宇宙はなぜ「暗い」のか?

  • 62人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 津村耕司
  • ベレ出版 (2017年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860645014

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
ジム・アル-カリ...
宮下 奈都
エドワード・フレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

宇宙はなぜ「暗い」のか?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こういう読み物に弱い。
    結局「なぜ」は、わからないまま終わってしまうのだけれど、どうしても「なぜ」が知りたくて題名に負けてしまう。

  • オルバースのパラドックスと宇宙の姿
    https://www.beret.co.jp/books/detail/641

  • 宇宙はなぜ「暗い」のか?レビューで語るわけにはいかないですが、宇宙のことを初心者でもある程度わかるように、やさしく説明されています。例えば、「空気のない宇宙でどうやって太陽のように星は燃えているのか。」言われてみると、ほんと不思議ですよね。答えは、水素などが核融合反応して光っている、ということになるそうです。最初の問いには「オルバースのパラドックス」に対する現代的な回答をすることで、謎解きは完成します。でも、私にはまだまだ分からないことだらけです。

  • 夜空はなぜ暗いのか。確かに考えたことはなかった。なんとなく理解できたと思う。

全5件中 1 - 5件を表示

宇宙はなぜ「暗い」のか?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

宇宙はなぜ「暗い」のか?を本棚に「積読」で登録しているひと

宇宙はなぜ「暗い」のか?の作品紹介

「宇宙が暗いなんて当たり前じゃないか」と思われるかもしれません。確かに私たちは毎日、太陽が沈んで夜になると、空が暗くなることを知っています。この夜の暗さこそが、「宇宙の暗さ」です。この当たり前に思えることは、じつはとても不思議なことで、「無限の空間に無限の恒星が一様にばらまかれているとしたら、空は全体が太陽面のように明るいはず」という問題として、オルバースのパラドックスと呼ばれています。
本書では、さまざまな角度から「宇宙の明るさ」について迫ることでその疑問を解き明かし、その過程において、宇宙に関する基礎的な知識も自然に学べるようになっています。

宇宙はなぜ「暗い」のか?はこんな本です

ツイートする