色街に恋の花 (ダリア文庫)

  • 30人登録
  • 3.56評価
    • (1)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 加納邑
制作 : 香林 セージ 
  • フロンティアワークス (2010年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861344329

色街に恋の花 (ダリア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 色街にある男娼館の帳場で働く朱は、3年前、若く男前の主の牙月に拾われたときから彼のことを慕っている。子供っぽくて色気のない自分の想いは牙月に届くはずもないが、ずっとそばにいることが朱の願い。だが、朱の将来を案じた牙月に店をやめて都で役人になれと言われてしまう。彼のそばにいたい一心の朱は、男娼になって店で働くと言い出すが…。
    読んで時間が経ってしまって細かいところは覚えてないんだけど、健気受な感じの話でかわいかったなと。
    攻は一見冷たいようで情に篤いみたいな感じだったかなー。

  • 色街にある男娼館の帳場で働く朱は、3年前、若く男前の主の牙月に拾われたときから彼のことを慕っている。でも、子供っぽくて色気のない自分の想いは牙月に届くはずもない、彼のそばにいられるだけで幸せだと思っていた。ところが、朱の将来を案じた牙月に店をやめて都で役人になれと言われてしまう。ただただ牙月のそばにいたい一心の朱は、男娼になって店で働くと牙月に告げるのだが……。

全2件中 1 - 2件を表示

色街に恋の花 (ダリア文庫)はこんな本です

色街に恋の花 (ダリア文庫)の新書

ツイートする