羽生善治の終盤術〈3〉堅さをくずす本 (最強将棋21)

  • 32人登録
  • 4.20評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 羽生善治
  • 浅川書房 (2006年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (104ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861370137

羽生善治の終盤術〈3〉堅さをくずす本 (最強将棋21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 囲い崩しは案外忘れているもの。有段者でも復習にぴったりだ。

  •  基礎手筋の応用例を解説する。

    【誤植】
     p.120、3行目
    ×「問題図で……△同銀▲71金は詰めろに」
    ○「問題図で……△同銀▲71成桂は詰めろに」
     p.126、下から4行目。
    ×「解答図で……▲25桂△同歩▲24銀△同歩▲32馬」
    ○「解答図で……▲25桂△同歩▲24銀△同玉▲32馬」


    【簡易目次】
    第1章 美濃くずしと実戦
    基本手筋の確認/基本的な例/美濃くずし/タテへの応用/攻め駒は十分/詰めろを読む/返し技を読む/駒の働きに差をつける/より厳しく、より周到に/明快な寄せ/攻防の間合い/しのぎと入玉の阻止

    第2章 穴熊くずしと実戦
    基本手筋の確認/最初の練習/穴熊くずしの基本/と金のスピード/危険な攻防手/手勝ちを読みきる/斜めの構図/ラインの寄せ/逃がさない攻め/手がかりがない場合

    第3章 矢倉くずしと実戦
    基本手筋の確認/急所の形/拠点を生かす/端攻めの基本/攻めるべき駒/基本の筋と攻防のバランス/玉頭攻めの基本/矢倉の攻め方/応用問題/駒を前に/攻防の考え方/攻めは流れに乗って

  • 終盤のコツをつかむための本

  • 難易度は簡単なものから難しいものまで様々です。羽生先生にかかると一気に囲いが崩壊しますね^^;ちょっとしたコツがわかる、そしてちょっとだけ羽生先生になれるといった本ではないでしょうか。

全4件中 1 - 4件を表示

羽生善治の終盤術〈3〉堅さをくずす本 (最強将棋21)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

羽生善治の終盤術〈3〉堅さをくずす本 (最強将棋21)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

羽生善治の終盤術〈3〉堅さをくずす本 (最強将棋21)はこんな本です

ツイートする