セイント・ビースト聖獣封印~Four Angel~ (フィリア文庫)

  • 17人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 有栖川ケイ
制作 : あさぎ桜 
  • フロンティアワークス (2010年11月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861344572

セイント・ビースト聖獣封印~Four Angel~ (フィリア文庫)の感想・レビュー・書評

  • う、うーん…こんな終わり方なんですか。なんか最後、微妙にハッピーエンドだよーって雰囲気を出してるようにも見えましたが実際は何もハッピーエンドじゃない。結果として悪は悪のままそれを貫き通し、善が裁かれた形になってしまったということですよね。女神様の愛情もわかるけどこの展開はちょっと…あんまりじゃないかな。今までつらい展開ばかりだっただけに最後だけでも幸せになってほしかったです

全3件中 1 - 3件を表示

セイント・ビースト聖獣封印~Four Angel~ (フィリア文庫)を本棚に登録しているひと

セイント・ビースト聖獣封印~Four Angel~ (フィリア文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

セイント・ビースト聖獣封印~Four Angel~ (フィリア文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

セイント・ビースト聖獣封印~Four Angel~ (フィリア文庫)の作品紹介

ゼウスを討つという悲願達成の機会を奪われた四聖獣。だがゼウスに忠義を尽くす振りを続けながらも、彼らは大神追放の想いを諦めずにいた。様々な人物の思惑で起きる事態の急変に戸惑いながらも、四人はいっそう絆を深めていく。一方、地獄でルカと離れ離れになっていたユダは、かつてゼウスに命じられ討伐したノーラと出会い…。反逆の天使たちを待ち受ける運命は-。

セイント・ビースト聖獣封印~Four Angel~ (フィリア文庫)はこんな本です

ツイートする