融けるデザイン ―ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論

  • 309人登録
  • 4.31評価
    • (31)
    • (18)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 渡邊恵太
  • ビー・エヌ・エヌ新社 (2015年1月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861009389

融けるデザイン ―ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論の感想・レビュー・書評

  • IoTについて考える前提となる考え方について、丁寧に解説してくれている

  • 自己帰属感という概念が興味深かった。
    日頃から感じているであろう概念ではあるが、それを腑に落ちる形で表現・説明されているのが良かった。

    ただ、自己帰属感そのものはデザインそのものもそうだがユーザーの慣れの問題のように思えて仕方がない。
    多くの人に素早く違和感なく慣れさせることを目指せばいいのだろうか。
    この本では情報を取り扱うことを前提に考えている。
    だから、そういった部分を掘り下げて言語化することで、情報を扱うデザインのコンセプトを打ち立てた、ということだろうか。

    自分はデザイナーではないので、自己帰属感を出すにはどうするかという部分よりも下記が面白かった。
    『生命感は、自己帰属しない動きの中に宿る』
    昨今ではAIという言葉が乱立しているが、人々が思い描く人工知能の"人間らしさ"はこういった所から来るんだろうと思った。

  • 今後の広義のデザインを捉えるためのヒントにもなり得る良本だと思います。

    インターネットというメディアに淘汰されて、マルチインターフェイス化すること。

    デザインする対象は体験であることなど、とても腑に落ちる展開で読んでいて納得感が得られました。

  • 明治大学の渡邊恵太( @100kw )さんの本。

    「デザイン」といえば、ちょっと前であればDTPやwebデザインがメインだったけれど、いまはちょうどパソコン以外のものがインターネットにつながり始めた過渡期で、新しいデザインが議論され始めている。本書は、サブタイトルに「ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論」と書かれている様に、そんないまの時代の議論を象徴するような本。

    VisualHaptics、CursorCamouflage、smoon、Integlass、LengthPrinte、CastOvenといった自身の研究成果を交えながら、考えをまとめている。研究概要を知るには各研究の動画をYouTubeで見るのが早いのだけど、何を思って取り組んだ研究なのか、研究した結果得られた知見は何なのか、ということは動画を見るだけではわからないので、こういう文章の形で示されるのは面白いしありがたい。

    Keita Watanabe | Interaction and Application Design Research
    自己帰属感による道具と身体の境界など、認知心理学的視点からヒューマンインタフェースが解説されているのがとても面白い。この手の話で必ず出てくる書籍がドナルド・A・ノーマンの「誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)」なのだが、25年前の本で、正直あまり読みやすい本だとは思わない*1ので、まずは融けるデザインから読むのをオススメしたい。

  • 「融けるデザイン」って何?と思って読んでみる。ネット時代のインタフェースデザインの話。
    ただし、人対モノのインターフェースという概念を取り払い、新たな定義とその拡張をすることにより最終的にネット時代におけるデザインがどうあるかにつなげる。

    これらの中で定義されていく、モノからコト、UX、ユビキタス、IoT、デザイン思考、これらの概念がすべてつながっていく。こんなにすっきりと世界観を定義できるのかと感心することしきり。
    今までいまいち腑に落ちなかったインターフェースの話が何故もやもやしていたのかも非常にクリアになっていく。

    誰のためのデザイン?を読んで影響を受けた人、意味もなく「UIはサクサク」と言っている人など関係者必読ではないでしょうか。
    読んでみると「融けるデザイン」という題名の意味がようやくしっくりとくる、そういう深い本です。

  • デザインはサイエンス、と主張する著者による、今後のデザイン論。感覚的なタイトルだけど、中身は非常に理論的で、章を進むごとに著者の洞察が順序立てて分かる仕組み。フラットデザインの選択した理由、環境のデザインとインターフェースなどなど、非常に興味深い内容だった。「デザインをデザイナー任せておくには重要すぎる」をもじった「プログラミングをプログラマーに任せておくには重要すぎる」いい言葉。

  • メタファ スキュアモーフィズム フラットデザイン

    アフォーダンス. ;J.J.ギブソン
    "誰のためのデザイン?" D.A.ノーマン

  • 大学入ってもやもやした、やりたかったようなことがここに書いてあって腹落ちした

  • 自己帰属感という表現が非常に腑に落ちた.これからのインターフェースデザインについて考えるとワクワクさせられた.時間をかけて読んだせいか,専門単語の定義を忘れてしまったところがあった.再読したい.

  • 現代的な「デザイン」の問題を考えるのに好適な一冊。定番となるだろう。

    ただ、わかる人にはスラスラわかるが、わからない人にはまったくわからない本なのではないかという気もする。

    読んでわかる人は、すでにわかっている。
    わからないものののことはわからない。
    概念のプレユーザーインターフェイスというべきものがあるのではないかしら。

  • デザイン思考、M2M、IoT、HMIなど、を自分のなかでとらえなおすのに非常によい本であった。アーキテクトとしては、どうしてもテクノロジーに目が行きがちだが、やはりサービスあってのアーキテクチャーであり、HMI・インタフェースであることを認識できた。

  • デザインについての認知心理学の本として、新たな定番本となると思われる極めて重要な本です。

    キーワードの「自己帰属感」は、ある手段が身体の延長線上に思えることで、この本の趣旨は、インターフェイスの設計は自己帰属感を感じさせるようにすべきであるということです。

    元来のコンピュータ上にある情報は現実世界の物質の見立てであったが、コンピュータのメタメディア性により、今や見立てのない情報が出てきている(これはスキュアモーフィズムからフラットデザインへの移行の簡潔な説明になっている)。そうなると、インターフェイスの設計において物質であるか情報であるかは特徴の一つでしかなくなり、どちらか一方がありきで考えるのではなく、目的に応じて選択するものになってきている。

    そして、「コンピュータがある一定の性能を担保したことで、インタラクションの設計自由度は高くなっている」現在、カンブリア爆発的に多様なデザインが許容される=とにかく多様なデザインをやってみることが重要であるフェイズにあると筆者は考えています。

    個別論については是非直接本を読んでください。デザインの地平を正しく切り取り、幾つものかなり重要なテーマを扱っている良い本です。

  • 自分の中で「デザイン」の定義が変わった一冊。ヴァネバー・ブッシュ、ギブソン、深澤直人まで、古今の様々な人物たちからの引用を交えながら、議論が展開される。モノ対情報という二項対立はもう古い…プログラミングは一部の人のものにするのは勿体無いほど高い表現力を持つもの…などなど。まだまだ整理ができてないけど、ハードとソフトとネット、文系と理系、デザインとエンジニアリングなど色々なものがまさに「融け」合っていく時代に、何に注目していくべきなのか?がよく分かりました。じっくり再読したい!

  • グレートな1冊。

全17件中 1 - 17件を表示

融けるデザイン ―ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論を本棚に「積読」で登録しているひと

融けるデザイン ―ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論はこんな本です

融けるデザイン ―ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論のKindle版

ツイートする