長い間 (Dariaコミックス)

  • 238人登録
  • 3.41評価
    • (20)
    • (33)
    • (69)
    • (11)
    • (3)
  • 17レビュー
著者 : 館野とお子
  • フロンティアワークス (2005年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861340949

長い間 (Dariaコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これもなかなかですが、館野さんて全体的にサラッとしててなんかちょっと薄い感じがします(話じゃなくて、
    印象ていうか、うーん)。阿部は傲慢でちょっとおバカでかわいいと言えばかわいいですね。宮木は大人すぎだろうと思いつつw 宮木がもちょっと隠れ情熱だったらインパクトあったのかも、とかも思いつつ。まりえさんはまあ自業自得?的な部分もあってもなんか当て馬はかわいそうな気がw 瀬尾と深田の話は瀬尾が相当まっすぐでおバカでである意味ウケましたw

  • 跡部くんだと思って買って
    半分くらいの阿部くんにほくろを書いてすみませんでした

  • 過去に一度だけ関係を持ったがそれをなかった事として友人関係を続けてきた二人。結婚話が出てきて関係が変わっていく。
    同時収録は、学校で対立しあっているグループ同士なので仲間に関係を黙っているが、影でラブラブ…でも仲間に隠しての罪悪感…の高校生。
    2作品とも軽く読めるけどしっかりとした作り

  • 中編が2作。表題作は高校時代一度だけ関係を持ってしまった2人。その話題を触れずに10年以上の友達付き合いをした来た… この距離が2人にとって楽なんだろうなぁ、でもそんな危うい関係はちょっとした事で壊れちゃうものなのよね~ そんな安部と宮木の緊張感が凄く良かった。後半の高校生カプはガラッとかわりドタバタコメディで面白かったです。

  • 結局女の存在はなんだったんだ。

  • 過去の一度の過ちを引きずり続ける両片思いの友人たちの話。
    当て馬の麻理恵さんはいったいどんな過去を引きずっていらっしゃるのでしょう。
    男の人って両極端な性格でなんで馬が合うのと疑問に思うような2人でずっとつるんでるってよく聞く話ですよね。

    ヤンキー3年と生意気2年のリーダー格同士がじつはこっそりつきあってますというシリーズ。
    好きという勢いで突っ走るDKらしい性春。

    2つのシリーズの温度差がまたすごい。

  • 泣くとか感動するとかじゃないんだけど、ほのぼのゆっくり物語が進む感じが大好き。

  • 表情筋無さそうな宮木がいい。
    不用意に手を出してしまう阿部もいい。

  • 表題の話が好きです。男の友情…それは本当に友達としてなのか…。大人になった二人はどうするのか…。絵も綺麗です。( エロアリ★★)

  • なんだかサラッと読了。
    (攻)の彼女が出てきて、すわ三角関係か!!?と思ったのに悶々度が低いー(泣)

    収録作の【僕と君との】シリーズの方が、おバカ男子満載でとお子さんらしかった…
    ちょっと笑えてキュンとしちゃうとお子クオリティが素敵。

全17件中 1 - 10件を表示

長い間 (Dariaコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

長い間 (Dariaコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

長い間 (Dariaコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

長い間 (Dariaコミックス)のKindle版

ツイートする