Son of a BIT

  • 13人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 内原恭彦
  • 青幻舎 (2007年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861521294

Son of a BITの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 僕の物事を観察する目は、この人のそれに負っている(つもり)。

  •  吐き捨てる様なウェブとは正反対に、見る事を余儀なくさせるというのはやはり金を払って買ったという事が要因なのかもしれない。しかし、それを抜きにしても序盤の一群は見入ってしまう。溢れる情報は掴み所が無く都市の普遍性という一言では語り尽くせぬ何かがある。が、私にはその何かがいまいち解らないのが現状だ。
     終盤に従ってそのものに対しての執着心の様なものが強固になる下りも今後の変化を臭わせるあたりがそこはかとなく恐ろしさを感じさせる。
     そして、やっぱりインクの匂いが凄かった。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする