アルカナ・ファミリア―運命を廻す少女 ドラマCD付 限定版 (フィリア文庫)

  • 58人登録
  • 3.80評価
    • (4)
    • (5)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 渡海奈穂 HuneX
制作 : さらちよみ 
  • フロンティアワークス (2012年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861345555

アルカナ・ファミリア―運命を廻す少女 ドラマCD付 限定版 (フィリア文庫)の感想・レビュー・書評

  • 予備知識何もなしだが、それでも何となくは世界観を掴めた。
    エルモはどうなったのだろう。ゲームやってみたいな。

  • おお!
    ちょっと面白くなってきた!
    ジョーリィはなんでホムンクルスを作ってるんだろう
    エルモはどうなったんだろうな?

  • ゲームを途中で放り投げているのでストーリー的には、ほぼ初(笑)
    ジョーリィがいっぱい出ているような・・・遊佐さんの声で脳内変換している状態です(大笑)
    しかし、ジョーリィってホントよくわからない人だ~とりあえず、積んだ続きも読まないと・・・

  • 本編がスタートしました!
    ジョーリィなんだね…いや、ジョーリィは1番好きだから良いんだけど
    こういうのって大抵キャラナンバー1のキャラとか多いからなんだか意外だったなー
    さらちよみ先生?のイラストもよかった!欲を言えばもう少し挿絵が欲しかった(笑
    ドラマCDはルカとパーチェで前回のCDより面白かった。前回に無かったキャストトークがあったけど、前は別撮りだったのかな?

  • フェリチータは父がトップを務めるレガーロ島を守る自警組織「アルカナ・ファミリア」の一員となり、めでたく父の誕生日に幹部に昇格することが決まった。
    しかし、そのパーティ席で突然父が自分の後継者を選ぶ「アルカナ・デュエロ」を行うと宣言し、しかも勝者とフェリチータとの結婚まで勝手に決めてしまい…。

    ゲーム未プレイで読みましたが、話にはちゃんとついていけました。
    ただ序盤から一気にキャラクターが出てくるので、名前と顔を覚えるまで登場人物紹介を見ながら本文を読むという感じではあったけれども…。
    とりあえず、ジョーリィ寄りの内容だな、と思いました。
    あとルカも次点で出番多いかも。
    まだ最初なので甘い展開はないけど、ゲームしてなくても「ジョーリィいいかも」と思ってしまうくらいには彼がステキでしたね(笑)

  • しまった、まだジョリィルートやってないんだよ。
    続きはやってから読まねば。

  • ゲームノベライズだが、新たな事実も…?(私の記憶にないだけかも)
    ゲームを思い出すのにはちょうどいいかもしれない。
    ジョーリィ、ステキですvv

    付属CDは中村さんがなんでそんなにやさぐれているのか分からない…。

全7件中 1 - 7件を表示

アルカナ・ファミリア―運命を廻す少女 ドラマCD付 限定版 (フィリア文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アルカナ・ファミリア―運命を廻す少女 ドラマCD付 限定版 (フィリア文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アルカナ・ファミリア―運命を廻す少女 ドラマCD付 限定版 (フィリア文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アルカナ・ファミリア―運命を廻す少女 ドラマCD付 限定版 (フィリア文庫)はこんな本です

ツイートする