疑問に迫る日本の歴史

  • 6人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 松本一夫
  • ベレ出版 (2017年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860644994

疑問に迫る日本の歴史の感想・レビュー・書評

  • <目次>
    第1部  原始・古代
    第2部  中世
    第3部  近世
    第4部  近現代

    <内容>
    サイト「日本史へのいざない」、著書『にほんしのいざない1・2』を書いておられる著者の、ちょっと一般向けの本。サイトには日本史のネタ以外に、授業の取り組みなど多くの教育に関する示唆も載っており、教育への真摯な取り組みを実践されておられ、この本の経歴を見ると校長にまでなられた由。見ている人は見ているのだな、と思いました。
    それはさておき、教科書の歴史をすべてだと思っている人に対し、痛烈なパンチをぶち込むこの本、テーマは前近代に偏っている感はありますが、天皇家の系譜、聖徳太子の実像、鎌倉幕府の成立…中世以降は、世界史のなかの日本史の視点が増えます。「蒙古襲来(元寇)」、最近話題の「鎖国」、ペリー来航の裏側、日清・日露戦争…。
    基本的な日本史の知識は必要ですが、「なるほど」と手を打つ内容です。

全1件中 1 - 1件を表示

疑問に迫る日本の歴史を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

疑問に迫る日本の歴史の作品紹介

史料から歴史の真相を解き明かし、その実像に迫る日本史教養書。本書では原始・古代から現代までの日本史の注目テーマを40取り上げ、史料や年表を用いて歴史の疑問を次々と解き明かしていきます。本文中で疑問を提示し、実際に史料を検討し自分で考えながら読み進められるので、まるで歴史研究の現場にいるかのようなワクワク感を味わうことができます。歴史を単なる知識ではなく、様々な史料を読み込むことで、当時の人々の生の声や歴史の実像を捉えることができる一冊です。

疑問に迫る日本の歴史はこんな本です

ツイートする