ビッチとぼっち (DARIAコミックス)

  • 70人登録
  • 3.14評価
    • (2)
    • (3)
    • (13)
    • (4)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 天城れの
  • フロンティアワークス (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784861346972

ビッチとぼっち (DARIAコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 期待してなかったのだけど(ごめんなさい)キュンキュンして可愛くて面白かった。好きな先輩からコミュ障の童貞を紹介され筆下ろしを頼まれる。同時収録は、新人俳優の家主兼お目付け役として脚本家と同居。

  • ■ビッチとぼっち(前後編)

    コミュ障根暗童貞×元ヤンビッチ。
    片思いの先輩に根暗の童貞を
    奪ってやってくれと頼まれる受け。
    ナチュラルにみんなゲイ設定かと思えば
    女が苦手なので男で脱童貞って…???
    若干腑に落ちないまま物語スタート。

    童貞の早漏さはちょっと面白かった。
    そのネタで行くのかと思ったら案外成長が早く
    結構すぐセックス出来て、なおかつ上手かった。チェッ。

    身体の相性がよく情もうつりますが
    セフレスタートなのでなかなか素直になれない。
    …と言う王道な流れではありましたが
    「茶番を終わりにしよう」からのエロは良かったです。

    まあ主人公全然ビッチじゃないので
    タイトルに偽りありと言う感じは否めない。



    ■純情Age(全三話)

    居候先の家主×新人若手俳優。

    俳優が仕事で壁にぶつかったり
    家主が実は有名脚本家だったりなど
    いくつかのエピソードを通して
    二人の距離が縮まっていく…
    と言うお話だとは思いますが
    正直惚れた理由がさっぱり分からなかった。

    三話も使ってるのになぁ…どうしてだろう・・・
    急に雪がエイジを好きだと言いだすのが違和感。
    エイジが雪に惚れるのはまあギリギリ分かる。
    でも頭では分かるけど感情はついてかないレベル。

    そして天城れのさんといえばエロ特化な
    イメージがあったんだけど、エロありません!
    せめてエロでも読もうと思ったのに!





    どちらの話もこういう属性のキャラを
    こういうストーリーで、と言う型にはめて
    なぞってる感が強くて、感情移入しづらかったです。

    どちらの話も最初は嫌い合っていた二人が
    お互い恋をするまでのエピソードが少ない気がします。何で惚れたか共感できない。

    キャラ萌えできなかったのも大きい気がします。
    特に私好みのキャラがいなかったので。

    でも表題作はエロが結構よかったし、
    今作は絵柄が見やすくなっていて好きでした。

  • 片思いしてる先輩から後輩の童貞君の筆下ろしを頼まれた自称ビッチ君。
    しかし、いくら童貞で女が苦手だからって男を紹介されてゲイのビッチ君とHしようとするコミュ障の童貞君はいないでしよ?
    ビッチ君は全然ビッチじゃなくてなんか純情だし。
    童貞君は初Hの後に、これで女の子と試せますぅとか言ってるし、いやいや、男と女じゃ全然違うし。

    もう一編はまったくHがなくて、恋になりはまでの過程の話。
    もう少しラブラブして欲しかたなぁ。

  • 以前読んだ同じ作家さんの絵と印象が変わってて、好みになっていきます。表題作、ツンデレビッチの受けが可愛いです。もう一つのは脚本家×若手俳優。攻めの人かっこいいです。

  • 生駒はびっちに見せて、実はとてもかわいくてよかったです。ひそかに好きだった先輩からオトコを紹介されてしまうなんて、生駒の気持ちを考えるとものすごく切なすぎです。
    しかも、その根暗なDTの今野を何とか男にしてやってくれなんていう無茶なお願いです。
    失恋した上に根暗の相手をさせられるキツい状況の生駒が、それでも今野にHの指南を続けていくうちに情がわいてきて、ついには彼のことが大事な存在となっていきます。
    最初のうち今野はこんな男好きになるかなというくらい、ダサくてコミュ障気味でプライドばっかり高い、頭でっかちなDTでした。
    でも、生駒とHするようになってだんだん男としての自信がついてきた今野はカッコよくなっていきます!
    エロ的にも、Hにのめり込んでいくうちに愛が芽生えていく様子に胸キュンでした。
    描き下ろしにもキュンキュンさせられました。

    もうひとつの「純情Age」は、地方から上京してきた新人俳優と謎の偉そうで失礼なオッサンとの奇妙な同居生活から始まるラブでした。
    …え?エロ特化と思い込んでいたセンセなのに、そういうシーン皆無?しつけられてる園長先生しか思い浮かばないのにw
    …これはこれで面白かったけど、やはりぶっとびエロもどんどん描いてほしいです。
    さらっと読めて胸キュンになれる一冊でした。

  • 表題作はHもあって良かったのですが、(ΦωΦ)フフフ…
    同時収録の純情Age(コレがスピンオフ込で2/3占めています…)こっちがイマイチ…珍しく?Hなしの話でした。年の差もあるしあんまり愛を感じなかった…
    ん~残念。

  • ネクラ童貞×元ヤンビッチ、脚本家×俳優の話。
    どちらも好き。

  • 天城れの先生の作品を初めて読みました。

    ■プライドの高い根暗童貞×恋に純情な元ヤン
    頭脳派童貞特有の性に対しての好奇心により元ヤンビッチに童貞を貰ってもらう話。童貞攻めもっと読みたいなあ…。
    「こんな茶番は終わりにする」からの展開がとても好きな感じでした。思い違いしながらの行為はとても萌えます。無事恋人になれたので安心です(^O^)笑

    ■脚本家同居人×駆け出しアイドル
    アイドルものホモ大好きなので楽しく読めました。
    子供扱いする同居人に認めてもらうために頑張るアイドル君。認めてもらいたいという気持ちが恋へと変わるんですね!
    やっと認めてもらえたけど1人立ち出来るようになり、また側に置いておくと手を出しそうになるからと雪に家から追い出されそうになってさらに「次の新人の面倒を見る」とか言われたらショックですね…。演技よりいい顔しちゃうエイジに雪も断れない気持ち分かります(誰)

    アニメイト限定ペーパーも可愛かったです!

  • たまたま(市川さんのが載ってたから)買ったダリアに載ってて前編だけ読んで続きが気になったから…
    表題作はたいへん可愛らしい!つーかあの先輩なんなの!?いい人っていうか無神経でお節介じゃん!こういう人って自己評価「俺は優しくていい人」って思ってるんだろうなー
    でもまぁ二人のキューピッドだからね…結果オーライか…
    攻は今まで自己処理もしたことないって…夢精だけ?戦前の思春期みたいに清廉ねー今どきそんなやついねーよ(とは思いつつ今日見たネットのコラムで『射精年齢が上がってる』って…)
    次のはなしは…なにあの髪型!?どういうデフォルメでああなるのか?部分カツラ?そしてあの脚本家の髪型は桜小路くん(だっけ?ガラスの仮面の)みたい
    絵が古いなーと思ったらけっこう前の作品みたいね

    (アニメイトで購入)

  • めっちゃきゅんきゅん。どっちのカプもいいわあ。

  • あれ?天城れのサン、絵柄が変わってる…?何だかスゴく読みやすい(笑)

    表題作がとっても可愛かった!絵柄もだけど、プライドの高い根暗DT大学生・今野と元ヤンのビッチ・生駒のやり取りがね…堪らなく可愛かったですよー( *´艸`)
    好きだった面倒見の良い先輩に『今野の童貞もらってやってくれ』と頼まれて最初はやさぐれていた生駒。なんて不憫な…と思っていたら、今野からかって憂さ晴らししようとするし。
    生駒、最初は読んでいてあまり心証が良くなかったんだけど、今野との初エッチが意外に良くて彼を引き留めようと「お前なんかまだまだ童貞の皮を被った『仮性童貞』だ!」ってイチャモンつけたとこ爆笑( ≧∀≦) 初めて聞いたよ、仮性童貞! 「まだまだ童貞臭プンプン」とか言いながらほっぺ赤くしてる姿が、だんだん可愛く見えてきた(笑)
    対する今野も、最初はコミュ障っぽくてキモキャラだったけど、素直だし早漏だし、早漏治そうと努力してみたりするし(笑) 生駒と居ることで自信とコミュ力をつけ、あか抜けていく過程が微笑ましくて可愛かった(笑)
    感想、可愛いしか言ってないな(`・∀・´) でも本当に可愛い二人で、描きおろしのラブラブっぷりは目も当てられないくらい可愛い…。このカップルで一冊読みたかったなぁ~残念★

    収録作は4年前の作品で、やっぱり絵柄に癖がある。しかし珍しくエロがなくて衝撃的(笑) れのサンなのに…!
    別にエロなしが不満なわけじゃないけど、こっちはあまり趣味じゃなかったかな。なので、二作トータルで★3つ!

全11件中 1 - 11件を表示

ビッチとぼっち (DARIAコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビッチとぼっち (DARIAコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする