ジュテーム、カフェ・ノワール (Dariaコミックス)

  • 2013人登録
  • 4.06評価
    • (238)
    • (230)
    • (164)
    • (13)
    • (3)
  • 121レビュー
  • フロンティアワークス (2009年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861343490

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青桐 ナツ
中村 明日美子
阿仁谷 ユイジ
中村 明日美子
中村 明日美子
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

ジュテーム、カフェ・ノワール (Dariaコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日常系ホモの短編集。ストレートな恋愛至上主義の少女漫画的BLではないのでBL好きの方でも好みが分かれそうですが、こういうBLもあるのか…とは思えそう。
    直接的なイチャラブとかエロスが読みたい人には向かないです。日常に溶け込んだドラマ中心。正直この単行本のBL要素は添え物程度だと思う。


    『ラ・カンパネラ』
     モノローグとか考え方はヤマシタトモコキャラという感じですが、案外ふつうのBLっぽい。でもキャラとか台詞はやっぱりヤマシタトモコ。
     日比谷…友達できてよかったね…って思わず生温い目で見てしまった。美形なのに童貞で不慣れとか言われて友達いないとか(笑)

    『こいのじゅもんは』
     じゅもんっていうと、ケセラセラしか思い浮かばない貧相な脳みそです。
     台詞のテンポとやりとりがほんとに上手いな…って思います。それと妙なリアリティ。
     本物のゲイの方とか、本来は女性を好きなのに男性を好きになってしまった男性とかが、一般的な性指向の男性に思わず気持ちを打ち明けてしまってもここまでポジティブな展開にはならないでしょ…とは思うのですが、なぜか現実的なものを感じてしまいます。ヤマシタさんらしい独特な言い回しとかをしていてもなぜか。
     あと、これって明確になってはいないですけど、やっぱり黒髪の人が受けなのかな…と思ったり。

    『サタデー,ボーイ,フェノミナン』
     え、それでいいの!?と、結末を読んで思ってしまった。一応ハピエンだと思いますが。
     きっと桐谷を傷つけたぶん、三浜も後悔とか後味の悪さで苦しんだのかな…とは思いましたが、このままどうしようもない方向に行くのかと思いきや、ふつうにやり直す方向にまとまったので驚きました。個人的には不完全燃焼。
     しかし、(痛々しいですが)思春期の残酷な部分の描写はやっぱり秀逸です。

    『魔法使いの弟子』
     個人的にこの作品に★5を付けてます。BLとは言えないかな…と思うのですが、やっぱりこの方の描かれるゲイ(のオジサン)と少女は萌えすぎる。あと表情の描写がとても好き。
     ファンタジックな話ですが、絵本的な要素に少し憧れます。それと、やっぱりヤマシタさんの描かれる少女はサッパリしてて逞しいですね。
     こういうかたちでひとつの恋に終止符を打つ描き方がBL(一応)では珍しい気がする。大抵昔の恋を忘れさせてくれる新しい恋の相手が登場するイメージなので。
     完全余談ですが、描き下ろしの「魔法使いので。」のチャラい男が(受けとして)好みすぎてたまげた。しかしこういうキャラをヤマシタトモコ作品(ホモのしかも受け)で見ることは絶対にないと思った。残念なことに。

    『cu,clau,come 食・喰・噛』
     やっぱり独特なアプローチの仕方が好きです。確かに仄かなエロスを感じる。
     現実的な離別っぽくて切なかった。終始静かな話でしたし。好きという想いだけで現実的な問題が解決するとは限らないというリアリティ。
     人間の三大欲求はだいたい同じ感覚がすると思う。

    『ワンス アポン ア タイム イン トーキョー』
     電車の閉鎖的な物悲しさとノスタルジーをとても感じる。高校生時代の会話がかわいくて愛しい。

    『ジュテーム、カフェ・ノワール』
     やー笑いました!カフェ・ノワールに行ってみたい。常連になってしまいそうだ。とりあえず店員二人をガン見の方向で。
     会話の応酬とか、ほんとにおもしろい。特にメッセージ性のある話ではないのだけど、日常的なやりとりとかくだらない会話に笑ってしまう。「なにトンチキなことぬかしてんのよ あんた!!」って、なにその絶妙なタイミング(笑)ありそうで怖い(笑)
     わたしも性格悪い人間だな…。というかこの方は人間観察とか人間の特徴とか捉えて漫画で表現するのがほんとに上手いと思います。少しくらいありえないことが起こっても、台詞や行動でリアリティを感じてしまうことが多いですし。
     涙の止まるコーヒーです。←そりゃあ笑うしかない。

  • ほぼBLの短編集なのだけど、ヤマシタ先生の話はさらりと読める。
    BL!BL!してないところがすきなのかも。笑

    最後に収録されてる表題作『ジュテーム、カフェ・ノワール』がほんとおもしろかった!構成もさすがという!

    そいでフイタwww

  • A→(嫌い)B→(好き)Aみたいな関係ってBLによくあるけど、あれって不思議だよねえ、よく考えてみれば。自分が嫌われてる人を好きになるって、相当その人に魅力あるか、嫌われてる人のことを相当下に見てるよね(笑)なんてことを考えてしまった、1話を読んで。

    魔法使いの弟子。ヤマシタトモコさんの、別れた人(もしくは死別した人)をいつまでも思い続ける人の姿って心にくるものがある。

    クークラウカム、切ねえ!!!想いを知っておいていつまでも飯くらいにきて挙げ句の果てに今度幼馴染と結婚するからとかいう男、マジ信じらんない!!切ない!!!

    最後に表題作。面白い!!わらかしてもらいました!このカフェ、面白いな〜まさにドラマだよ、ドラマ。そういや、私も小学生の頃友達と喧嘩した時に、素直にごめんっていやあ良いものを、友達から謝られた時に「なにが?」って返してだなあって思い出した。

  • 短編いろいろ。
    ちゃんとみんな幸せになって欲しいですよね。

  • 「ジュテーム、カフェ・ノワール」は非常に好きな作品。恋に苦悩する男たちと、さりげなく野次馬する趣味仲間と、見守るカフェの店員たちが好き。

  •  ヤマシタさんの漫画はとても好きなのですが、ボーイズラブ漫画を読むのは初めて。当然だけど異性間、同性間を問わず共通する恋愛の情があり、また同性間であるがゆえの難しさやどうにもならなさもある。私は中でも男性同士の恋愛に女の子が絡むお話、「魔法使いの弟子」が好きだった。

  • 中古品購入。ヤマシタさんやっぱ好き!!って思える、ジワっと切なくなる作品から不器用ながらも幸せになるカップル、クスリと笑える幸せギャグまで、バランス良く収録。読み切り6編。
    一番のお気に入りは「cu,clau,come 食・喰・噛」。ご飯を通して描かれる、切ない二人のお話。
    えーっと、女の子も女性も出てくるけど、基本はホモ。ダリアだから。
    フロンティア ダリアから出版。2009一刷。

  • 最後のお話がほんともう秀逸。久しぶりに漫画で吹いた。
    作者さんはほんと人間が好きな方なんだろうなと思わせる、ちょっとピリッとスパイシーな会話とかあったかい空気とかにいつのまにかはまってしまう。

  • 短編集。もれなくゲイの登場人物は出てくるけれど、けしてBLではないと思う。人付き合いが苦手だったり、オタクだったり、コンプレックスを抱えていたり、またその真逆の人間たちもいて、みな傷ついたり悩んだりすることは普遍的。

    中学生の女の子とゲイ男性の交流を描いた「魔法使いの弟子」もお気に入りだけど、ある日のカフェでの従業員と3つのテーブルの客のそれぞれを会話だけで描ききった表題作がやはり傑作。

    「ラ・カンパンネラ」「こいのじゅもんは」「サタデー、ボーイ、フェノミナン」「魔法使いの弟子」「食・喰・噛」「ワンスアポンアタイムイントーキョー」「ジュテーム、カフェ・ノワール」

  • エッチの有無とエロいかどうかは別物であるな…

全121件中 1 - 10件を表示

ジュテーム、カフェ・ノワール (Dariaコミックス)に関連する談話室の質問

ジュテーム、カフェ・ノワール (Dariaコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジュテーム、カフェ・ノワール (Dariaコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジュテーム、カフェ・ノワール (Dariaコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする