アイで包んでよ (ダリア文庫)

  • 49人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (1)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 坂井朱生
制作 : 蓮川 愛 
  • フロンティアワークス (2012年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861345579

アイで包んでよ (ダリア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 年下攻めのツンデレ受けっこはお話でした(ざっくり)
    リーマン×下宿先大家さん。

    受けっこの「海さん」はとってもとってもそれはそれはツンデレの口悪い子だけど攻めっこの事が実は大好き。

    ・・・なんだけど
    つ た わ っ て な い (笑)

    海が遊びに来た甥っ子にかまけて
    攻めっこをほったらかしにする話が好きだった。
    いじけて家出されて動揺を隠そうとするんだけど
    作る食事にモロに動揺が出ちゃう海さんかわいい。

    いきなしCPが恋人関係からスタートするから
    前作があるのかと思ったら
    この作品が坂井 朱生先生の実質デビュー作らしい。
    恋人になってからスタートするっていうのも
    イイですね。

  • 初読み作家さん、完全な絵師さん買い。

    攻め:下宿人・名内浩太郎
    受け:管理人・篠島海


    拝み倒すように恋人になった下宿の管理人・篠島はあまり自分の気持ちを伝えてくれないのでホントに愛されているのか自信がない。そこへ新しい下宿人が入ってきて…。


    蓮川先生目当てで買った初読み作家さんだけど、これは98年に出したものの出し直しらしい。
    付き合っているカプの話って珍しい。切なさは分かったけれどものすごく面白かったかと言えばそうでも無く。

    今回発見したのは蓮川先生の攻めの絵にワンコは合わないということ。
    この攻めの浩太郎はツン美人に惚れてる超ワンコなんだけど、蓮川先生の攻めはワンコじゃないんだよ。いかにもなリーマン、どちらかといえば自信家みたいな攻め様が合う絵。
    だったのでこの作品には全く合ってなかった。

  • 10年以上前に出た本の新装版。
    出来上がったカップルのあれこれを描くって、
    当時としても珍しかったのでは?

    ツンデレな受のデレが分りにくいものの、デレると破壊的な可愛さ。
    どうやって口説き落としたのか、出会いが読んでみたかった。
    攻視点の話なので、受視点での話も。
    江坂をメインにしたスピンオフも読みたい~

  • 二部構成&おまけ話付♪
    美人で料理上手、だけど口が悪い下宿やの管理人と、最初から恋人設定のサラリーマン攻め。
    個性豊かな下宿人達に振りまわされながらも、一途に管理人(受)を想う不器用だけど一途な攻めに萌えますw
    個人的には江坂が主役の作品が読めたら、もう言うことナシ!
    脇役キャラなのがもったいない江坂~~~!

  • 出版社小冊子付。

全6件中 1 - 6件を表示

アイで包んでよ (ダリア文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アイで包んでよ (ダリア文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アイで包んでよ (ダリア文庫)の新書

ツイートする