5人の王 外伝 I (Daria Series)

  • 38人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 恵庭
制作 : 絵歩 
  • フロンティアワークス (2015年11月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861348365

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
榎田 尤利
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

5人の王 外伝 I (Daria Series)の感想・レビュー・書評

  • 読む前から「1巻は辛抱、2巻はご馳走があるよ」って聞いて、覚悟して読みました。
    帯のあらすじ「ウィロウが4人の女と婚約」
    「売り言葉と買い言葉でウィロウがシアンに求婚・結婚」
    に頭の中が?でいっぱいになりつつ。

    う~ん、かなり後半まで、ま~ったくラブがない。。。


    本編終了後のシアンの様子から始まって、
    一気に過去編へ飛んで、若きアージェント様を
    たっぷり堪能できたのは良かったです。
    しかし長いね・・・過去編長いね・・・
    結婚生活どうなったんだ、ともどかしく。

    頭の出来は特上だけど情緒の発達はダメダメなシアン。
    途中まで堅物過ぎてこのまま童貞なのかと思ったけど、
    途中で歪んじゃったな~。可哀想に。

    堅物だけど話せばわかるシアン様、だと思ってたのに
    現在地点の話に戻ってきてからの天然ぶりに困惑。
    本編と全く性格違うぞ~!!(と言うか見えてなかったの?)

    しかしこの世界では結婚って制度はどういうものなんだろう。
    とりあえず重婚可・同性婚も可で相当自由そうである。

    結婚生活っていうけどこれは生活じゃない。
    とりあえず1巻の時点では。

    でもウィロウの気持ちはよく分かる。
    尊敬=発情とはなりにくいと思う。
    シアンの下ネタが酷過ぎて私も悲しい。
    男に襲われて泣いてたシアン様はどこに行ったんだ。

    結婚しても全然色気のある展開にならなかったけど
    ようやくちょっと色恋的な展開に…?
    と言うところで2巻へ続く。

  • 待ってましたなシアンとウィロウのスピンオフですが、何だかもうこいつら上手くいくの……?
    という心配が。
    一筋縄ではいかなそうだとは思ってましたが、シアンの人格破綻っぷりはアージェントの上を行きますね。それに振り回されるウィロウが気の毒ではありますが、ウィロウだからこそ、変にシリアスに偏らずに明るいコメディとして楽しめたのかも知れません。

    前半はシアンの過去で、ジェントへの淡い特別な思いを秘めていましたネタ。
    その気持ちを裏切られたことによって、厄介な拗らせ方をしたシアン。
    そんなシアンを後半で夫婦となったウィロウが生ぬるい感じで絡むという展開なのですが、もう全然BがLしてないんですけど!!
    本編カップルもそうだったけど、何またこの展開!? というくらい恋愛色ありません。
    シアンにつきまとう変態と、振られたのに気位が高い故にそれを認められない女に囲まれ、板挟みになってる可哀想なウィロウ……という感じの話です。
    桃色展開は次回へ期待ということですが、なにやらシアンの行動がきな臭い感じに……。

    そして今回は三人称で文章が書かれていますが、相変わらず読みにくいです。
    一人称の時も大概でしたが、三人称になっても視点を固定しないために、前回よりも更に誰が何をどう動いて喋ってるのかがつかめません。
    なので、読み終わるのに一週間以上掛かってしまいました……商業発表作で、ここまで読みにくい文章は、某中国茶小説以来ですが、何とか投げずに読み終えられたのは、やっぱり内容が面白いからという点に尽きます。
    でもお願いしますから、もう少し小説の書き方を指導して貰って下さい……素晴らしい作品なのに、文章で挫折する人が出そうです。

  • 前作のシリアスふっとばす、コメディ。面白い。

  • 本編で主人公カプに続いて人気だったシアンとウィロウの話。Ⅰはシアンメイン。シアンの過去とウィロウとの現在を少し。シアンの、青の王との過去がヘビー過ぎる…!いっそ記憶が失われたままの方が良かったんじゃ?と思うくらい、特別な存在になりたかったシアンが可哀想すぎた。まあ、そんな(ひどい)青の王も好きですけどね…!でもシアンの立場にはなりたくない!(笑)恋愛の介入しない人間関係でも、想いが強い方が負けというのは切ないものです。
    恋愛的な意味で特別になりたかったわけじゃないシアンのその後が、ウィロウとの恋愛というのが皮肉な感じ。まだどちらも完全な恋愛感情でないが、ウィロウはシアンに振り回されかけていて、早くも負け確定の予感。

  • シリアスな話だったのにウィロウが絡んでくるとコメディにしか思えないww。…と、思いっきり笑いぃの和みぃのしてたところに、何だ!これは!パーピュア王とシアンの遣り取りは!まさかシアンが~~~!これ、外伝じゃなく続編でいいんじゃない?

全5件中 1 - 5件を表示

5人の王 外伝 I (Daria Series)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

5人の王 外伝 I (Daria Series)の作品紹介

青の宰相であるシアンは、水道長官のウィロウが四人の女と婚約したことを知らなかった。しかし、ウィロウの婚約祝いの場に居合わせてしまったシアンは、売り言葉に買い言葉でなぜかウィロウに求婚され、受けてしまう。"青の学士"に憧れているウィロウと、恋愛を知らないシアンの結婚生活が始まる。才能を持つ者への嫉妬、戦場での裏切り、青の王との記憶。シアンの知られざる過去が明らかになる-。本編「5人の王」で人気の高い、シアンとウィロウのその後の物語。

ツイートする