いつも、きみのそばにいる~カエデ荘物語~ (ダリア文庫)

  • 50人登録
  • 2.87評価
    • (1)
    • (1)
    • (10)
    • (1)
    • (2)
  • 3レビュー
著者 : 森本あき
制作 : 明神 翼 
  • フロンティアワークス (2007年5月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861341816

いつも、きみのそばにいる~カエデ荘物語~ (ダリア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カエデ荘の管理人と住人のお話。

  • 正体不明 X 大学生 年上攻

    大学生の窪田蒼空は春休みの間、世界一周旅行に出掛ける祖母の代わりに下宿屋・カエデ荘の管理人をすることに…。蒼空は、そこで一風変わった住人達と暮らすことになったのだが、その中でも謎の多い人物、一号室の廣瀬大祐から毎朝キスをされ、しかもいやだと思うのに身体は素直に反応してしまい!?ひとつ屋根の下で繰り広げられるドキドキ、ラブロマンス。シリーズ第1弾。
     

    攻が受をいつどこで好きになったかがイマイチ分からないけど
    まぁまぁってとこかな。

  • 攻めキャラのビジュアルが好み…というだけで購入。
    最近は森本さんの本も好きかなーと思ってみたけど…うーん。
    あんまりこの展開は好きじゃないほうの展開にちかかったかなー。
    この方の本っていいときと悪い時が極端すぎる気がする。
    まぁ…あたしの好みの偏り具合にもよるのですが…(苦笑)

    攻めキャラの大祐が蒼空くんのことが好きだというのはなんとなくわかってた。
    なんかこう…結構強引なタイプなやつなのねーぐらいの感覚。
    基本、身体からの関係というのがあんまり好きくないというか…
    受けの蒼空がなんかこう…いまひとつ。
    いい子だとは思うのですが、ノリが男性A●っぽいのが嫌。
    うーん。だからなんかこう流されまくりなのがちょっと好きじゃないんですよねー。
    完全にあたしの好みの問題だと思うのですが…
    カエデ壮のキャラは全体的によかったです。
    皆が皆特徴があっておもしろおかしくて…
    まぁ…凛太郎と聖がそういう関係なんだろうなーというの始めからそんな気はした。
    続編あるっぽいですが、たぶんこの二人の話でしょう。
    凛太郎は好きですが…いまひとつ聖が好きくないので読まないと思う。
    なんかこの二人って某ゲームの寮長と美術部部長と被るなー
    とか思いながら読んでたのは内緒です。

    つーか。最後まで大祐の仕事はなんだろう?と疑問符だらけでした。
    なんかもう。二人の関係とかもうどうでもいいから…(おいおい)
    大祐の仕事がはっきりすればいいよな感覚。
    おかげでさらっと流し読み感覚で内容あんま覚えてなっ…(げひふげふ)
    えっと…まぁ、そこそこのBL小説は冊数こなしてるほうなのですが…
    いつもこういうカプではつっこまずにいられない。
    ……どこに惚れる要素がありましたか??
    けっこうこのつっこみは毎度していると思うのですが
    そういった本の典型的な展開。
    まだ、前に読んだ作品の方がよかったです。

全3件中 1 - 3件を表示

いつも、きみのそばにいる~カエデ荘物語~ (ダリア文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いつも、きみのそばにいる~カエデ荘物語~ (ダリア文庫)はこんな本です

ツイートする