破廉恥ゲーム ~エロゲのヒロインみたいに~ (ダリア文庫)

  • 58人登録
  • 3.06評価
    • (1)
    • (5)
    • (7)
    • (2)
    • (2)
  • 3レビュー
著者 : 西野花
制作 : 神葉理世 
  • フロンティアワークス (2012年11月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861345821

破廉恥ゲーム ~エロゲのヒロインみたいに~ (ダリア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エロいはずなのですが、濃厚なものではなくてポップな感じ。なんででしょうか、慣れてしまったのでしょうか。最初のうちは西野さんの作品はエロいと思っていたのですが、そこまでではなくなってしまいました。
    この作品はおバカな二人組の話に見えてしましました。言葉にしないからこんなことになる。というか、あんなプレイしといて途中で正気になれよ!と突っ込みたかったです。

  • 幼馴染年上×年下。
    親の転勤で一人暮らしをするエロゲクリエーターの泰河と同居することになった高校生の世良。
    昔書いてくれた世良をヒロインに仕立てた絵を大切に持っていたけど、それをエロゲのヒロインにされてるのを知ってショックを受ける。
    腹いせにそのヒロインと同じコスプレをして泰河の部屋へ行ったら、そのまま襲われる展開ww

    コスプレプレイ満載!ストーリーは時間軸で行くと泰河が遊んでいた女と世良とが被ったりするし、気持ち的なものについてあまり深く触れられていないから、ストーリー重視の人にはあまり向かないかもしれない。

    そう割り切って読めば、泰河×世良のコスプレ&ノーマルありの、世良が自暴自棄になって先輩3人と複数プレイするのもありで、エロさは満載だし、さすが西野先生って感じだから私はOKでしたww

  • 本屋さんで購入の際は羞恥プレイ覚悟の表紙&タイトル&帯。帯がシースルーもどきの手の込んだデザインで、あんまり隠れてない。ほんとに変態!

    ちょっとオタクの入ったいいエロ。10年愛でもあります。
    高校生の世良は、親の事情で泰河と同居することに。泰河は、元お隣に住んでいたやさしいお兄ちゃん。絵が上手かった泰河が描いてくれた、世良がモデルの「魔法少女セイラ」の絵をずっと大切に持っているくらいの甘酸っぱい思い出の人です。
    ところが。
    泰河が今ではアダルトゲームの有名クリエーターになっていて、セイラが彼の作ったエロゲのヒロインになっていることを知ってしまった世良は、思い出を汚されたと怒りに燃えます。
    世良はセイラのコスプレをして泰河に嫌がらせをしようと企てますが、逆においしくいただかれてしまうことに…

    ずーっとエロです。深く考えずに萌えだけを楽しむのが正解かと。プレイ的には鬼畜なものは一切無く、かなりノーマル。ただ、コスプレが入った変態なだけです。
    世良が、泰河との関係が身体だけなんじゃないか?とそんなコスプレHにだんだん悩み始めるのは切なかったです。
    攻以外とのHシーンがありますが、それによって世良自身の気持ちを確信することになるのでムダではなかったかと。
    まぁ、そんな投げやりなことしなくても、泰河が世良のことをただの肉奴隷なんかだと思っていないのは、一目瞭然なんですけどね。互いのことが大好きというのがわかって、とてもスイートな仕上がり。神葉センセのイラストがすごくかわいくて、そこがまたよかった。

全3件中 1 - 3件を表示

破廉恥ゲーム ~エロゲのヒロインみたいに~ (ダリア文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

破廉恥ゲーム ~エロゲのヒロインみたいに~ (ダリア文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

破廉恥ゲーム ~エロゲのヒロインみたいに~ (ダリア文庫)はこんな本です

破廉恥ゲーム ~エロゲのヒロインみたいに~ (ダリア文庫)のKindle版

ツイートする