語彙力がないまま社会人になってしまった人へ

  • 348人登録
  • 2.71評価
    • (1)
    • (4)
    • (19)
    • (11)
    • (3)
  • 20レビュー
著者 : 山口謠司
  • ワニブックス (2016年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784847095306

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
又吉 直樹
西 加奈子
百田 尚樹
エラ・フランシス...
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

語彙力がないまま社会人になってしまった人への感想・レビュー・書評

  • そんなに難しい言葉が紹介されるわけでもなく、どちらかというと、社会人として知っておくべき基本的な言葉が解説されている。著者の研究分野での言葉の選択なので、中国由来の言葉が多い。そのため、言葉で使われている漢字についての解説が丁寧で、役に立った。本書で紹介されているすべての言葉を使いこなせるように必要はないが、半分以上は使えないと恥ずかしいものであるし、使えると知的な印象を与えることができるのも事実。若手の社会人や就活生にお奨めの本である。

  • 2017年、44冊目です。

  • 知っているのと使うのは別。社会人としては、難しい言葉を使いこなせることより、簡単な言葉に置き換えて伝わりやすくできる方がすごい。
    間違えやすい言葉のコーナーは要らない。間違えないし、これ読んで混乱して間違えそう。
    できれば、無理なお願いをする言い方とか、やんわりせかす言い方とか、メールでわたしの名前をまた間違えてますよと伝えるバリエーションを教えてくれた方が、社会人としてうれしいな。

  • ・少し物足りない
    ・もう少し仕事や私生活で頻度が高い言葉を選ぶべき

  • 言葉の説明だけでなく、なぜそのような意味なのかまで深く書いてあるので、覚えやすいように感じる。しかし、ビジネスで使うシーンが本当にあるのか? というものが多く かなしみ

  • 社会人になって色々な立場の人たちにメールを打ったりすることはあるが、語彙についてあまり勉強してこなかったのでこの本を手にしてみた。言葉は人の美しさ凛々しさを外に示す大事な化粧とい言葉に感銘を受けた。今まで当たり前のように使っていた言葉が間違えっていることに衝撃を受け、これからは丁寧な言葉遣いを意識して大人としての知性を身につけていきたい。言葉こそが人を動かす。概ね格別機知に富んだ人間に真摯になりたい。

  • 社会人になってしまったと強く感じているので
    なる前のかたにもオススメ!

  • 煽り気味のタイトルの通り、語彙力を向上したい社会人向けの本。「最低限知っておくべき51語」を取り上げている。
    51語の選択が納得できれば良いのだが、重要度と実用性の面からは疑問が湧く。”忖度”は例の学園問題が話題だから?。”斟酌”との違いは勉強になったが。
    一方で、言葉の歴史や漢字の成り立ちに注目した解説は記憶の助けになる。終章の語彙力を高める手法も有益。ただ、コストパフォーマンスが悪い。蔵書にするなら、51語のために1400円を出すより、1690円出して「大人の国語力辞典」を購入した方が良いと思う。

  • 「因果関係」は「原因」と「結果」であり、そこにはなんら規則や法則がなくても使えます。それに対して「相関関係」と言った場合には、なんらかの科学的な規則性があることが前提になるのです。(p.69)

    「忖」は「心を指一本の長さ伸ばす」ということを表すことになります。
    「忖度する」というのは、相手の思うところがどの辺りにあるかなということを知るということを意味する言葉なのです。(p.87)

    「忖度」という言葉が「相手の心を推し量る」ことを主に言うのに対して、「斟酌」のほうは、「相手の心を推し量った上で、それに処置を施す、対応する」という行動が入っていることを覚えておくといいでしょう。(p.114)

    「畏怖」や「中庸」という言葉を知っていなければ、そうありたいというイメージもつくることができないでしょう。言葉ですべてを説明することは不可能ですが、それでもやはり、言葉は「指針」を示してくれます。
     古代からずっと培われてきた偉大な言葉は、我々を育ててくれる肥やしなのです。(p.163)

    「堅忍不抜の志」とは、「緊張した状態で粘り強くこらえる心をどんなことがあっても持ち続け、目的を達成させようとする意志」ということになるでしょう。(p.218)

  • システム手帳が昭和の時代には使われなかったこと、その時代はスケジュールは調整するのではなく上からいわれるものというのは驚きです。

  • 状況に応じ適切に、品格をもって表現するために語彙力をつけることを勧め、最低限知っておけばよい51語を取り上げて、その意味や起源などを教えてくれる。
    忖度などの漢字だけでなく、コモディティといったカタカナ語も取り上げられており、意味などは教養として参考になるが、「拝承」が最初にあって、個人的には耳慣れない言葉だったので特に口頭では使っても意味が分かってもらえないように感じられた。
    語彙力だけあって慇懃無礼な言葉遣いになるよりも、人格本位で人物を磨く中で語彙力も伴っていくのが本来ではなかろうか。
    17-40

  • 為になるほどの内容では無い

  • 語彙力は普段の努力で身につける必要がある。

  • 「新しい」が「あらたしい」
    「相殺」の読み方で意味が変わるなんて!!
    拝承いたしました!

  • 拝承いたしました

    幾重にも御礼を申し上げます
    (洗練された言葉で、一度だけ深く感謝する)

    機知に富む

    などは、言葉として勉強になった。
    しかし、全てのものが身に付けておくものかと言われるとそうでもない気がした。

全20件中 1 - 20件を表示

語彙力がないまま社会人になってしまった人へを本棚に登録しているひと

語彙力がないまま社会人になってしまった人へを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

語彙力がないまま社会人になってしまった人へを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

語彙力がないまま社会人になってしまった人へを本棚に「積読」で登録しているひと

語彙力がないまま社会人になってしまった人への作品紹介

仕事でスグに使える大人の言葉づかい。「相対的」「代替」「乖離」「忖度」…など、"この人、できる!"と思われる51の言葉をわかりやすく紹介。

語彙力がないまま社会人になってしまった人へはこんな本です

語彙力がないまま社会人になってしまった人へのKindle版

ツイートする