに、行政の考えの特異性、無駄のある部分を指摘しつつも、行政ならではの事情を理解しつつ対応策を論じている点は、単なる公務員批判本ではなく、建設的な主張だといえます。

    著書の中では大阪市の橋本市長との違いも指摘していますが、熊谷市長の考え方はより現実的かつ実践的であると思います。

    単なる公務員批判・行政批判をすることで、公務員と住民を敵対関係にしていまうことの無意味さ、地方分権を突き詰めていくと住民自治になり、そのためには公務員だけではなく、市民にも意識改革が必要であるという明確なメッセージは、将来の地方自治のあり方にとって、とても重要であると考えます。

    <この本から得られた気づきとアクション>
    ・首長としての明確な目的と覚悟がよく表れていると思う。そのような期待に応えられる公務員であるべきだと感じる。
    ・民間との違いを言い訳することを甘えだと指摘しているのはそのとおりだと感じる。官民の違いを踏まえたうえで、独自の考えに陥ってはならない。

    <目次>
    第1章 公務員は本当に無能なのか?―特殊な世界が生み出す市民とのズレ(そもそも「公務員」とはなんなのか?
    公務員批判を拡大させた石肩上がりの終えん ほか)
    第2章 市長と公務員の役割―私が決断した市政改革の幕開け(『脱・財政危機宣言』
    “ハコモノ行政”の見直し ほか)
    第3章 求められる公務員の意識改革―私と職員の向き合い方(公務員の意識の本質的な問題
    民間とは違うという甘え ほか)
    第4章 市民にも求められる意識改革―自分の街をもっとワクワクする街にしませんか?(燃えるごみを3分の1減らす真の目的
    行政は市民のアドバイザー ほか)

  • 当時史上最年少で市長となった千葉市の熊谷俊人市長の、3年以上に及ぶ市政改革の軌跡と、公務員や市議会議員、市民がどうあるべきかを綴った書。
    ここ最近で読んだ本の中でも特に影響を受け、自らが住む街のために自分はどうしたいのか、どうするべきなのかをとても考えさせられました。確かに、我々市民は徴収された税金が如何に使われているかということに無関心である傾向があります。しかし、税金は、結果的に行政サービスとして我々に還元されます。ならば、何も知らないままメディアの論調に同調して思慮なく公務員を批判するのではなく、住民各人が市の「株主」としての意識を持ち、当事者である自覚を認識した上で市政に参画していくことが重要です(これは国政にも同じことが言えます)。そうすることで、街は更に住みやすくなり、快適な生活を営むことができるようになります。
    本書は、以上のことを千葉市の実例を挙げながら分かりやすく紹介しており、千葉市民のみならず、全国の市町村に住む人々も必読の書であると断言できるものでした。

  • 元々千葉市の熊谷市長には興味があったし、公務員を目指している身でもあるので、読んでみた。

    公務員を目指している身として、なかなか興味深い内容だった。例えば、「公務員の仕事は遅い」とマスコミなどでは言われて格好の批判の的になっているが、どうしてそうなってしまったのかや、民間と公務員が、どのような点がどういう理由で異なっているのかを、市長が実際に見たり聞いたりしたことを交えながら分析している。

    また、同時に、同じ革新的な市長でも、市役所の職員といかに協調しつつも、自分の思い描く理想を実現するかの難しさを赤裸々に語っており、面白い内容だった。

    この本は、公務員とは何かを考えるのと同時に、市の政策についても考えるよいきっかけとなりそうだ。

  • 千葉市長当選時、最年少政令市長として話題になった熊谷俊人市長の著書第一弾。第二弾の「選挙ってなんだ?」を先に読んでいたので、こちらも読まないととは思っていたのだが、中々読めずに積んでしまっていた。時間が取れて読み始めたのだが、読むのに没頭してしまった。
    「公務員」「役所」というとどこかマイナスなイメージがついてまわるこのご時世。公務員のイメージが変わるだけでなく、自分の生活態度から選挙参加の意志まで変わるような思いだった。
    詳しい内容については是非本を読んでもらいたい。我が市の市長ということを除いても「公務員ってなんだ?」、「選挙ってなんだ?」の2冊は是非読むべき。

  • 「身近なことって実はあまり知らないんだな」
    この本を読んでいて何回か思いました。
    普通の生活の中で、自分と役所の関係性を考えることはあまりありません。
    考える機会もありませんし、でも実はそこに大きな課題が内包されていることをこの本を通して思いました。

    千葉市長の熊谷俊人市長が財政的にも、市民の信用的にも最悪という状況のなかで就任してから行った施策、そしてその施策にはどういう意図があるのか、また課題や想いといったものが書かれています。


    とても、興味深いと思ったのは熊谷市長が就任した際に前体制の色を全部消すということをしなかったという部分。具体的には前体制の副市長を慰留した部分。 本書でも書かれているように、市長の周りを熊谷市長に近しい人で固めてしまった方が、新しいカラーを打ち出しやすいはずですし、改革もスムーズに行えるかもしれません。しかし、既存のベースを大事にし、職員の混乱が必要以上に大きくならないようにとの思いからのこのような行動に至ったそうです。この布陣を「最強布陣」と表現していたのも印象的でした。

    この行動にも代表されると思うのですが、この市長は「縦軸」つまり、過去から未来への時間軸と「横軸」つまり職員同士、市民同士、自治体同士または役所と市民の人同士のつながりのバランスを非常によく考えているように感じます。この施策で未来がどう変わるのか、過去の何がいけなかったのか、そしてそれに対し役所はどういうアプローチで臨んで、市民にはどういう変化が求められるのか。施策の説明すらしっかりとされない自治体がある中で、この「縦軸」「横軸」をしっかりと考慮した熊谷市長の説明は非常に説得力を持っています。

    市民と役所は「ギブアンドテイク」の関係です。私たちは税金というお金を預けて役所はそのお金で自治体の未来を明るくする。そして、私たちは享受する。だから、市民と役所はもっと積極的に歩み寄る関係であるべきなんです。でも、互いに疎外感があるのが今の現実… その関係性の変化に私たちの生活の向上のキーがあるのではないか、この本に言われた気がします。

  • 当時最年少市長として当選した千葉市長による著書。
    前市長は汚職で失脚、財政的にも信用的にもどん底だった千葉市。
    そこからの再建は並大抵のものではないと想像できます。

    着実に一歩一歩前に進み、市民や市職員と対話を重ねる市長の書いたこの本は、読んでいてとても泣きたくなりました。
    人はきっと、人の強い想いに触れると心を動かされるんでしょうね。
    本当に何度も泣きそうになって本を閉じました。

    行政は市民を選べない。市民も大抵の場合、行政を選べない。
    必然的に持ちつ持たれつ、ともに歩んでいかなければならない。
    それなのに市民にはどこかお客様意識が、行政はいわゆるお役所と言われる融通のきかなさがあるように感じる。
    そのどちらも根っこは同じで、市民にも「市の運営者」という意識が足りないし、市も情報開示を積極的にして理解してもらおうという姿勢が足りないのかもしれない。

    課題を解決するには、まずは課題と認識しないといけないですね。
    ともに歩みよることは、もちろん大事なことだけど、とても怖いことでもあります。
    歩み寄って、わかってもらえなかったらどうしよう。批判されたらどうしよう。
    それでも、歩み寄らないと何も始まらないし、これは私たち一人一人が考えなくてはいけないことですよね。
    もっと市政に興味を持とうと思いました。

    本書の、誰をも敵にしない市長の話の進め方、具体例をわかりやすく提示するプレゼン力に感銘を受けました。
    執筆してくれてありがとういございます、と伝えたい気持ちでいっぱいです。

  • 市民の立場に立ってみれば「私個人が抱えている不満を解消するのが公務員の仕事ではないですか」となるのですが、あくまで公務員は「全体の奉仕者」ですから、全体の公益に反する場合はここの要望に応えられないこともあります。当人からすれば当然だと思うことでも、全体から見ると無理筋ということはどの世界でもありますよ
    ね。(P.15)

    公務員は副市長や市役所の幹部であっても、市長・議会という取締役会の決定に従う立場にあり、経営責任は基本的に市長と議員にあると言えるわけです。私が市長になってから局長会議の場で「ここまで財政が悪化した以上、幹部は経営責任をとる必要があり、大幅カットが必要だ」と言ったところ、「私たちには経営責任がありません」と言われた。(P.40)

    そもそも、これから政治の道を志すということは損なのです。これまでも、いわゆる「右肩上がりの時代」では、「これを作りました」とか「あげる」「配る」ができました。それが、これからは「何かを始める」財源を生み出すため「何かを取り上げる」ということの割合が政治には求められてくる。(P.73)

    市役所は「市」民の「役」に立つ「所」になるべきなのです。(P.117)

    外交のそうですが、異なる立場の人間がある結論に向かって交渉していくなかで、プロセスを公にして落ちるわけがない。(中略)世の中のどこの会社が組合との交渉をオープンにしていますか。そんなのはあり得ません。お互い引けなくなって結論が出なくなるだけです。(P.133)

    橋下市長の言動を見ていて懸念しているのは、いわゆる「公務員批判」を大々的に展開することで、市民と公務員の対立を引き出してしまっている点です。(P.135)

    市民のみなさんは単なる「ユーザー」ではなく、ご自身のことを「株主」だとも考えてほしいのです。(中略)例えば、あなたが牛丼チェーンAの株主だったとします。今日からほかのチェーン店に対抗して、「大幅に値下げします」というニュースが新聞やテレビで流れたと想像してみてください。これがユーザーであれば、お客さんですから「これはお得だ」と喜んで食べに行くことでしょう。それどころか「もっと安くしてほしい」と思うかもしれません。でもあなたが株主だったらどうでしょうか。きっと「過剰サービスなのではないか」「そんなに値下げして会社の経営は大丈夫なのか」と不安になるでしょう。(P.176)

    「これから施設の使用料を有料化させていただきます。市民のみなさま方には、今後、2割分のご負担をお願いいたします」この文章は完全に市民を「ユーザー」だと考えている証です。そこで私は次のように書き直させました。「今後、施設の使用料の一部を一部、ご負担をいただきます。ただし、市民の皆さんのために8割は税金で
    運用させていただきます。ちなみに比率の考え方は以下の通りです」 最初の文言のままだと、今まで無料で利用していたユーザーは「なんだ、2割も金を取るのか。これはサービスの悪化だ」と納得いただけないかもしれません。ところが後者の文章だったら、どうでしょうか。「えっ、8割も市が負担してくれるのか」だとか「今までは100%負担してくれていて無料だったのだな」などと実感してくださるでしょ
    う。(P.181)

  • 自分は現職公務員だが、モチベーションが上がる1冊であった。

    単純に、こんな市長のもとで働けたらおもしろいだろうなと思った。

  • タイトルも著者も、職業的にど真ん中ヒットなので読んでみなきゃと思って購入。したらすごくよかった!!!!学生にも薦めてます。
    理想論だけでなく、かと言って厳しい現実を前向きに、わかりやすく。媚びたり卑屈にならず、偉そうでもなく。ぐっときたフレーズもいくつかあったから、職場の先輩に貸してるんだけど、戻ってきたら引用登録しよっと。
    若くて大変だとは思うけど、完璧に万能な人ではないと思うけど、姿勢が信用できる。千葉市民と千葉市で働く職員の方が羨ましくなるような一冊でした。

  •  現職千葉市長の著者と,橋下大阪市長と,中田元横浜市長を比べつつ読む。改革はするけど無駄に敵は作らない。著者はなかなかバランス感覚に優れた良い政治家だと感じた。もちろん公務員側にも意識改革は必要だけど,市民の側も,公務員バッシングの背景に報道の構造的な問題があることを認識して,自分たちは単なるユーザーではなく「株主」なんだという自覚をもたなくちゃ,とやんわり諭してくれる。まあ,正論だよねえ。

  • 前任の市長が汚職事件で失脚後、市の改革を期待して当選した若い政令指定都市市長がいかにして職員や市民の人心を掴み、改革改善を行ってきたかを記した書。
    内容については皆さんのレビューに譲るが、シンプルな結論に至るまでに重要なことは信念と丁寧なコミュニケーションだとあらためて感じた。
    実は会社組織でもその思考は十分応用できるし、逆に、民間企業出身の市長だからこそ実践できることだなと共感する。

  • 【内容】「公務員は本当に無能なのか?今改めて考える市長の役割と職員の意識改革!」。財政危機の千葉市で奮闘中の史上最年少市長(2009年当時)が綴る行政改革と公務員改革のすべて。 (「BOOK」データベースより)

    【感想】最年少市長の書いた地方行政の本・公務員の本。タイトルに惹かれて手にとった一冊。千葉市で行った行政改革を基に、公務員の意識改革・市民の意識改革について記されている。 ほぼ、同世代の若い市長が、信念をもって改革を続けていることを敬意を示すとともに、応援したいと思った。

     内容としては、市民が協力して地域づくりをすすめる重要性を説いている点が印象に残る。「市民も職員も、どちらも大切な市の運営者。それを理解したうえでパートナーシップを構築することができれば、もっともっと理想的な街づくりができる」(P207)、「行政でなくてはできないことがある。行政だけではできないことがある」(P198)「市民はユーザーではなく、ステークホルダー(株主)、市の共同運営体の株主のひとり」(P175)「(職員は)しっかり市民と向き合い、行政なりの考え方を説明することで、自分たちと同じ立場に立ってもらうことを目指すべき」(P121)としている。

     変わる時代の中で、その時代に相応しい地方行政のあり方というものがあると思うし、市長の役割、公務員の役割、市民の役割があると思う。だから、それぞれが、それぞれの立場でできることを考え、行動することが大事。自分もその一端に携わる者として、できることを進めたい。

  • 千葉市に限らず地方自治体が抱えている様々な問題を確認することが出来、そのなかで市民はなにを考えていかないかならないのかが勉強出来た。この時代、市民はやってもらえるという考えを捨てて自助力を鍛えていかないとならねばならないと思う。

  • この本で繰り返し語られていることは、「機会費用」について。例えば下水道普及率が99%だったとして、確かに残りの1%まで普及させることは公平の観点から望ましいけど、それに費やした数十億円があれば出来たことを見捨てることでもある。勿論普及率100%もそれなりに意義深いことであって出来た筈の事業とよく吟味する機会が確保されるべきである。

    そして、それはサービスを受ける住民も一方的な受益者に甘んずることなく、当事者として自分が住んでいる自治体に参加していってほしい。

    シンプルで誠実で合理的な市長の考えが、人口減少社会にあって救いともとれる響きに感じた。

全24件中 1 - 24件を表示

公務員ってなんだ? ~最年少市長が見た地方行政の真実~ (ワニブックスPLUS新書)に関連するまとめ

公務員ってなんだ? ~最年少市長が見た地方行政の真実~ (ワニブックスPLUS新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

公務員ってなんだ? ~最年少市長が見た地方行政の真実~ (ワニブックスPLUS新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

公務員ってなんだ? ~最年少市長が見た地方行政の真実~ (ワニブックスPLUS新書)はこんな本です

公務員ってなんだ? ~最年少市長が見た地方行政の真実~ (ワニブックスPLUS新書)のKindle版

ツイートする