木村カエラ写真集 Cheeky

  • 113人登録
  • 3.64評価
    • (16)
    • (9)
    • (39)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 木村カエラ
制作 : 森本 美絵  アミタマリ 
  • ロッキング・オン (2007年2月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860520649

木村カエラ写真集 Cheekyの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カエラさんにとって初めての写真集。これぞ写真集!と言ったようなかしこまりは全く無く、装丁もキュートかつラフに仕上がっていて、彼女の「素顔」にぴったり寄り添っていると思う。この本が出版されたとき私は高校生で、いつも彼女に憧れていたことを思い出します。時々、ふと見せる少年のような表情に私はいちいち、ときめいてしまいます。

  • アミタマリ silent flowers
    2013年6月7日(金)- 19日(水)11:00-19:00 毎週木曜休
    THE MICHELLE GUN ELEPHANT、Perfume、RIP SLYMEなど、おもに著名ミュージシャンの撮影で知られるアミタマリ氏。CDジャケットや写真集、雑誌などで発表される彼女の写真は、具象としての被写体だけではなく、身体性やその動き、一瞬の刹那に蒸留された背景にまで題材のウィングを広げたドキュメンタリー的な話法が持ち味です。写真メディアそのものの魅力を愛する繊細かつタフなトーン、インスピレーションのきらめきを想起させるショットの数々は、アーティストたちやファンの心を強く捉えてきました。

    写真家の道へとアミタ氏の背を押したのは14年前、自宅近所でふとシャッターを押したテッポウユリの姿でした。その後もポラロイドで花のシリーズを撮影するなど、物言わぬまま生命を継いでいる花の姿と対峙することは、自らのアイデンティティを表現するライフワークになってきました。

    本展は、彼女にとって初めての個展。昨夏に撮影して仕上がった花のシリーズを披露するものです。切り花をセットアップするのではなく、咲く場所でライティングもせずに撮影したイメージばかり。彼女は「光や風、滴の動きが起こす神々しい瞬間」に直に向き合い続け、単なる花モチーフを超えた鮮烈なドラマを絵画的に昇華させました。撮る側の感受性こそ未知の美しさの探索者であること、そして彼女のコマーシャルワークの底流に張り付いた美意識をも伝えています。ネガ・ポジフィルムで撮影したシルバーゼラチンプリント、約45点を展示・販売する他、作品集やフォトフレーム作品、iPhoneケースなどの関連商品も販売いたします。
    GALLERY SPEAK FOR
    〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR B1F
    東急東横線代官山駅 徒歩2分 ※お車でのご来場はご遠慮ください。
    http://www.galleryspeakfor.com/
    Mari Amita
    http://www.amitamari.com/

  • 可愛いー☆

  • 有無を言わさず可愛い。そしてかっこいい。
    でもまだ少し幼いカエラちゃんがいっぱい詰まってます。

  • 「素」です。かっこいいのに、飾らないカエラがここにも。

  • かわいすぎます

  • すごい可愛いなあと思いました。

  • http://file05.up.gs/upload.html

    ファイルNo.4224

    ダウンロードパスは僕の名前です

  • スッピンもかわいいなぁ。うっとり。そしてイラストのセンスもいいのね。

  • 欲しいぜ。すっげー欲しいぜ。

全12件中 1 - 10件を表示

木村カエラ写真集 Cheekyを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

木村カエラ写真集 Cheekyを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

木村カエラ写真集 Cheekyを本棚に「積読」で登録しているひと

木村カエラ写真集 Cheekyの作品紹介

ロンドンでの休日、レコーディング風景、全国ツアーの舞台裏、ライヴ終演後の打ち上げまで-2006年もポップにミュージック・シーンを駆け抜けたカエラのすべてを凝縮!ちょっと生意気でカラフルに弾ける魅力と、誰も見たことのない等身大の素顔が詰まった決定版写真集。

木村カエラ写真集 Cheekyはこんな本です

ツイートする