ぼくらが微熱になる理由 バタフライ・キス (Dariaコミックス)

  • 170人登録
  • 3.25評価
    • (6)
    • (9)
    • (35)
    • (7)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 冬乃郁也
  • フロンティアワークス (2009年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861343421

ぼくらが微熱になる理由 バタフライ・キス (Dariaコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 面白かったです。

  •  字書きの崎谷はるひさんと、絵描きの冬乃郁也さんのタッグということで購入。
     冬乃さんが描く舌がエロい!
     主人公であるくぜくんと一路のエッチが薄く見えるのは、オーナーと千晶の方が濃いからだろうね☆

  • 冬乃さん初読み。気軽に読めて楽しかった。イチロのワンコっぷりがかわいいですが、エロの最中に野獣な顔を見せてしまうのもイイ。そしてラストの久世の本性もいいですなw

  • バタフライシリーズ(コミックス)

  • 先に、小説のバタフライシリーズ(『くちびるに蝶の骨』)を読み
    リンク場面が気になったため、購入。

    正直に言えば、絵柄はあまり好みではないのだけれど
    ストーリーそのものは、ほのぼの系で楽しめたかな。
    ワンコ系モデル兼ホスト(あんまりホスト方面は活躍してない 笑)と
    お役所づとめの即決即断のお兄ちゃんの恋愛。

    小説の方は、ドドエロだったのですが、こちらは
    まあなんて可愛らしいのかしら。
    初Hは「交際してから3ヶ月後」と、描き下ろしでようやくでした。
    ・・・しかし、初Hのお兄ちゃん、男前(笑)。

  • ラストの漫画が面白かった。なんでことに及んでいるのにそう久世君は落ち着いてるんだー!!

全6件中 1 - 6件を表示

ぼくらが微熱になる理由 バタフライ・キス (Dariaコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくらが微熱になる理由 バタフライ・キス (Dariaコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぼくらが微熱になる理由 バタフライ・キス (Dariaコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくらが微熱になる理由 バタフライ・キス (Dariaコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ぼくらが微熱になる理由 バタフライ・キス (Dariaコミックス)はこんなマンガです

ぼくらが微熱になる理由 バタフライ・キス (Dariaコミックス)のKindle版

ツイートする