あの空に落ちてゆく (ダリア文庫)

  • 50人登録
  • 2.89評価
    • (0)
    • (3)
    • (12)
    • (3)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 真崎ひかる
制作 : あさとえいり 
  • フロンティアワークス (2013年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861345975

あの空に落ちてゆく (ダリア文庫)の感想・レビュー・書評

  • memo: ペーパー ×2(t-n)

  • 兄弟もの。背徳感が無いのでなぜ兄弟にしたのかが不明。面白くなりそうな要素はたくさんあるのにちょっと残念な感じでした。

  • うーん、あっさり!ちょうあっさりだよ…男同士で兄弟なのにそんなの何もなかったよ…。
    真崎さんは4,5冊確か読んだ事あってどれもものすごくあっさりだったので合わないなーと、今回のも気になりつつきっとあっさりだよとスルーしてたのに店頭でペーパー付ラス1だったので買ってしまいました。そして敗北。何かもう色々全てが都合良くあっさりでした。あっさり過ぎて突っ込む暇もない(笑)
    兄は初めから弟好きなの読者にはあからさまで、でも理由が不明で、最後に明かされるのですが全く大した事ない事前に既に出てきたエピソードが理由で、えっ?って。えっ、あんなので兄弟好きになりますか?!っていう(笑)意味が解らない…弟も唐突に好きになってて意味が解らない…友人も初めから理解に溢れ過ぎてて意味が解らない…。すーごい都合良い理解に溢れた良き友人でものすごくご都合キャラだなぁと思いました兄の友人の国友。都合良すぎるよ!
    落ちる夢も全然理由がなくて、えぇー…てなりました。記憶ないとか何も関係なかったし。子供の頃にどっかから転落して兄が助けて記憶がないとか、なんかあるでしょ!何もないのかよ!と思ってしまいました。そして「共に落ちるか」に申し訳ない、寒くてぞわっとしました(笑)寒い!しかもその場に国友居るのに!助けて!てなりました。
    男同士どころか兄弟なのにそんな葛藤は本当に微塵もなかったです。大体兄弟なのに好きとかあっさり国友に話す神経も解らん。そもそも国友の「キスされて嫌悪感あった?」とかいう質問からして気持ちが悪かったです。うん、とにかく全てがあっさりでご都合でした。

    挿絵、髪の色が逆なのが気になりました。一重も二重だし、単に得意の絵で描いてるのかなー。

    ところでペーパー、四つ折りにして背面に挟んでシュリンクしたらちょうど本体と同じところにバーコードが来るように印刷されてて、気遣いにおぉ!となりました(笑)あらすじもそこにちゃんと載せてあった。何でペーパーにあらすじ載ってるんだろ?と思ってたのですが、バーコードに気づいて合点がいきました。買った書店では挟みこんであったのですが、これは良いですね。たまにペーパーであらすじ見えない時あるし。

  • 兄弟もの。兄の弟に対する思いがわかりにくい。あまりにサラリとしていて、好きな題材なのに残念。ドキドキ感もキュンキュン感もなく、もっと葛藤とかあれば良かったのに。

  • 兄弟もの。兄弟なのにここまで境遇が違うとよくこんなにまっすぐに育ったなぁと思います。
    設定はそんなに画期的ではありませんが、さすが真崎さんの作品は読ませますね。

  • 面白かった~!設定、お話全部ツボでした。不幸で慎ましく健気に頑張ってる受け!(笑)兄弟モノで、実際半分は血は繋がってるけど、幼い頃以来会ってなかったから兄弟っていう感じは薄かったかも。なんか兄弟モノって、甘やかして可愛がってるか逆に冷たいかに分かれるのかなと思ったり。どっちも萌えるー(笑)吉宗は冷たいんだけど、でも心の中では悶々としてる・・・っていうのが所々垣間見えるのがたまらなかったww/////でも、そんなに想ってたなら、もっと早く廉たち兄妹を助けてあげてほしかったな~とは思いました;

  • 兄弟もの

    真崎せんせい、意外にも初ダリア文庫!

全7件中 1 - 7件を表示

あの空に落ちてゆく (ダリア文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

あの空に落ちてゆく (ダリア文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あの空に落ちてゆく (ダリア文庫)の作品紹介

母が亡くなり、義理の父と小学生の妹と暮らす廉だが、義父が莫大な借金を残したまま出奔。高校を中退してバイトで生活を支えてきた廉だが、幼い妹のため、実の兄で大企業を経営する吉宗の元に身を寄せる。両親の離婚で離れ離れになって十数年、兄弟としての実感は確かに薄いものの吉宗に「お前を弟だとは思わない」と言われた廉は、悩み、反発しながらも兄を嫌うことができず…。

ツイートする