ひぐらしのなく頃に アンソロジーノベル・惨(3) (ソフガレノベルズ)

  • 18人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • ソフトガレージ (2006年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861330674

ひぐらしのなく頃に アンソロジーノベル・惨(3) (ソフガレノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ第3弾。

    第1話「6月のバレンタイン」は、著者睦月透也、イラストあずまゆきの作品。魅音が村人たちの後押しで、圭一に女の子として思いを伝える話。

    第2話「レナパン攻略計画」は、著者桐生春斗、イラスト依澄れいの作品。レナの最強パンチに勝つために修行する圭一を、魅音たち3人が手助けします。

    第3話「あなたに逢いに行く」は、著者まじか、イラスト七海綾音の作品。詩音が雛見沢から出て行った悟史との再会を遂げる話。

    第4話「雛見沢七不思議怪事件」は、著者守靖ヒロヤ、イラスト内村かなめの作品。本編ストーリーのメタ・レヴェルの話で、鷹野さんの雛見沢研究の成果が詰まったスクラップ・ブックを片手に、圭一たちが雛見沢に伝わる七不思議を探検する話です。

    第5話「悲しいトラップ」は、著者御門智、イラスト佳原七海の作品。自分の作ったトラップにハマって脱出できなくなった沙都子を、圭一たちが救出する話。沙都子が心の奥に隠していた秘密に迫るストーリーになっています。

    表紙イラストは、あずまゆきと依澄れいが担当しています。

全1件中 1 - 1件を表示

アンソロジーの作品一覧

アンソロジーの作品ランキング・新刊情報

ひぐらしのなく頃に アンソロジーノベル・惨(3) (ソフガレノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ひぐらしのなく頃に アンソロジーノベル・惨(3) (ソフガレノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひぐらしのなく頃に アンソロジーノベル・惨(3) (ソフガレノベルズ)の作品紹介

同人ゲームながら大ブレイク中の『ひぐらしのなく頃に』アンソロジーノベル第3弾!ゲームは、コミカルな登場キャラクターたちと、それに相反する凄惨な連続殺人事件をテーマとするサウンドノベル。アンソロジーノベルでは、ライター独自の設定やシチュエーションによるオリジナル短編を5本掲載。表紙イラストにあずまゆき、挿絵に依澄れい、内村かなめ、七海綾音、華原七海など豪華イラストレーターが1巻に続いて参加。

ツイートする