くちびるに蝶の骨~バタフライ・ルージュ~ (ダリア文庫)

  • 315人登録
  • 3.42評価
    • (22)
    • (26)
    • (50)
    • (15)
    • (3)
  • 27レビュー
著者 : 崎谷はるひ
制作 : 冬乃 郁也 
  • フロンティアワークス (2009年10月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861343759

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

くちびるに蝶の骨~バタフライ・ルージュ~ (ダリア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2009年初出2015年5刷。フェア小冊子目的。絶倫攻めの執着と監禁から逃亡を繰り返す美人受け。「…して」が「殺して」ではなく「許して」だったので、相愛馬鹿ップルなんだなと安心して流し読み。は〜〜流石の(どちらの?)自分でもお腹いっぱい。攻めがわかりにくいのはあんまり…。迷作。

  • コミック2巻を読んでの再読。2巻の続きから読みましたが、お前ら12年間一緒にいて何してたんだよ!ちゃんと言葉にしようよ… って結局コミックと同じ感想になってしまうw でも12年前に話していたらきっと受け止めきれなかった千晶は壊れちゃったんじゃないかなぁとも思う。これだけの時間は必要だったんでしょう… 王将に問題ありなCPのようで結局は割れ鍋に綴じ蓋な2人なのよ。くっついた後のラブラブがもっと見たかった。

  • うわー、壊れ執着攻めと12年、疲れ果てた受けのお話ー。コミカライズ読んだら二巻で終わってなかったので堪らずこちらも。
    くっそ泣いたよ…。

  • 泣かされた~。

    厚顔不遜な俺様男に振り回されて、身も心もボロボロになった受がもう切なくて・・・。
    逃げても追いかけてくる相手の執着から逃げようとあがくのに、逃げられず、12年もまともな関係をもてず疲れきってるのはお互いさまで。
    こじれた関係を修復する手段を知らない攻の拙さにあきれつつ、それでもすべての最後にと口にした受の言葉にぐずぐず鼻をすすって泣きました。

    崎谷さんが書くなかでもかなり悪役のレッテルを貼られたタイプの攻ですが、受が許しちゃうんだから仕方ない。
    結果、ハッピーエンドなので良いのです。
    崎谷さんの作品のなかでは甘さが少なめなのですが、その後があるなら甘甘になるんだろうな~と思わせる作品でした。
    クセがあるので、初心者さまにはおすすめしませんが、わたしは結構好きでした。

  • エロ多すぎて~。ラストにちゃんと愛情を確認できて良かったです。

  • 逃げようとするのを捕まえて…っていうパターンが個人的に好みなので楽しめました。それにしてもまるっとおさまるまでに12年って…対話と歩み寄りって大事!w

  • 私、絶対にこの将嗣はないわ。そう思ってしまいました。言葉が足りないというか、行動力ありすぎの俺様ってサイテー。途中まで読むのに苦労しました。嫌悪感が半端なかったです。
    でも、独自性があって面白かったです。

  • SEの柳島千晶は、ホストクラブ『バタフライ・キス』で王将と呼ばれるオーナーの柴主将嗣と恋人関係にある。しかし千晶は、大学時代片想いをしていた王将に、強引に関係を結ばされたため、愛情があると思えないでいた。大学を卒業してもその関係は続いたが、ホストである王将を信じきれず、何度も逃げようとする千晶。その度捕らえられ、王将に淫らな『お仕置き』をされるが――?
    出版社より

  • あまり性描写が多いのとか好きじゃないので、初めからそのシーンなのには抵抗あった。
    ちょっとラストへ持ってく感じがやっつけな様な強引な感じがした。
    ただ、王将の愛情表現?浮気以外はまっすぐというか、じわじわくるものがあった。

  • 攻め:ホストクラブオーナー・柴主将嗣
    受け:SE・柳島千晶


    大学時代から知り合った将嗣と同居して12年。将嗣は女出入りも激しくそれがホストである自分と付き合っている以上当然と言われ疲弊していた。そもそも始まりも恋愛で無かった関係に今度こそ終止符を打ちたいと願っている千晶。
    それまでの過去、別れ話をするたびに執拗なセックスでその話を覆させられていたが、会社移転に伴って今度こそ将嗣から離れたいと考えていた。



    強引執着攻めですね。攻めのする事がやたら強引なので受けはまさか自分が好かれていると感じることが出来ず、自分を守る為に感情に蓋をすることで精神力を保とうとする。
    別れないという時点で攻めが自分を好きなのか?と分からないのが悲しい人間関係ですね。
    受けもね、かなりひねくれた感覚なので攻めの気持ちをある意味素直に受け止めてしまって自分の中でぐるぐるするって言うね。

    エロ場面多し。いや、お疲れ様千晶、というくらいイタしてました。王将(将嗣の源氏名)、半端なく絶倫です。それだけ臨戦態勢になれるというのは千晶の身体が良いってことですよね。でも分からないの。
    これだけカリスマがあってフェロモン巻き散らしてる男を相手にするって精神力が必要だと思うけど。
    まあ、文中でも言ってたけどM体質なら仕方ないよね。


    ちなみに、こんなにエロ場面多い割りには読んでてドキドキはあまりしなかった。何故かな?

全27件中 1 - 10件を表示

くちびるに蝶の骨~バタフライ・ルージュ~ (ダリア文庫)に関連する談話室の質問

くちびるに蝶の骨~バタフライ・ルージュ~ (ダリア文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

くちびるに蝶の骨~バタフライ・ルージュ~ (ダリア文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

くちびるに蝶の骨~バタフライ・ルージュ~ (ダリア文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

くちびるに蝶の骨~バタフライ・ルージュ~ (ダリア文庫)はこんな本です

くちびるに蝶の骨~バタフライ・ルージュ~ (ダリア文庫)のKindle版

ツイートする