5人の王 1 初回限定版小冊子付き (Dariaコミックス)

  • 168人登録
  • 4.10評価
    • (16)
    • (25)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 絵歩 恵庭
  • フロンティアワークス (2015年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861348266

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

5人の王 1 初回限定版小冊子付き (Dariaコミックス)の感想・レビュー・書評

  • これBLである必要があるのか!!??ってくらい少女漫画。
    BLならもっと主人公の葛藤とか、強さが見たいんだ。

  • 原作の雰囲気そのままにコミカライズ!
    大満足のクオリティです。劣化ゼロでこんなにきれいに描けるなんてすごいですね。挿絵だけでもうっとりしていたのに、こんなに壮大なファンタジーをコミックで読めてうれしいです。
    原作を読んだだけだとどうしても貧困な脳みそではイメージし難かったのが、完璧に絵になって動いてくれてる~

    青の王のビジュアルがたまりません…!ドストライク。
    でも、性格がね~
    冷淡で傲岸不遜な俺様の見本みたいな人です。ほんとは情に厚いのに目下のところ全然そう見えない。
    なのでセージが赤の王に恋心を抱くのは、すごくまっとうな気がしますwギルはやさしくて心がきれいな人なので。
    セージがかわいい!表情が生き生きしていて豊かです。愛されキャラですね。

    ラストのところはやっぱり辛くて泣けますよね…
    ギルの立場を悪くしたくないから、あえてのあの行動です。
    でも、原作を読んでいるとアジュールの秘密も知るところなので、青の王の仕打ちも理解できてしまうのですが。

    まだ原作のここまでなんですね。丁寧なコミカライズは望みどおりで、端折ったり雑になったりせずこのままこつこつとお仕事がんばってほしいです。
    その分、長い時間がかかるのは必至で待つ身としてはじっと我慢のしどころになっちゃいますが。
    ひっそり声援を送りつつ、続きを心待ちにしています!

    初回限定の小冊子「目には見えない青い星」は恵庭センセの書き下ろし小説で32pのボリューム。
    セージとヒソクの星に関する会話から、青の王、赤の王とのエピソードに繋がっていきます。
    それぞれの王の性格が出ていてWで楽しかったです。

  • 小説に萌え転がった勢いで、コミカライズ版にも手を出した。小説の挿絵の方が書かれているため、前編にわたってあの素晴らしい絵が堪能できるのが素晴らしい…!しかも、小説では数枚しか絵がないのでわからなかったけれど、日常風景のセージがむちゃくちゃ可愛らしい!これはもう、青も赤もメロメロになるわ。小説では1巻序盤を除いて完全空気になりさがる赤の王だけど、コミカライズ1巻では出番も多く、思っていた以上の好青年ぶりを見せてます。まあ、2巻め以降はこっちでも空気になるんでしょうけどね。
    小説版の方では、ホント何考えてるのかわからない青の王だけど、コミカライズの方では、クールに振る舞いつつも表情でけっこう語る。覚醒したセージを抱き上げる最終ページの青の王の表情とか、本当にたまらない。どのコマの青もイケメンすぎてヤバイ。青大好きだーー。

    原作でも青に抱き上げられることが多いセージだけど、実際に絵で見ると大人と子供・・・?と思うくらいの体格差。多分青の王が25歳くらいで、セージは12、3歳なんだろうな、と思うのだけど、具体的な身長とかの設定が知りたい。5人の王の並び絵で想像するに、青185cm、セージ150cmくらい?んできっとギルは175cmくらい。って、この作品に関してはホント妄想が止まらない、、、

    巻末を見ると、どうやら1年間の連載で1冊になった模様。ってことは、2巻がでるのは1年後で、完結するまでには何年かかるんだーーー!?お願い、せめて半年に1冊ペースで出してもらえないでしょうか。。

  • コミカライズ、原作既読。あの壮大なファンタジーがどんな感じかと思っていたけど、忠実に描かれているし動いてるセージが一生懸命で可愛いです。傲慢で冷酷な青の王もかっこいい。まだまだ先は長いけど続き楽しみに待ちます。小冊子も良かった。

  • 原作既読なのに先が気になる!
    ていうかこのペースで最終巻はいつになるのw

  • つくづく原作を読んでいるのが惜しい。マンガで初めて物語に触れていたらまた感想も違うのかな。
    原作を先に読んでいる派としては大満足。イラストも綺麗で世界感を表すようにちゃんと緻密に書きこまれているからか、読んでいてワクワクします。小説では挿絵でしか見れなかったキャラクターが動いて喋ってるのがただただ嬉しい。青の王とかシアンとかギルとか…!(もちろんセージも)
    ギルと青の王との三角関係に妹のこと。問題は山積みでまだ物語は始まったばかり。引きもあって次の巻も楽しみ。新しい物語を読むような気持ちで読んでいきたい。

  • 原作は時系列が未来や過去に突然飛んだりしていたので、しょっちゅう混乱していたものですが、こちらはまだそんな事がなく読みやすかったです。本編イラストでの絵柄もそのまま、コミック化しても乱れず美しいままで満足です。青の王、この頃はヒソクに対して厳しいというより冷酷といった感じ。続巻もサクサクと出しとくれ~。

  • 評価が良かったので小冊子付きを購入。
    小説の方は未読ですが、先が気になりますね。赤の王優しくてセージ(主役・受け)の事好きだけど、青の王のものだから応えるわけにもいかず、妹の事も気になる。
    でもちょっと気になったのが、同じ宮殿に王が4人も一緒に住んでる設定って…違和感ありまくりだけど、そうしないと話が進まないってのはわかるけどさ。現実的じゃないよね。普通は統治している場所にいるもんじゃない?王って。何だか細かいこと考えだしたらきりがないけど、この先の展開は気になりますね。
    チョイエロってとこですか。ヤる事はヤッてるけど表現はライトですね。

全8件中 1 - 8件を表示

5人の王 1 初回限定版小冊子付き (Dariaコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

5人の王 1 初回限定版小冊子付き (Dariaコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

5人の王 1 初回限定版小冊子付き (Dariaコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする