世界が恋した美人時計 大ヒットサービスが生まれたヒミツ

  • 70人登録
  • 3.26評価
    • (2)
    • (10)
    • (14)
    • (4)
    • (1)
  • 15レビュー
制作 : 田中 慎也 
  • サンクチュアリ出版 (2011年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861136016

世界が恋した美人時計 大ヒットサービスが生まれたヒミツの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アイデアはおもしろいと思う。
    時計じゃない時計、という発想。

  • これだけ有名な美人時計なのに
    創業者がうまくマネタイズできず彼らの手を離れていってたのが残念。

  • 起業家と、実務家の役割分担の話
    美人時計は一つのケース

    立ち上げ

  • サクッと読めた。意外とちゃんと考えられたサービスだったんだなぁ。

  • ネットサービス「美人時計」の創業者・中屋優大氏とこれをビジネスに確立した橋本竜氏の共著。画期的なアイデアでネットサービスにイノベーションを起こした「美人時計」がどのようにして誕生しどのようにしてビジネスとして成長していったのかが綴られている。これを読むと生半可なことではネットビジネスで成功することはできないこととアイデアとヤル気があればビジネスを興すことができるという相反する現実がよくわかる。

  • 美人時計ってどうやってマネタイズしてんだろ?という疑問から買って読んでみた。内容はビジネスの話というより、サービス開発者たちの思いなどが中心に書かれていて、自分には少し読みづらかったな…。でも熱意は伝わってきます。

  • 気がついたら身の回りに有った「美人時計」、一番見入ったのは、駅での待ち合わせで、ぼ〜っとしている時に柱に備え付けられていた、デジタルサイネージでした。確かに私は一分間の恋をした!美人×時計、単純なコンセプトの中に多くのこだわりがあり、画面の裏側を知れた内容でした。荒削りでもやりながら修正して行く、今の時代にあったスピード感を感じる本です。

  • 1日1440枚の美人画像が表示され時を刻んでくれる美人時計の代表者が生まれヒットした秘密を語っている。単純な発想を生かし、それをビジネスに持ち込む中屋氏と橋本氏の思いがこめられている。

  • 前半のみ読むべき。

  • 決して一人では出来ないが、それぞれのスペシャリストがいる。そこに掛ける思いは人を動かし、美人時計は世界へ羽ばたいて行った。やはり行動力プラスαで仲間がついてくれば、どんなことでも可能だよ!と教えてくれた一冊だった。
    あとはいかに企業側がタイアップしたいと言わせる仕組み、コンテンツ、斬新さが大切だと思った。

    出来そうでやってこなかったことにフォーカスを当てて、考えて見るのも面白いかな。

全15件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
平野 敦士 カー...
ジェームス W....
ロバート キヨサ...
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

世界が恋した美人時計 大ヒットサービスが生まれたヒミツはこんな本です

世界が恋した美人時計 大ヒットサービスが生まれたヒミツを本棚に「読みたい」で登録しているひと

世界が恋した美人時計 大ヒットサービスが生まれたヒミツを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界が恋した美人時計 大ヒットサービスが生まれたヒミツを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界が恋した美人時計 大ヒットサービスが生まれたヒミツを本棚に「積読」で登録しているひと

世界が恋した美人時計 大ヒットサービスが生まれたヒミツの作品紹介

誰も知らない、サービスが生まれたきっかけが語られる。そして成功後、その想いを受け継いだ人物とは?明日からできる!新しいもの、良いもの、面白いものを作るこだわり!今まで語られなかったマネタイズの仕組みから、斬新なサービスを生み出すノウハウまでをすべて公開。美人時計の創業者と育ての親が語る、「美人時計」成功の秘訣。

ツイートする