ロスト・コントロール -虚無仮説1- (Daria Series)

  • 124人登録
  • 4.11評価
    • (15)
    • (12)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 蒔舞
制作 : yoco  黒木 夏兒 
  • フロンティアワークス (2013年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861346644

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

ロスト・コントロール -虚無仮説1- (Daria Series)の感想・レビュー・書評

  • 海外のFBIものだけあって、BL要素もあるけど、それよりも事件とか個々のトラウマとか精神的に危ういところとかが1巻では多く描かれていたような気がします。攻めの傲慢なところとかは大好きだけど、亡くなった奥さんのことほんとに愛してたんだなあと思うともし亡くなってなかったら受けのことなんてどうでもよかったんだろうなあとか深読みしてしまって・・・

  • 翻訳もの。台湾で人気の作家さん、FBIを舞台にしたBL心理サスペンス。この巻はBLというより、事件、ミステリー要素が前面に出てる感じ。謎解明は2巻へ続くなのですが、事件ものの海外ドラマなど好きなのですっかり惹き付けられた私。FBI捜査官の藍と、藍が想いをよせている上司で相棒のハイエル… 藍は過去の出来事によってトラウマを抱えている、番外編として藍の過去が明かされているが、この壮絶な過去とどう対峙していくのか、またハイエルもいろいろとありそうで続きが楽しみです。翻訳は読みやすかったと思います。

  • 合わなかった;先が気になるはずの終わり方なのにもういいかという気分に……二巻までたどり着けませんでした。

  • フェア合わせでとりあえず1巻のみ。台湾の作家さんで舞台はアメリカFBIもの。違和感があるかと思いきや、その辺は大丈夫でした。主人公の受が事件を通して自分の隠れたトラウマに向き合うお話…でいいのかな?この巻のみでは恋愛も物語もプロローグの趣が強い。物語は始まったばかりで先が見えない感はするけれど、攻や周囲のキャラの描写に手抜きがなくアメリカの刑事ものドラマ好きが楽しめる作りになっている。BLとしてはドキドキする展開があまりなかったがその辺は後半に期待。攻の思惑が明かされればかなりポイントが高くなるかも。どちらにしても1巻だけで決めてしまうのは早計と思わざるを得ない本。物語の結末をどう締めくくるのか、次の巻が今から楽しみ。

  • 台湾の人気BL作家さんということで、興味津々で手に取りました。…かなりの分厚さ。舞台がアメリカ、FBIの捜査官がメインキャラで、これは海外ドラマ「CSI」などジェリー・ブラッカイマー系が好きならば、もうたまらん設定です。
    サスペンスミステリーなので、恋愛と同時にメインとなる事件も読み解かなければなりません。ものすごくのめり込んでしまい、読むのに時間がかかりましたがその分満足度も高い作品でした。

    ワンマンで仕切りたがりの俺様な上司であり、かねてから密かに好意を抱いているハイエルの下で働く藍。
    危険な捜査の状況下で、次第に二人の距離が近付いていく様に思わずドキドキさせられます。
    心情の描き方が細やかで、その上事件も人間関係の繋がりが上手く二人の恋愛に絡んでいて、思わず手に汗握ること数知れず。ハイエルのチームのアニタとダニーも生き生きと描かれていて、表情やしぐさが目に浮かぶようです。

    藍は子供の頃の親子関係から自殺願望があるとカウンセラーに指摘され、そのことに激しく抵抗を感じています。
    そして、ある日起こった少女誘拐事件を捜査するうちに、藍は自分の過去やハイエルへの想いに真正面から対峙することになります。
    恋愛面ではもどかしい進展。ハイエルにも抱えていることがあるからです。でも、彼は素振りは隠さないし、俺様らしく攻めています。そんなハイエルに藍は遊ばれてる、セフレ扱いと思いつつも惹かれる気持ちは抑えようもなく…!

    事件はとても重く暗い気持ちになりますが、もうひとつの事件との関係も見逃せないところです。海外ドラマ見慣れていると、耐性ができているのでだいたい先が読めるかもしれません。
    まだ事件は半分しか解決していない様相。二人の関係とともに続きが楽しみです。

  • ★4・3
    海外の作家さんの本読み慣れてないから最初入り込むのに時間かかったけど、話が進むにつれてどんどん引き込まれました。海外ドラマを見てるような展開や、こういうFBIだとか事件が起こるサスペンス大好きだし、プラス主人公が抱えてるトラウマっていうのがツボど真ん中!事件の真相もだけど、藍やハイエルが抱えてるもの、2人の関係などなど、次解決してうまくいくのかハラハラです!BLっぽいシーンそんなないけど、仄かに匂わす感じがまたいい!十分萌えた~~
    あと登場人物がカタカナ名だから、誰が誰なのかわからなくなって読み返すってことが多々(汗)カタカナ名苦手~;

  •  私の大好きな刑事もので舞台はアメリカFBI。これまた大好きな心理要素が入っていて、どんどんストーリーに引き込まれました。主人公藍の性格が大好きで、彼の思いも叶え!と応援したくなります。
     筆者の蒔舞さんのおっしゃる通り、メインの二人以外のキャラクターもすごく立っていて、皆魅力的です。早く二巻も買って読みたいです!

  • おもしろいのにレビューが少ない作品
    作者同様low&order系の海外ドラマ好きなので楽しめました。1巻はちょっとどきどきするぐらいだけど、それぐらいで特に問題なし♪

  • 台湾作家さんが書いたFBIが舞台の心理サスペンス。
    翻訳が自然で違和感なく読めた◎まさにロストコントロール。

  • 表紙買いしたんですけど、面白かった!翻訳もの初めてで、例のごとくカタカナ名にちょい苦戦しましたが登場人物の所を数回戻った位で大丈夫でしが。登場人物が非常にうまい。ラブはまだほとんどないですが、事件が面白い(いや、そんな表現いかん事件なんですが)FBIの藍と相棒で上司のハイエルのお話。あとがきに作者さんが書かれてますが、わたしもアメリカドラマ大好き、NCISもロー&オーダーも大好きなのでその辺り好きな方にはオススメかと。

全11件中 1 - 11件を表示

ロスト・コントロール -虚無仮説1- (Daria Series)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ロスト・コントロール -虚無仮説1- (Daria Series)を本棚に「積読」で登録しているひと

ロスト・コントロール -虚無仮説1- (Daria Series)の作品紹介

FBI捜査官の藍沐恩には2つの悩みがあった。ひとつは、FBIに提出する心理評価審査がパスしないこと。もうひとつは、秘かに想いを寄せる上司で相棒のハイエルのことだ。カウンセラーは言う。審査がパスしない原因は藍の幼少期にあり、「藍沐恩には自殺傾向がある」と。また別のカウンセラーが言う。ハイエルへの望みのないその想いは「藍を不幸にするだけだ」と。だが、ある少女の誘拐事件をきっかけに、過去の自分とハイエルへの想いに向き合うことになり-…。複雑に絡まり合う事件と犯罪心理に対峙する、台湾で人気の心理サスペンスBL!!

ツイートする