茉莉花茶の魔法 (ダリア文庫)

  • 35人登録
  • 3.05評価
    • (1)
    • (1)
    • (16)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 剛しいら
制作 : 緋色 れーいち 
  • フロンティアワークス (2005年8月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861340864

茉莉花茶の魔法 (ダリア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 美人エリート(中国系)×大手商社マン

    大手商社に勤める主人公は、出先で数年前に身体の関係があった相手と再会する。
    紅茶メーカーとの取引を成功させるべく、誘いにのったはずが本気になってしまい、あげく取引は失敗し破局した。
    年月を経て再会しても、相手は相変わらず美しい。
    しかも、今度手がける中国茶の交渉を助けてくれると申し出てきたが。

    妖艶な美人(黒髪のクールビューティ)が受けということで買った一冊。
    …シリーズ2冊目とか知らんかったし(笑)
    ま、そちらとのリンクはさほどなさそうなので問題ありませんでしたが。
    ツンツン時々デレという黒髪ビューティですが(しかも身体の快楽にはけっこう素直で積極的)、
    最後の方で「おい、ツンどこいったんだよ、おいーー!!デレデレじゃんかぁぁぁ」となってしまったのは残念ですが、最後にツン取り戻したのでまあいいか!
    お茶に関する描写が多いので、じっさいに紅茶と中国茶の身ながら読みました。

全2件中 1 - 2件を表示

茉莉花茶の魔法 (ダリア文庫)のKindle版

ツイートする