がんばり屋さんのための、心の整理術 (Sanctuary books)

  • 237人登録
  • 3.84評価
    • (14)
    • (27)
    • (10)
    • (5)
    • (1)
  • 30レビュー
著者 : 井上裕之
  • サンクチュアリ出版 (2012年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861139697

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
スティーブ・シー...
三浦 しをん
柴田 トヨ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

がんばり屋さんのための、心の整理術 (Sanctuary books)の感想・レビュー・書評

  • 心の整理術について知りたくて読書。

    優しいエッセイ調で語りかけるような内容。

    自分を責めない。
    自分を好きになる。
    小さな自信を自分の中に増やしていく。
    言霊の力を使う。
    後悔しないためにやり尽くす、今を生きる。

    読書時間:約30分

  • チェック項目4箇所。あなたは本当に、今のそのままで愛されるべき、世界中に一人しかいない、奇跡のようにすばらしい存在なのです、私がこの本を通してあなたに届けられることは、そのことに尽きるかもしれません。相手があなたを否定するのは、その存在が大きく、邪魔だから、あなたという存在を認めているから、否定することで優位に立ちたいと思うのです、ですから、もしも誰かに否定されたときは、相手を許すこと、またはそういう見方もあるなど客観的に受け止めること。孤独を恥じることはまったくありません、孤独とは、あなたの魂の成長を100%促してくれる、神様からのすてきな贈り物なのですから。眠れない、起きられないというような原因不明の体の不調は、あなたの体と心が「もうこれ以上、がんばらないでいいんですよ」というサインを出していると、気楽にとらえてほしいのです。

  • 怒りやイライラを鎮める。第三者の自分をつくる(引用参考)。イメージを毎日少しずつトレーニングする。映像化してイメージをする。次はお茶の温かさや匂いまで、五感でイメージ。

    過去の痛みを洗い流す。過去の意味づけを変える=クリーニングすること。

  • 人を嫌いな自分を認める 自分を嫌いな自分を認める 過去の意味づけを変える

  • 心が軽くなる良書!

  • これを読んで素直に受け入れられない自分は、心が荒みきっているのかな、と思った。

    心に余裕があるときにゆっくり読み返してみたい。

  • 頑張ってるつもりはないのに、頑張ってるとよく人に言われる私。そういえば、時々疲れたなぁ~と思うことがあるなぁ。そう感じた時に読むっとホッと気持ちが休まります(o^^o)

  • 色々悩んでいる時に偶然見つけて、とても気持ちが楽になった。とりあえず全部を許容して、それから「こうしたらいかがでしょうか」というような著者の優しい語り口が良い。

  • クヨクヨしたり悩んでる人に向けて、そんなあなたでいいんですよと肯定しつつもその先の心の持っていき方についてアドバイスをくれる本。
    いろんなジャンルの悩みについてアドバイスしているので、誰しも一つくらいは自分と重ね合わせる部分があるのではないかと思う。
    本の作りも女性向けで、挿絵も可愛らしく、さらっと読める一冊。

  • 誰しも、心が疲れたり、弱くなったりするときがあると思いますが、特にそんな時に手に取って読みたい本。
    あるいは、心が疲れたと感じる前に、健やかな心を維持するため断続的に読み返すのもいいかも。

    いろんな出来事が人の怒りや哀しみを生みますが、そのような際、どのように心を整理すれば、負の感情に囚われて心がクタクタになることなく、自由な心でいられるのか、さらには良い方向へと繋げることができるのか・・・ということが綴られています。
    ひとつひとつが、無理なくできそうな小さなアドバイスですが、少しずつ確実にいい方向に向かえそうな内容。
    まさに「心のお医者さま」という感じの本です。

    筆者が語りかけてくれる言葉は、本当に優しさに満ちています。
    本の挿絵も素敵。
    さらには行間や間の取り方がカツカツしていない・・など、何もかもが優しさに満ちた本だと感じました。

    心が疲れたとき、弱くなったときに読んでほしい一冊

  • 読んでいるだけで自然に元気と勇気が湧いてきた

  • どれも『ふつうのこと』を書いているな、と思った。

    でもこういう本を読むときは、その『ふつうのこと』ができていないとき。

    だからこそ、それを忘れないように生きたい。
    忘れかけて、ちょっとだけつらいときには、またこの本を開こう。
    そうすればきっと悄然・挫折も超えられるはず。

  • 「あなたは頑張り屋さんだから…」という評価を、言われた側は納得しづらいものなのでは。適切な自己評価は難しいから、その手助けになるといいなぁ。

  • 与えられることを待つよりも、自分からどんどん与えること。
    凹んだ気持ちがすーっと軽くなる。優しく語りかけてくれるように書かれたこの本は、たくさんの人々の心の痛みを救ってくれると思う。
    辛くなったとき、また読み返したい。

  • 2016年2月25日購入。

  • 物事をとらえ方を変えるために、読みやすくわかりやすい本だと思います。
    どんな時でもココロに余裕を持つことが大切だと再認識できました。

    後悔なく生きるために。
    それが究極であり、物事の全てだと思われ、これは最後の章だが深く響いた。

  • ブックオフで見つけて気になったので購入。
    頑張り屋の私にはなるほどー思いながら読んだ。

    「親は反面教師。自分がやって欲しかったことを親にする」

    をやってみようと思う。

  • 宝物第2弾!!この本に出逢えて本当に良かった!塞ぎ込みたい、一人でいたい、恋愛が怖い…色んな思いが、柔らかくなりました。恋愛も悪くないのかな…と思えました。”やさしすぎる〜”よりもこちらの方が色んな人にプレゼントしやすいかも?!大切な後輩、大親友へプレゼントすることにします(o^^o)♡

  • ナナメ読みしただけで泣きそうになって、これはまずいと思い本屋さんでざっとよんで、終わった。

    再読したいからAmazonで買う予定。

    最近病んでたかな。

  • 自信は人から与えられるmのではない。人がそれをどう評価するかではなくて、あなた自身が決めるもの。
    どんな小さなことでも、自分をほめてあげる。
    自分を苦しめてまで、しなければなっらないことなんてない。
    何かをするのに、遅すぎるということはない。

  • カテゴリー「心地よい関係であるために。」
    人間関係の心の痛み〓ストレスで悩んでいるあなたに。「相手を認めること」。ヒントや考えるにあたり、「解釈」を違う方からやってみる。という話を読んで、この言葉でいままでの悩んで苦しかった気持ちが晴れました。ほかのカテゴリーの話もヒントがあり、心の整理が必要に感じたあなたに、オススメします。

  • 井上裕之著「がんばり屋さんのための、心の整理術」中経出版(2012)
    * 相手があなたを否定するのは、その存在が大きく、邪魔だから。あなたという存在をみとめているから、否定することで優位に立ちたいと思うのです。ですから、もしも誰かに否定されたときは相手をゆるすこと。またはそういう見方もあるなあと客観的に受け止めること。そうすれば、あなたはそれ以上感情を乱されることはなくなるはずです。
    * 少し逆説的なようですが、大丈夫あなたはそのままでいいんですよ。と今のあなたを丸ごとほめてあげることも大切です。それができればもうその瞬間から変わります。どんどんあかるい幸せなほうへとかわっていきます。なぜならあなたの潜在意識の中に全てを校庭するという光の言葉が植えつけられるからです。
    * 素直にほしいものはほしい、したいことはしたいといってみてください。これをいったら相手に嫌われるんじゃないかと相手に不快な思いにさせるんじゃないかとか、そんな恐怖心で自分の心を閉ざしていると体の中にもやもやが蓄積されて、それがストレスとなって腐敗して、大切なあなたの心の中をどんどん汚していってしまいます。思ったことを素直にピュアに吐き出していけば、心の中もきれいに循環して軽くなるし、その純粋さによって引き出される言葉というのはきっと相手が受け入れてくれるものになるはずです。赤ちゃんのように思い切って相手に自分の気持ちを純粋に素直にぶつけたとき意外と相手は受け入れてくれるし、自分が想定している以上のものを与えてくれます。
    * 心をオープンにして素直に純粋に言えば、本当に素直な純粋ないいものだけがひきよせられてきます。
    * その人と自分との違いも自分がより成長するために神様が気付かせてくれたことのひとつなんだなあ、と心から感謝するのです。人はそれぞれが違ってこそいい人間関係のバランスがとれるんです。
    * 相手のいやなところばかりを見ている関係は、残念ながら不快なものしかひきよせません。けれども相手のいいところを見つけてほめてあげられるようになれば、逆に良い人、塩あわせ名ことばかりがどんどん引き寄せられてきます。おまけに自分の中に蓄積されたネガティブなものもさらに浄化されていき、心も体も全部いいものに変わっていきます。結果、人間関係はもちろん、人生自体も素晴らしいものに変わっていくのです。
    * 家族や会社の同僚や、そんな付き合いに忙殺されていると、自分の意思に反したことをやらなければならないことも増えてきます。そうすると潜在意識の働きで、自分の意思に反した悪いものがますますひきよせられてくる。結果、人生の中で本当に自分がやりたいこと、やるべきことができなくて、気がついたときに、他人のための人生ばかりで自分の人生はなにもない、ということになりかねません。
    * 自信は他人から与えられるものではありません、人がそれをどう評価するかではなくあなた自身が決めるものです。たとえ根拠がなくてもかんちがいでも、自分の中にどんどん自信をふやしていくと周りにもそれが伝わります。そしていつの間にかあなたが自信を持っていることをほめてくれたり、対応も変わってくるのです。
    * すごく小さなことで、当たり前のことでもよいから、それができたら自分で自分をほめてあげること。たとえば、目覚ましがなる前に起きれた、部屋をきれいにできた、きちんと料理ができた、会社の同僚にありがとうといえた。そういう風に何かポジティブなことができたときに、私ってすごいなあ、といってほめてあげる。その小さな積み重ねがだんだん習慣化されて、自分にも、人にもいい言葉を使うことができるようになってきます。
    * いらいらしたり、起こったりしているときも、じつはあなたの心はとても痛み、苦しんでいます。でもどうすればよいかわからない。そんなときは第三... 続きを読む

  • 一家に一冊常備したい本

  • 請求記号:159.6/Ino
    資料ID:50066062
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

    【感想文 by M.M】
    大学生活が忙しい私に今ふと目に止まった本でした。今の自分には心の整理術は少し必要かなと感じた為、この本を手に取り読みました。気に入っている内容はどんなに小さいことでも、自分をほめてあげてでした。小さいことでもほめると自信につながって良い方向に向かうのではと自分自身感じました。
    時にこのような本を読んで心の整理術をするのもオススメかなと感じました。

全30件中 1 - 25件を表示

井上裕之の作品一覧

井上裕之の作品ランキング・新刊情報

がんばり屋さんのための、心の整理術 (Sanctuary books)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

がんばり屋さんのための、心の整理術 (Sanctuary books)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

がんばり屋さんのための、心の整理術 (Sanctuary books)のKindle版

ツイートする