花がふってくる (ダリア文庫)

  • 309人登録
  • 3.60評価
    • (27)
    • (37)
    • (57)
    • (10)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 崎谷はるひ
制作 : 今 市子 
  • フロンティアワークス (2008年5月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861342622

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

花がふってくる (ダリア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2008年。今市子さん買い。とても良かった。「ばかか、俺は」なにも欲しくないのはすべて(秋祐の存在に)満たされていたからだ─と秋祐への自分の想いに気付いてからの涼嗣の行動が潔い。むしろずっと片恋だった秋祐の覚悟の方が足りていなかったのだとその後気付かされる二人の帰省SS。「涼嗣様は情の強い方ですから」澄さんの物言いが羨ましい。─そんな、泣きそうな顔しなくていい。おまえが思っているほどには、変わらないから(涼嗣)。後書きにある、これが崎谷さんの基礎との言葉に思わず唸る★今さん絵は神

  • いままで読んだ崎谷作品に比べると 静かな雰囲気。イラストもとても合ってた。蛍をはなすシーンが好き!「なにも欲しくないのは、すべ て満たされていたからだ」でガツン ときた。いつもの作風よりずっと好き。

  • 田舎で育ったいとこ同士の話。
    雰囲気のある話です。
    証券マンの涼嗣は家族に心配されて田舎に連れ戻されそうだった秋祐と同居をしていた。
    あぶなっかしい秋祐を当然のように甘やかしてきていたが、自身の婚約が目前となり、秋祐が出て行くことを考えていることを知り愕然とする。
    新婚家庭に従兄弟が同居などありえないとわかっていても、秋祐が手の届かないところへ行くとは考えてもいなかった。
    そんな折、誕生日に秋祐から思いがけないものと告白を受けてとうとう自分の気持ちに気づき・・・。
    とにかくデキルくせにニブい涼嗣ですが、なにもかもカンタンに手に入った彼だからこそ秋祐の大切さを痛感するのでしょうね。
    田舎の古臭い空気と、二人のどうしようもないすれ違う緊張感が伝わってくるいい作品だと思います。
    うまいな~という感じ。

  • 頼りない受とノンケの攻、しかもイトコ同士という設定だけなら苦手な部類なのだが、やはりこの作者さんの手にかかるとすごくすんなりお話にはいっていけた。エロも素晴らしい。キャラクターとしてはどちらもあまり好きなタイプではないのだが、それでもおもしろく読めるのがすごいとおもう

  •  袴田涼嗣は、いとこの蓮実秋祐と同居している。
     同い年でありながら、大学助教授をしている秋祐のことが涼嗣は放っておけず、ついには「お目付け役」として同居まで買って出てしまう。
     ところが、涼嗣が結婚することになり、二人の関係は変わり始める。
     当たり前のはずなのに、涼嗣の結婚とともに「家を出る」という秋祐に涼嗣は動揺する。
     そして、涼嗣は近すぎる二人の距離を見つめなおし……

     というのが、大体のあらすじです。
     結局、涼嗣は結婚しようとしていた恋人よりも、近すぎるが故に、今まで離れることなんて考えられなかった秋祐を選んで、ハッピーエンド……なんですが。
     物語としては、割と淡々として進む感じの話でした。
     大きな盛り上がりもなく、ごくごく当たり前のことをごくごく当たり前にする感じの小説でした。

     今までの思いのたけを涼嗣にぶちまけた秋祐を涼嗣は追いかけたかったけれど、それこそドラマみたいに、何もかも放っておいて追いかけるわけじゃなくて、まず最初に結婚する予定だった彼女に別れを告げてから、秋祐を探しに行く……
     本当、現実だったらそうなるんだろうな……と思います。
     まぁ、そこで彼女を選ばずに、秋祐を選んでる時点で、非現実的と言えば非現実的なのかもしれませんが、でもやっぱり勢いだけで突っ走れないのがある意味、本当なのかなって思います。

     たんたんとした中にしっかり愛はある小説がお好きな方にはオススメです。

  • 今まで読んだこの人の本の中で一番好き。今先生のイラストもすごく合ってる。匂い立つような幻想的な描写も、現実的な部分もしっかり描かれてて、もちろん心理描写も丁寧できちんと恋愛が描かれてて。この人の本を読んでて良いなあ、と思う部分が凝縮されてる感じ。

  • すごく綺麗な作品だと思います。
    情景や登場人物の心理描写が美しい。
    穏やかな作品です。

    「小さな箱庭、ビオトープ。ふたりきりで完結する世界に、涼嗣を閉じこめてしまった。」

    この一文がものすごく印象に残って、ずっと好きな文です。

  • いとこ同士の話。
    受けは最初から意識してたけど、攻めはあるきっかけで想いに自覚する。そのときの表現とか胸が苦しくなるから好き。

  • ⇒『花がふってくる』
    『サーカスギャロップ』 スピンオフ

  • この作品、かなり好きです。地味目だけれど心情や情景の緻密な描写がふんだんにされているこういった作品の方が、崎谷さんの感性と文章の煌めきを強く感じます。IQも高く大人である涼嗣だけれど、恋愛に関してはおバカですよね。理論と計算で生きてきた涼嗣の感情の深い所にあるものは、幼い頃からずっと秋祐に向かっていたのに。気付くのが遅いよ。でも、気付いてよかった。傲慢な上から目線の涼嗣の執着が秋祐をきっちりと捕らえて離さないのがすごく良かったです。攻めも受けも個人的にツボでした(笑)

全22件中 1 - 10件を表示

花がふってくる (ダリア文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花がふってくる (ダリア文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花がふってくる (ダリア文庫)のKindle版

ツイートする