誰でもできるTwitter Botの作り方―人気キャラにつぶやかせる

  • 43人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 1レビュー
制作 : 鏑家経済研究所 
  • イーグルパブリシング (2010年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861461880

誰でもできるTwitter Botの作り方―人気キャラにつぶやかせるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2011 3/30読了。有隣堂で購入。
    アキバBlogの記事(http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51058089.html)で見て、Rubyで例が出されているとのことなので興味を持っていた本。
    が、この本の面白さは実際にRubyでTwitterボットを作るところには、全然ない。
    その方面を期待しているなら税抜1,900円は高すぎる(その方面を期待していなくてもどうかと思わないでもないが)。
    この本は「はじめに」で宣言されている通り、プログラミングの入門書ではなく、「プログラミングのための、情報リテラシーの入門書」(p.3)であり。
    同じくはじめにの冒頭で宣言しているとおり、「この本を読んでも、プログラミングに関する知識は身につきません」(p.3)。
    本当、まったく、身につきません。
    ループの説明がリファレンスにしかなかったりするような本です。

    なので、仕事としてプログラミングをするような人(そんな人がこんな本を読むか?)が買う必要は全くないんじゃないかと思う。ネタ以外。
    仕事にするほどの専門性はいらないけど、何かやりたいことがあるときにプログラムで解決できるといいかもね、くらいの興味はある人、あるいは興味も本当はないんだけど自動化したい作業がある人が、「自分のやりたいことを、具体的な言葉で表現」(p.3)できれば、あとは検索するなり人に聞くなりして結果を組み合わせてプログラム書いてやっちゃうんでもいいんだよー、と後押ししてくれる本。
    とはいえこの本だけで本当に全くの初心者がTwitter Botを作れるかはわからないけど。
    『たのしいRuby』の冒頭半分くらいを読んでやってみた、くらいの人ならできるんじゃないかと思う。

    あとは実は本題とそんなに関係のない、1-2章のTwitterと他のメディア(チャット、ブログ、掲示板・・・特に2ちゃんねる、SNS)に関する、説明の体をとった批評が面白い。
    Twitterボットの本のはずなのにTwitterについてかなり突き放した記述しているし(詳細は引用参照)。
    あと、Twitterボットが受けるかどうかはプログラミングの問題ではなくどんな台詞を言わせるかとかどういうつぶやきに反応するか、とかのセンスの問題である、センスがなければ腕を磨いても仕方がない、的な記述もあっさりしていて良い。

    とまあ、全般にタイトル通りの内容を期待していると肩透かしをくらうかもしれないけど、少し読んでみてから買えば納得の本。
    Twitter Botの作り方というよりは、「誰でもTwitter Botくらいは作ってもいいんだよ、必要な内容だけググればいいよ、まあ基本のところはは書いておくよ」とでも言ったところ。

全1件中 1 - 1件を表示

誰でもできるTwitter Botの作り方―人気キャラにつぶやかせるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

誰でもできるTwitter Botの作り方―人気キャラにつぶやかせるを本棚に「積読」で登録しているひと

誰でもできるTwitter Botの作り方―人気キャラにつぶやかせるの作品紹介

日本初、OAuth認証対応Bot作成マニュアル。タイムラインに生きる自分だけの一次元彼女を作る。Ruby 1.8.7+twitter_oauthライブラリの使い方/OAuth認証によるTwitterへのログイン/Windowsタスクスケジューラの設定など、すぐに使える基本技を紹介。プログラミングの知識がなくてもOK、テンプレで作る最強のBot作成マニュアル。

誰でもできるTwitter Botの作り方―人気キャラにつぶやかせるはこんな本です

ツイートする