絶対服従の掟 (ダリア文庫)

  • 30人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 愁堂れな
制作 : 水名瀬 雅良 
  • フロンティアワークス (2012年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861345517

絶対服従の掟 (ダリア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 攻め:愛川麗
    受け:野島貴志


    新宿でホストNo.1の座のあと複数のホストクラブを経営し今では金も名声もある麗。店の売掛を払えない客の夫として再会したのは昔の恋人・貴志だった。その貴志に麗は一晩10万円で返済に充てろと提案する。



    愁堂さんにしては久々に面白かった!
    昔の男を借金を理由に抱いて、パイパンにさせて自慰はさせるわ、アナルバイブを突っ込むわ、とエロ度満載w
    昔の恋を引き摺ってしまって悶々とする攻めの心情もちゃんと書かれていたし、事件的エピソードも凝ってはいなかったけれど納得いく展開で久しぶりに苛つかずに読了できた!
    と思ったら2005年のアイノベルズの出し直しらしいです。やっぱりこの当時の方が描写が丁寧。
    書ける作家さんなのだからやっつけで書かずに丁寧に書いて欲しい…。

    水名瀬先生の絵は色っぽかったです!

  • 2005年アイノベルズ刊再版。

  • ラブラブ。カナダ編も読みたいな。

全3件中 1 - 3件を表示

絶対服従の掟 (ダリア文庫)のKindle版

絶対服従の掟 (ダリア文庫)の新書

ツイートする