アラブる・プリンス (ダリア文庫)

  • 25人登録
  • 2.85評価
    • (0)
    • (0)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 神香うらら
制作 : こうじま 奈月 
  • フロンティアワークス (2012年5月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861345654

アラブる・プリンス (ダリア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アラブのプリンス×貧乏大学生。年下攻め。
    俺プリンスと貧乏で人の好い大学生が終始ラブラブイチャイチャしたストーリー。
    展開も設定もかなり強引、主人公の人の好さと単純さに驚かされる。
    何も考えずにさらりとエロを楽しみたいときにはいいのかもしれない。

  • ★3.5。安心して萌えられる甘々王道。世間知らずの俺様年下ワンコの天然で図々しい甘え方が、傲慢とはちょっと違う愛嬌があって良かったです。何があっても当然のように受の側に居座る姿が忠犬のよう(笑)プロポーズまでとんとん拍子でちょっと駆け足だったので、その前にもう少しがっつりとした盛り上がりやエロが欲しかったな~。定番のパンツ越しの射精以外はさらっと薄味で、初Hが短かった…。挿絵の攻が全く外国人に見えず、イメージ違い過ぎなのが読んでて困った。

  • 神香さんも好きじゃないのが増えちゃったなぁ。まぁ普通

  • 「アラブるプリンス」
    著者 神香うららさん ダリア文庫

    三人称単視点(受)
    「受」→俺
    「攻」→俺

    【プチあらすじ】
    貧乏大学生受×アッシャムス王国第三王子攻

    学校帰り、土砂降りの雨に降られ、橋桁の下で雨宿りしていた受。そこへ、アラビアンナイトから抜け出てきたような服を身に纏った攻が現れ、その場の流れで受は家に連れ帰ることに……。

    【プチ感想】
    遠慮という言葉を知らない王子が、ジャージを着たり、駅前でティッシュ配りをしたりと萌え満載♪
    ローマの休日の日本版王子バージョン的な作品ですw
    「貧乏大学生」「年下王子攻」「ワガママ王子」このキーワードが好きな方は楽しめる作品です♪

  • ライトテイスト!!!

  • 貧乏学生が橋の下で拾ったのはアラブの王子さまでした!

    神香さん、初のアラブ
    タイトルが秀逸で購入したものの、とくに荒ぶってはおりません。

    砂漠無し
    媚薬無し
    強制密入国無し

    となっておりますので、ライトアラブですね。

全7件中 1 - 7件を表示

アラブる・プリンス (ダリア文庫)のKindle版

ツイートする