オム・ファタール―運命の男 (ダリアノベルズ)

  • 25人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 山藍紫姫子
制作 : 小笠原 宇紀 
  • フロンティアワークス (2004年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861340123

オム・ファタール―運命の男 (ダリアノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • 桜庭サンが頑張ってる…!(←体温計プレイの場面)
    そこでそれだけ頑張れるなら、拉致される時もそのくらい頭働かせて抵抗して見せろよ、って思うんですが(笑 
    でもそんな、どこかなんか間違ってる桜庭サンが妙にツボってしまっている。

  • 「背徳の聖者たち」の続きです。今回は前回に増して血みどろでハードでした。私は平気でしたが・・・。
    今回は、桜庭が拗ねまくって(笑)鷹司(攻)を振り回し、敵にも攫われる・・・という感じです。相変わらず桜庭は色っぽいです。
    でも貞操観念が欠如した人たちばかりだからか、あまりお話にラブは感じられません。Hも混戦(?)ですし。色んなカップルを詰め込むお話は好みじゃないようです、自分(^^;)。

全3件中 1 - 3件を表示

オム・ファタール―運命の男 (ダリアノベルズ)はこんな本です

オム・ファタール―運命の男 (ダリアノベルズ)の文庫

ツイートする